ラリー・カールトン(Larry Carlton)のRoom335のコード進行と使えるスケールを教えてください。

Room335コード進行

Aセクションは1〜4小節のパターン。Bセクションは同じコード進行を転調。CセクションはサビDへ向かうキメ。Dセクションはサビ。EセクションはAセクションへ戻るためのクールダウンです。

ラリーカールトンRoom335コード進行楽譜ページ1
ラリーカールトンRoom335コード進行楽譜ページ2

スポンサーリンク

Room335コード進行分析

メインとなる1〜4小節目のコード進行はAメジャーキーのIV-III-II-III、IV-III-II-Iになっています。

ラリーカールトンRoom3351〜4小節目コード進行楽譜ページ1
最後のEb9(#11)はDMa7へのV7、A7の裏コードです。

基本コードフォーム

Ma7
ラリーカールトンRoom335Ma7コードダイアグラム
m7(#5)
ラリーカールトンRoom335m7(#5)コードダイアグラム
m7
ラリーカールトンRoom335m7コードダイアグラム
9(#11)
ラリーカールトンRoom3359s11コードダイアグラム

1~4小節目で使えるスケール

1~4小節目で使えるスケール楽譜
各コードで使えるスケールをそれぞれ切り替えるというよりは、AメジャースケールやAメジャーペンタ(F#マイナーペンタ)を基本に要所でコードトーンを使うのがおすすめです。

本人の演奏動画があるので参考にしてみてください。

Bセクションは1~4小節のコード進行をそのままキーCに転調しているので、Cメジャースケールを主体にしたアドリブがおすすめです。

Cセクションのキメ

コードが1拍ごとに変わるキメ。難しそうに見えますが、分析するとあることに気づきます。
DMa7-D#m7(b5)-D/Eで使えるスケール楽譜
DMa7とD#m7(b5)はDとD#の違いのみで他の音は同じ。D/EはDリディアンと同じ。つまりAメジャースケールを弾いて、D#m7(b5)ではD音を弾かないフレージングにするだけで演奏できます。

残り2つのキメも同様です。
FMa7-F#m7(b5)-F/Gで使えるスケール楽譜

GMa7-G#m7(b5)-G/Aで使えるスケール楽譜

スケールを切り替えるというよりは、それぞれキーのスケールを基本として、m7(b5)ではルート音を意識するという演奏がおすすめです。

Dセクション

このセクションはII-Vが多いので、ジャズらしいフレーズを取り入れて弾くことができます。

ラリーカールトンRoom335Dセクションのコード進行分析楽譜
II-V-Iの連続が多いので、全てでリックを使うのではなく、ここぞというときにII-Vリックを使うのがおすすめです。

Dセクションで使えるスケール

ラリーカールトンRoom335Dセクションのコード進行で使えるスケール楽譜ページ1
ラリーカールトンRoom335Dセクションのコード進行で使えるスケール楽譜ページ2

1曲を通した本人の演奏動画も参考にしてみてください。

スポンサーリンク
コメントを残す

この記事も読まれています