Lazy Birdはジョン・コルトレーン作曲のジャズスタンダード。1958年発売のアルバム『Blue Train』に収録されています。

ここではイントロも含めたリードシートを紹介します。

YouTubeでのLazy Bird検索リンク
https://www.youtube.com/results?search_query=Lazy+Bird

Lazy Birdリードシート

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのリードシートページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのリードシートページ2楽譜

Lazy Birdのサイズ

リードシートは曲のサイズ、メロディ、コードネーム(ベースとピアノのコピー)の順番で作っていきます。まずは曲を聴いて全体像を軽くスケッチしましょう。
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのサイズ楽譜

  • イントロ8小節
  • 前テーマ A-A-B-A 計32小節
  • ソロセクション テーマ32小節で1コーラス (トランペット、トロンボーン各2コーラス。テナーサックス3コーラス。ピアノ2コーラス。ベース1コーラス。ドラム1コーラス)
  • 後テーマ A-A-B-A'(Ending)
スポンサーリンク

メロディをコピーする

ハモリと後テーマ、エンディングもコピーしていきます。

前テーマ・メロディ

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdの前テーマメロディぺージ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdの前テーマメロディぺージ2楽譜

後テーマ・メロディ

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdの後テーマメロディぺージ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdの後テーマメロディぺージ2楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdの後テーマメロディぺージ3楽譜

 

ベースラインをコピーする

ベースは必ずしもコードのルートを弾いているわけではありませんが、ルートを弾いていると仮定してコードネームを振っておきます。

イントロのベースは休みなので、ピアノの低音をベースラインとして記譜しています。

イントロ・前テーマ・ベースライン

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのベースライン最初のテーマページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのベースライン最初のテーマページ2楽譜

テーマ終わりのベースラインがGコードを想定しているのでキーGと判断できます。

後テーマ・ベースライン

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのベースライン最初のテーマページ3楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのベースライン後テーマ・メロディページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのベースライン後テーマ・メロディページ2楽譜

ガイドなので1拍目のみにコードネーム を書いていますが、3拍目に何を弾いているかも確認しておくとピアノコンピングのコピーに役立ちます。

ピアノのコンピングをコピーする

ピアノのヴォイシングはギターでは弾きづらいことが多いので、完コピではなくアレンジしていきます。

コードネームはコピーしておいたベースラインと照らし合わせてながら書いていきましょう。

イントロ・前テーマ・ピアノコンピング

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのピアノコンピング前テーマ・メロディページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのピアノコンピング前テーマ・メロディページ2楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのピアノコンピング前テーマ・メロディページ2楽譜

 

イントロは音が完全に聴こえているところのみを記譜していますが、実際には全て16分3連を想定しています(別テイクのイントロで確認できます)。

リードシートには想定している音を記譜しています。

後テーマ・ピアノコンピング

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのピアノコンピング後テーマ・メロディページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのピアノコンピング後テーマ・メロディページ2楽譜
ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのピアノコンピング後テーマ・メロディページ2楽譜

 

最後の小節はBオーギュメントトライアドのアルペジオになっています。

メロディーとコードネーム

最初にコピーしたメロディにイントロとコードネームをつけましょう。

イントロ・前テーマ・メロディとコードネーム

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのメロディーとコードネーム楽譜

後テーマ・メロディ、エンディングとコードネーム

ジョン・コルトレーン作曲Lazy Birdのメロディーとコードネーム楽譜

最初の[A]はリピート記号が使えるのでリピート表記にするのがおすすめです。

後テーマ・メロディはフェイクされている箇所がありますが、リードシートを2ページに納めるためダルセーニョ表記にします。

ソロセクション用のコード進行を加えればリードシートの完成です。

 

今回のバージョンはAmazonプライム会員なら無料で聴けるので、リードシートを見ながら聴いてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事