ジャズでもっとも特徴的なのがリズムです。

スウィングと呼ばれるこのリズムは、アーティストによっても捉え方が異なり正解はありません。

自分にとってかっこいいと思えるスウィング感を見つけるためにも、スウィングの考え方と練習法を知っておくのが効率的です。

ここではこのサイトが考えるスウィングについて紹介していきます。

8分の6拍子で捉えよう

現在のジャズの原型とされるビバップは、西洋音楽とアフリカのリズムを合わせて出来たものとされています。

そのためビバップのリズムは4分の4拍子ではなく、8分の6拍子が基本のリズムになります。

譜例1 本来の記譜法
8分の6拍子での表記

譜例2 従来の記譜法
4分の4拍子での表記

従来の記譜法は、本来の記譜法を読みやすくしたものです。

シャッフル記号がつくので、ビバップのリズムもシャッフルと思いがちですが、あくまで8分の6拍子を読みやすくするために4分の4拍子で記譜していると捉えておくのがおすすめです。

演奏中はシャッフルの「タータ・タータ・タータ・タータ」ではなく、8分の6拍子の「タタタ・タタタ・タタタ・タタタ」と感じながら演奏することが大切です。

このジャズ特有のリズムのことをスウィングと呼んでいます。

タイムフィールについて

タイムフィールは大きく分けて、ジャストのノリ、前ノリ、後ろノリの3種類があります。

演奏者はそれぞれを自由に組み合わせて自分なりのフィールを出しています。

現在のジャズでは8分の6拍子ではなく、あえて4分の4拍子のストレートのリズムを使うこともあります。

4分の4拍子の1拍を円に例えたときの8分音符の長さ

ストレート
ストレート
ビバップ
ビバップ
自由なリズム
自由なリズム

カッコよく聞こえる音符の長さは人それぞれ違うので、まずはどの位置まで伸ばすとカッコよく感じるか、自分の演奏を録音して探してみてください。

その際はプレイアロングを使い、ドラムとベースが出すリズムに対してどんなタイミングになっているかを研究することも大切です。

以下それぞれの長さとフィールの例です。

ストレート

自由なリズム

前ノリ

後ろノリ

自分の求めているフィールを見つけられたら、それが出せるように練習していきましょう。

スポンサーリンク

メトロノームでの練習

ジャズのリズムを身につける練習法は、生演奏のマイナスワンやCDと一緒に演奏するのがおすすめです。

またメトロノームを使って正確に弾けるようにする練習も効果的です。

ジャズは2・4拍を意識して演奏されるので、ここではメトロノームを2拍4拍に鳴らしながら練習してみましょう。

その際、足は1、3拍で踏み、体で2、4拍目を感じるようにます。

練習例

メトロノームを使った練習

メトロノームで練習するときも録音して聴き返し、どこでリズムがずれたのかを確認して修正することが大切です。

はじめはメトロノームを2、4拍で捉えるのが大変かもしれませんが、練習していくうちに慣れてくるのであきらめず続けてみてください。

1、3拍は足、2、4拍は体全体で感じるようなイメージで演奏できるのが理想です。

ワンポイント
ある程度メトロノームと一緒に演奏できてくると、メトロノームに頼った演奏になりがちです。
メトロノームはあくまでガイドと考え、自分が弾いているテンポにメトロノームが合わせてきた、という感覚を持ちながら練習してみてください。

メロディーから学ぶ

ジャズのリズムを学ぶには、ビバップのメロディーをコピーするのが効率的です。

チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピー、バド・パウエルらが演奏したメロディーには、音使いも含めジャズの基礎が全て詰まっています。

まずは弾いてみたいと思う曲を探して、CDと一緒に弾いてみてください。

 

慣れてきたらメトロノームやマイナスワンに合わせて録音し、理想とするリズムが出せているか確認します。

出せていないときは、何が問題なのかを調べることも大切です。

練習量なのか、ポジションの選び方なのか、ピッキングの仕方なのか、アンプの音選びなのか、などなど原因になりえることはさまざまあります。

問題を1つずつ解消して、理想のリズムになるように研究してみてください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事