Nobody Else But Meはジェローム・カーンが1946年にブロードウェイミュージカル「Show Boat」のために書いた曲です。

ナッシュビルで行われたジャズワークッショプの動画からピーター・バーンスタイン with ロリ・メケム・トリオの演奏をタブ譜付きで紹介します。

フォームは[A]-[B]36小節。ここではキーCメジャーで演奏されています。

 

前テーマ・メロディ

ポジションの選び方やフィンガリングテクニックの使い方など、シンプルなメロディをどのようにして美しく歌わせているかを意識しながら聴いてみてください。
Nobody Else But Me前テーマ・メロディページ1
Nobody Else But Me前テーマ・メロディページ2
Nobody Else But Me前テーマ・メロディページ3

アドリブ

アドリブはピアノソロの後、3:48からはじまります。

ピーター・バーンスタインのアドリブの特徴は曲のメロディを最大限に活かしているところです。

音だけでなくメロディのリズムもモチーフとして上手く活用しています。

またフィンガリングは小指をほとんど使わず、薬指が中心です。最初の9小節はフィンガリングも記譜したので参考にしてみてください。
Nobody Else But Meアドリブページ1
Nobody Else But Meアドリブページ2
Nobody Else But Meアドリブページ3
Nobody Else But Meアドリブページ4
Nobody Else But Meアドリブページ5
Nobody Else But Meアドリブページ6
Nobody Else But Meアドリブページ7
Nobody Else But Meアドリブページ8

スポンサーリンク

ベースソロのコンピング

指を使わずピックのみでコンピングしています。ベースソロのコンピングなので、5、6弦の音は押さえていても強調せず演奏しています。
Nobody Else But Meベースソロのコンピングページ1
Nobody Else But Meベースソロのコンピングページ2
Nobody Else But Meベースソロのコンピングページ3
Nobody Else But Meベースソロのコンピングページ4
Nobody Else But Meベースソロのコンピングページ5

後テーマ・メロディ

前テーマ・メロディ同様、絶妙な歌わせ方が学べます。
Nobody Else But Me後テーマ・メロディページ1
Nobody Else But Me後テーマ・メロディページ2
Nobody Else But Me後テーマ・メロディページ3

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事