アドリブの基礎知識

アドリブの成り立ちからジャズらしい音使いの仕組み、そしてスウィングについて紹介しています。

目指すギタリストを見つけるために

ワンコードでのアドリブ

アドリブに慣れるための練習に効果的なのが1つのコード(ワンコード)です。

ワンコード上でのアドリブはコード進行やスケールの使い分けを意識せずにすむので、アドリブの基礎を身につけるのにも最適な練習法です。

アドリブの基礎を身につけるには6つのステップがあります。

  1. コードの響きを覚える
  2. ジャズリックを弾く
  3. ジャズリックをアレンジする
  4. スケールの響きを覚える
  5. スケールとリックを組み合わせる
  6. アドリブする

これら6つのステップを使った練習法を各コード上で紹介していきます。

251でのアドリブ

1コードでのアドリブに慣れたらコード進行を使ったアドリブです。ここではジャズスタンダードで必ずと言っていいほど出てくるII-V-Iツーファイブワン進行を例にアドリブ練習法紹介します。

ジャズギタースタイルマスターがおすすめするII-V-Iのアドリブ練習ステップは次の5つです。

  1. コード進行の響きを覚える
  2. コードトーンを覚える
  3. リックを覚える
  4. リズムを加える
  5. アドリブする

この流れを意識しながら取り組んでみてください。

ジャムセッションに必須

ジャムセッションやギタリストとのデュオなどで必ずといっていいほど演奏する、ブルースとリズムチェンジでのアドリブ練習法です。

ジャズブルースでのアドリブ

マイナーブルースでのアドリブ

リズムチェンジでのアドリブ

ジャズスタンダードを使ったアドリブ

ジャズギタースタイルマスターで紹介している練習法を使うと、どんな演奏ができるようになるのかジャズスタンダードを例に紹介しています。

アドリブの幅を広げるちょっとしたテクニック

アドリブを練習していく上で知っておくと表現の幅が広がる情報です。

アドリブの記事一覧
ポール・ジャクソン・ジュニアから学ぶギターの基礎テクニック
Josh Smith(ジョシュ・スミス)流ブルースにジャズを取り入れる方法
Tim Miller(ティム・ミラー)の2-1-2-1アルペジオで弾くジャズブルース
Tim Miller Creative Arpeggio Design
One Note Sambaのコード進行を使ったコードトーン練習
キー=Fのジャズブルースでジャズらしくアドリブするための練習法