Joe Passジョー パスのアルバムSummer Nights(1990年発売)からI Got Rhythmをタブ譜付きギタースコアにしました。

弾くフレーズのどれもがジャズギターの常套句。メロディの活かし方からモチーフの展開、クロマチックの使い方までさまざまなことが学べます。

テーマ演奏はなく10コーラス全てアドリブ。ぜひ音源を聴きながら楽譜を追ってみてください。取り入れたいフレーズがきっと見つかるはずです。

アドリブパート

2コーラス目

3コーラス目

4コーラス目

5コーラス目

6コーラス目

7コーラス目

8コーラス目

[E1]の8小節目はジョーパスの演奏に合わせて4分の2拍子を入れています。音源では2拍ずつずれますが、コードネームもジョーパスの演奏に合わせて記譜しています。

音源に合わせた楽譜

ジョーパスが[E1]8小節目3拍目でD音(BbMa7の3度)を弾いた瞬間、ベーシストが「2拍早めたかも」と気づき、ベースラインをペダルに変更しています。

その後、ジョーパスの演奏が2拍早いことを確信して、[H]の5小節目で2拍早めています。Jim Hughartジム ヒューアートの反応の速さと超絶な耳、すごすぎます。

9コーラス目

10コーラス目

アルバム「Summer Nights」

トリオ編成に終始バッキングに徹するJohn Pisanoジョン ピサノが加わったギタリストに嬉しいアルバム。どの曲もジョー・パスが繰り出すジャズ王道フレーズ満載です。

『Summer Nights』
発売日:1990年
Joe Pass – guitar
John Pisano – guitar
Jim Hughart – bass
Colin Bailey – drums