2012年ドイツでのニコラス・ペイトンのライブ動画からStablematesのアドリブをタブ譜付きギタースコアにしました。

StablematesはA(14)-B(8)-A'(14)の36小節フォームの曲。

Aで出てくるII-Vの半音進行やBで出てくるドミナントの半音進行など、難易度の高い楽曲です。

ニコラス・ペイトンはA'セクションをマイナーコード1発にリハモしているので、マイク・モレーノのマイナーコードでのアイデアが学べます。

Stablematesのコード進行

Nicholas Paytonのバージョンは最後のA’セクション(楽譜ではCと表記)を大胆にリハモしているのが特徴です。

Stablematesソロセクションコード進行

Stablematesアドリブ・1コーラス目

アドリブは59:49からはじまります。
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・1コーラス目楽譜ページ1
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・1コーラス目楽譜ページ2
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・1コーラス目楽譜ページ3

アドリブ・1コーラス目の特徴
[A]4小節目からは2音モチーフを使った展開。
[B]はメロディを生かしたフレージング。1小節毎にコードが変わりますが8小節の大きな流れを意識したアドリブです。
[C]はドリアンスケールを使ったフレージングです。
スポンサーリンク

Stablematesアドリブ・2コーラス目

マイク・モレーノのStablematesアドリブ・2コーラス目楽譜ページ1
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・2コーラス目楽譜ページ2
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・2コーラス目楽譜ページ3
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・2コーラス目楽譜ページ4

アドリブ・2コーラス目の特徴
[D]はバックのコードにとらわれずメロディアスなアドリブを展開しています。
[E]では3小節間の休符が特徴的です。
[F]6小節からの連符はA7を想定したフレージングです、

Stablematesアドリブ・3コーラス目

マイク・モレーノのStablematesアドリブ・3コーラス目楽譜ページ1
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・3コーラス目楽譜ページ2
マイク・モレーノのStablematesアドリブ・3コーラス目楽譜ページ3

アドリブ・2コーラス目の特徴
[G]11〜12小節目のEbm7-Ab7ではそれぞれBbm7-Am7を想定したフレージング。
[H]では4分音符や2分音符を使い大きな流れのフレージング。
[I]はEドリアンスケールを使ったマイク・モレーノの手グセフレーズです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事