Mike Morenoマイク モレノのトリオアルバム「Three For Three」からPerhapsをタブ譜付きギタースコアにしました。

パワーコードのキメを使ったメロディのアレンジ法、マイナーペンタトニックスケールを使った歌わせ方、II-V-Iリック、コンピングなどトリオ演奏に必要なアイデアが学べます。

音源を聴きながら楽譜を追ってみてください。

Perhapsはチャーリー・パーカー作曲のブルース(キー=C)です。

メロディ

2コーラス分はパワーコードと4度音程を使ったキメあり。3コーラスめは通常のバックの上でメロディを弾くアレンジになっています。
Mike MorenoのPerhapsメロディ1コーラス目楽譜
Mike MorenoのPerhapsメロディ1コーラス目楽譜
Mike MorenoのPerhapsメロディ1コーラス目楽譜

スポンサーリンク

アドリブ

Cマイナーペンタトニックスケールを主体にしたシンプルなアドリブから入っています。
Mike MorenoのPerhapsアドリブ1コーラス目楽譜

2コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ4コーラス目楽譜

3コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ3コーラス目楽譜

4コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ4コーラス目楽譜

5コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ5コーラス目楽譜

6コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ6コーラス目楽譜

7コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ7コーラス目楽譜

8コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ8コーラス目楽譜

9コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ9コーラス目楽譜

10コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ10コーラス目楽譜

11コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ11コーラス目楽譜

12コラース目

Mike MorenoのPerhapsアドリブ12コーラス目楽譜

スポンサーリンク

ベースソロのコンピング

Mike MorenoのPerhapsコンピング1コーラス目楽譜

2コラース目

Mike MorenoのPerhapsコンピング2コーラス目楽譜

3コラース目

Mike MorenoのPerhapsコンピング3コーラス目楽譜

4コラース目

Mike MorenoのPerhapsコンピング4コーラス目楽譜

5コラース目

Mike MorenoのPerhapsコンピング5コーラス目楽譜

6コラース目

Mike MorenoのPerhapsコンピング6コーラス目楽譜

1コーラストレード

ベースソロの後はドラムとの1コーラストレードがはじまります。
Mike MorenoのPerhapsドラムとの1コラーストレード1コラース目楽譜
Mike MorenoのPerhapsドラムとの1コラーストレード2コラース目楽譜
Mike MorenoのPerhapsドラムとの1コラーストレード3コラース目楽譜
Mike MorenoのPerhapsドラムとの1コラーストレード4コラース目楽譜
Mike MorenoのPerhapsドラムとの1コラーストレード5コラース目楽譜
Mike MorenoのPerhapsドラムとの1コラーストレード6コラース目楽譜

ドラムソロ

最後は完全なドラムソロになります。小節数を数える練習に最適です。
Mike MorenoのPerhapsドラムソロ楽譜

後テーマメロディ

Mike MorenoのPerhaps後メロディ1コーラス目楽譜
Mike MorenoのPerhaps後メロディ2コーラス目楽譜

Perhapsのコード進行分析

シンプルなCキーのブルースです。
Mike MorenoのPerhapsコード進行

コード進行ローマ数字表記
Mike MorenoのPerhapsコード進行ローマ数字

使えるスケールは以下の通り

  • 1〜3小節めのC:Cメジャー
  • 4小節めのC7:Cオルタード系
  • 5〜6小節めのF7:Fミクソリディアン
  • 7小節めのC7:Cミクソリディアン
  • 8小節めのA7:Aオルタード
  • 9小節めのD-7:Dドリアン
  • 10小節めのG7:Gオルタード系

オルタード系は、オルタードスケール、コンディミなどオルタードテンションを含んだスケールの総称です。

上記以外に、Cマイナーペンタトニックスケールはどこでも使うことができます。

アルバム「Three For Three」

Mike Morenoのセンスが詰まったアルバム。さまざまな作曲家のカバー曲で構成されているのが特徴です。

1、2曲めのレコーディングの様子は本人のYouTubeチャンネルで公開されています。

  1. The Big Push (Wayne Shorter) 6:54
  2. For Those Who Do (Marcus Miller) 6:27
  3. You Must Believe In Spring (Michel Legrand) 7:10
  4. Clube Da Esquina No. 1 (Lo Borges) 5:37
  5. April In Paris (Vernon Duke) 9:24
  6. A Time For Love (Johnny Mandel) 8:15
  7. Perhaps (Charlie Parker) 6:35
  8. Glass Eyes (Radiohead) 5:19
『Three For Three』

2016年9月録音
Mike Moreno (G)
Doug Weiss (B)
Kendrick Scott (D)
スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード
この記事も読まれています