コピー譜

Cecil Alexanderが弾くGiant Stepsタブ譜つきギタースコア

Cecil Alexanderシーセル アレクサンダーのYouTubeチェンネルで公開されているGiant Stepsをタブ譜つきギタースコアにしました(原曲のコード進行はリードシートのページで紹介しています)。

コルトレーンの1-2-3-5パターンはほとんど使わず、スケールとクロマチックを組み合わせたビバップスタイルの演奏です。このテンポでほぼフルピッキングするテクニックも圧巻。

ぜひ譜面を追いながら聴いてみてください。

アドリブ1コラース目

Cecil Alexanderが弾くGiant Stepsタブ譜つきギタースコア楽譜ページ1

アドリブ2コーラス目

Cecil Alexanderが弾くGiant Stepsタブ譜つきギタースコア楽譜ページ2

アドリブ3コーラス目

Cecil Alexanderが弾くGiant Stepsタブ譜つきギタースコア楽譜ページ3
Cecil Alexanderが弾くGiant Stepsタブ譜つきギタースコア楽譜ページ4

フレーズ分析

Cecilのプレイスタイルはスケールとクロマチックを巧みに使うのが特徴です。ビバップスケールのコンセプトを元に洗練されたサウンドを生み出しています。

ビバップスケールのコンセプトは拍アタマをコードトーンまたはテンションにすることです。最初の2小節をみてみましょう。

拍アタマの度数

Cecil Alexanderが弾くGiant Steps2小節目までの分析楽譜

拍アタマの音が全てコードトーン、またはテンションになっているのが分かります。またターゲットノート(1、3拍目の音)へのアプローチがクロマチックを含むチェンジングトーン(はさみこみ)になっているのも特徴です。

アプローチノートのアイデア

Cecil Alexanderがよく使うアプローチノート楽譜

この3つのアプローチはCecilがよく使う方法です。

3〜5小節目

拍アタマの音を調べると、Ebでのb3rd、Am7でのb9thなど、コードトーンやテンション以外の音が出てきます。

Cecil Alexanderが弾くGiant Steps3〜5小節目の拍アタマの音楽譜

これらの音は前のコードを延長させているサスペンションか、次のコードの先取りするアンティシペーションです。

サスペンションとアンティシペーション

サスペンションとアンティしペーションを想定した拍アタマの音楽譜

Bb7が2拍分伸ばしEbの解決を3拍目に。Bb7の最初の2拍はFm7のフレージングなので、Bb7をFm7-Bb7のII-V化したと捉えることもできます。

3小節目のAm7-D7はD7を先取りしてD7のみで弾いています。

これらから推察できるCecil Alexanderのフレージングの特徴は次の3つです。

  1. ビバップスケールコンセプト。拍アタマの音を意識している
  2. サスペンションやアンティシペーションを自在に使う
  3. クロマチックを使ったアプローチを多用する

これら3つをBPM300で正確に演奏するCecilは怪物です。ピッキングテクニックも半端ないので、ぜひコピーして学んでみてください。

この記事へのコメント