Pat Martino(パット・マルティーノ)のアルバム「Consciousness」の1曲目に収録されているImpressionsのタブ譜付きギタースコアです。

BPM=290での怒涛の8分音符フレーズは圧巻。ドリアンスケールのフレーズがたくさん学べます。

ImpressionsのYouTube検索リンク
https://www.youtube.com/results?search_query=pat+martino+Impressions

イントロ、前テーマ・メロディ

パット・マルティーノimpressionsの前テーマ・メロディ楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsの前テーマ・メロディ楽譜ページ2

イントロ、前テーマ・メロディの特徴
イントロはAm7-Am6(9,11)-AmとAm7-Am6(9,11)-E7(#9)/Aのコードフォームを使ったリフ。
Bbm7のメロディはAm7のメロディを半音上げたシンプルなアレンジになっています。

アドリブ・1コーラス目

パット・マルティーノimpressionsのアドリブ1コーラス目楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsのアドリブ1コーラス目楽譜ページ2

アドリブ・1コーラス目の特徴
アドリブの入りは8小節間は4分音符のモチーフを使った展開。後半から8分音符のフレーズが始まります。
スポンサーリンク

アドリブ・2コーラス目

パット・マルティーノimpressionsのアドリブ2コーラス目楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsのアドリブ2コーラス目楽譜ページ2
パット・マルティーノimpressionsのアドリブ2コーラス目楽譜ページ3

アドリブ・2コーラス目の特徴
[G]2小節目はCm7を想定したフレージング。
元のマイナーコードに対して短3度上のマイナーコードを想定するのはアウトさせる王道の手法です。

アドリブ・3コーラス目

パット・マルティーノimpressionsのアドリブ3コーラス目楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsのアドリブ3コーラス目楽譜ページ1

アドリブ・3コーラス目の特徴
[J]6小節目からは3拍の音型を繰り返すポリリズムアプローチ。
[K]の1小節目の2拍目からは1拍半のリズミックアプローチ。

アドリブ・4コーラス目

パット・マルティーノimpressionsのアドリブ4コーラス目楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsのアドリブ4コーラス目楽譜ページ2
パット・マルティーノimpressionsのアドリブ4コーラス目楽譜ページ1

アドリブ・4コーラス目の特徴
[M]の入りは2拍遅らせた(1弦11フレットのミbが1[M]の1拍目になる)方が自然に聞こえるので、楽譜にする際にもっとも悩んだ箇所です。
今回は拍をずらさずそのまま楽譜にしているので、後に続くコンピングの休符部分で帳尻を合わせています。

ピアノソロでのコンピング

パット・マルティーノimpressionsのピアノソロでのコンピング楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsのピアノソロでのコンピング楽譜ページ2
パット・マルティーノimpressionsのピアノソロでのコンピング楽譜ページ3
パット・マルティーノimpressionsのピアノソロでのコンピング楽譜ページ4

ピアノソロでのコンピングの特徴
イントロでも使ったコードフォームと、ドロップ2、ドロップ3のギター王道のコードフォームを使っています。
スライドを使って半音アプローチしている箇所も特徴です。

ドラムとの8バース

パット・マルティーノimpressionsのドラムとの8バース楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsのドラムとの8バース楽譜ページ2
パット・マルティーノimpressionsのドラムとの8バース楽譜ページ3

ドラムとの8バースでの特徴
ここでも怒涛の8分フレーズが特徴です。

後テーマ・メロディ、エンディング

パット・マルティーノimpressionsの後テーマ・メロディ楽譜ページ1
パット・マルティーノimpressionsの後テーマ・メロディ楽譜ページ2

後テーマ・メロディ、エンディング
後テーマは前テーマと同じメロディになっています。
エンディングはイントロのリフを使い、Aマイナーペンタトニックのフレーズで締めています。

Amazonプライム会員ならアルバム「Cream」の4曲目で聴くことができるので、楽譜と合わせながら聴いてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事