Dewey Squareはチャーリー・パーカー作曲のビバップです。

A-A-B-Aフォーム32小節の楽曲でBはテーマからアドリブになります。

ここではピーター・バーンスタインとピアニストのミカエル・カナンのデュオでのメロディとアドリブ、コンピングをタブ譜付きギタースコアにしました。

 

イントロ、前テーマ・メロディ

イントロはピアノのみでギターはお休みです。
ピーターバーンスタインのDewey Square前テーマ・メロディ楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Square前テーマ・メロディ楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Square前テーマ・メロディ楽譜ページ3

イントロ、前テーマ・メロディの特徴
最初のAと最後のAでオクターブを変えてメロディに抑揚をつけています。
また最初のAでは出だしをスライド。2回目のAではハンマリングを使って装飾法を絶妙に使い分けています。

アドリブ・1コーラス目

ピーターバーンスタインのDewey Squareアドリブ・1コーラス目楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Squareアドリブ・1コーラス目楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Squareアドリブ・1コーラス目楽譜ページ3

アドリブ・1コーラス目の特徴
3連符や16分音符を組み合わせたリズムのバリエーションが豊富です。
また小指をあまり使わず、指板上を横移動するフレーズが多いのも特徴です。
スポンサーリンク

アドリブ・2コーラス目

ピーターバーンスタインのDewey Squareアドリブ・2コーラス目楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Squareアドリブ・2コーラス目楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Squareアドリブ・2コーラス目楽譜ページ3
ピーターバーンスタインのDewey Squareアドリブ・2コーラス目楽譜ページ4

アドリブ・2コーラス目の特徴
[G]、[I]はオクターブ奏法とコードソロ中心です。コードソロでは半音アプローチや裏コードが多く使われています。
親指のピッキングのみで弾いているのも特徴です。

コンピング・1コーラス目

ピーターバーンスタインのDewey Squareコンピング・1コーラス目楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Squareコンピング・1コーラス目楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Squareコンピング・1コーラス目楽譜ページ3
ピーターバーンスタインのDewey Squareコンピング・1コーラス目楽譜ページ4

コンピング・1コーラス目の特徴
ドロップ3ヴォイシングに裏拍を多く使ったリズムを組み合わせたコンピングです。
低音弦を中心に弾いているのも特徴です。

コンピング・2コーラス目

ピーターバーンスタインのDewey Squareコンピング・2コーラス目楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Squareコンピング・2コーラス目楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Squareコンピング・2コーラス目楽譜ページ3

コンピング・2コーラス目の特徴
1コーラス目同様ドロップ3ヴォイシングにリズミックなアプローチを加えたコンピングです。
半音アプローチや裏コードもふんだんに使われています。

4バース・1コーラス目

ピーターバーンスタインのDewey Square4バース・1コーラス目楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Square4バース・1コーラス目楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Square4バース・1コーラス目楽譜ページ3
ピーターバーンスタインのDewey Square4バース・1コーラス目楽譜ページ4

4バース・1コーラス目の特徴
メロディアスなアプローチにはメロディアスに、リズミックなアプローチにはリズミックで返すお手本のような4バースです。

4バース・2コーラス目

ピーターバーンスタインのDewey Square4バース・2コーラス目楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Square4バース・2コーラス目楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Square4バース・2コーラス目楽譜ページ3

4バース・2コーラス目の特徴
2コーラス目は同時アドリブセクションになっています。
ピアニストのミカエル・カナンが左手のコンピングを弾かず、右手の単音のみの演奏にしているのが特徴です。
そのためピーター・バーンスタインが自由にコードソロを組み入れています。

後テーマ・メロディ

イントロはピアノのみでギターはお休みです。
ピーターバーンスタインのDewey Square後テーマ・メロディ楽譜ページ1
ピーターバーンスタインのDewey Square後テーマ・メロディ楽譜ページ2
ピーターバーンスタインのDewey Square後テーマ・メロディ楽譜ページ3

後テーマ・メロディの特徴
メロディの合間コードが加わっていますが、歌わせ方は前テーマと同じです。
[W]は同時ソロになっています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事