26-2は1960年録音。1970年に発売されたアルバム『The Coltrane Legacy』に収録されています。

1999年にはアルバム『Coltrane's Sound』にボーナストラックとして追加されました。

26-2には正式な曲名が無かったため、レコーディングエンジニアが”26日に録音した2曲目”という意味で書いた”26-2”がそのまま曲名になっています。

チャーリー・パーカー作曲の「Confirmation」を元にしているのが特徴です。

YouTubeでの26-2検索リンク
https://www.youtube.com/results?search_query=26-2

26-2リードシート

ジョン・コルトレーン作曲26-2のリードシートページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2のリードシートページ2楽譜

26-2のサイズ

リードシートは曲のサイズ、メロディ、コードネーム(ベースとピアノのコピー)の順番で作っていきます。

まずは曲を聴いて全体像を軽くスケッチしましょう。
ジョン・コルトレーン作曲26-2のサイズ楽譜

  • 前テーマ A-A-B-A 計32小節
  • ソロセクション テーマ32小節で1コーラス (サックス4コーラス。ピアノ3コーラス)
  • 後テーマ A-A-B-A(Ending)
スポンサーリンク

メロディをコピーする

前テーマ、後テーマ、エンディングをコピーしていきます。

前テーマ・メロディ

ジョン・コルトレーン作曲26-2の前テーマメロディぺージ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2の前テーマメロディぺージ2楽譜

後テーマ・メロディ

ジョン・コルトレーン作曲26-2の後テーマメロディぺージ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2の後テーマメロディぺージ2楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2の後テーマメロディぺージ3楽譜

後テーマは前テーマのオクターブ上で吹かれていますが、ギターで弾きやすように前テーマと同じ音域にしています。

ベースラインをコピーする

ベースは必ずしもコードのルートを弾いているわけではありませんが、ルートを弾いていると仮定してコードネームを振っておきます。

前テーマ・ベースライン

ジョン・コルトレーン作曲26-2のベースライン最初のテーマページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2のベースライン最初のテーマページ2楽譜

 

後テーマ・ベースライン

ジョン・コルトレーン作曲26-2のベースライン最初のテーマページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2のベースライン後テーマ・メロディページ2楽譜

ピアノのコンピングをコピーする

ピアノのヴォイシングはギターでは弾きづらいことが多いので、完コピではなくアレンジしていきます。

コードネームはコピーしておいたベースラインと照らし合わせてながら書いていきましょう。

前テーマ・ピアノコンピング

ジョン・コルトレーン作曲26-2のピアノコンピング前テーマ・メロディページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2のピアノコンピング前テーマ・メロディページ2楽譜

 

後テーマ・ピアノコンピング

ジョン・コルトレーン作曲26-2のピアノコンピング後テーマ・メロディページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲26-2のピアノコンピング後テーマ・メロディページ2楽譜

リードシートを完成させるにあたって

リードシートをA4用紙1枚に収めたいときは、ソロセクションと共有できるようにテンションをつけないシンプルなコードネームを書きます。

用紙の枚数を気にしなければ、テンションとオンベースをつけたメロディー部分と、ソロセクション用の部分に分けて書くのがおすすめです。

26-2の後テーマ・メロディは前テーマからオクターブ上げて吹かれ、さらにフェイクされているので、こちらも実記しておくとより正確なリードシートになります。

 

ただA4用紙3枚になってしまうと、譜面台に置けなかったり3枚目をセロハンテープで止めたりといろいろと大変になってしまうので、

見開きで見れる2枚に収めておくのが実用的だと思います。

 

26-2はAmazonプライム会員なら無料で聴けるので、リードシートを見ながら聴いてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事