Central Park Westはジョン・コルトレーンのアルバム「Coltrane's Sound」の2曲目に収録されているバラードです。

ピアノはシンプルなコード、ベースは常にコードのルートを弾いているので、初めてのリードシート作りにも最適な曲です。

Amazonプライム会員なら無料で聴けるので、リードシートを見ながら聴いてみてください。

Central Park Westリードシート

ジョン・コルトレーン作曲 Central Park Westのリードシート・ページ1楽譜
ジョン・コルトレーン作曲 Central Park Westのリードシート・ページ2楽譜

Central Park Westリードシートの作り方

リードシートは曲のサイズ、メロディ、コードネーム(ベースとピアノのコピー)の順番に作っていきます。まずは曲を聴いて全体像を軽くスケッチしましょう。
ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westのサイズ作り楽譜

  • テーマ 10小節を2回
  • ソロセクション 10小節 1コーラスを4回
  • 後テーマ 10小節からエンディングへ

 

ピアノソロ後の10小節はテーマに戻ったと考えることもできますが、

後半になると音数が増えてくるのでソロセクションと捉えています。

スポンサーリンク

メロディをコピーする

メロディは前テーマ、後テーマ両方をコピーすることで正確性が増します。

前テーマ
ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westの最初のメロディ楽譜

最初の10小節と次の10小節でメロディの展開のさせ方が違うので、[A][B]とリハーサルマークで区別しています。

後テーマ
ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westの終わりのメロディ楽譜

[A]のメロディを元に展開しているので、[A']としています。

 

ベースラインをコピーする

ベースがコードのルートを弾かないことも想定して、コピーしたベースラインからおおよそのコードネームを仮で書いておきます。

前テーマベースライン
ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westのベースライン最初のテーマページ1楽譜

オクターブや多少のリズムの違いはありますが、全編このパターンです。

4度進行が多いので、「II-V-Iかも」と想定してピアノをコピーしていきましょう。

ピアノのコンピングをコピーする

ピアノのヴォイシングはギターでは弾きづらいことも多いので、完コピではなく弾けるようにアレンジしていきます。

コードネームは、コピーしておいたベースラインと照らし合わせながら書きます。

前テーマピアノコンピング
ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westのピアノコンピング最初のテーマ楽譜ページ1

ベースラインから立てた仮説どおり、全てがII-V-Iになっています。

BメジャーキーのII-Vで始まりBメジャーで終わるので、キーBメジャーと考えることができます。

ベースとピアノを合わせてコードネームを付ける

コピーしたメロディにBメジャーキーの調号を加えコードネームを付けましょう。

ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westメロディにコードネームを付けた楽譜

ソロセクションのコードネームは自由度を増すため、テンションを付けずシンプルな4和音表記にするのもおすすめです。

エンディングにもBメジャーの調号を加えコードネームを付ければリードシートの完成です。

コード進行の特徴

Central Park Westは4つのキーから作られています。
ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westnの4つのキー楽譜

これらのキーは5度圏を均等に分けたときに出てくるコードです。

ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westnの4つのキー楽譜

まず半分にします。

ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westnの4つのキー楽譜

CとGbの関係はトライトーンとしても有名です。

さらに均等に分けるために横に線を入れます。

ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westnの4つのキー楽譜

5度圏の4等分が完成しました。Cから左に進むとEb-Gb-Aとそれぞれ短3度音程になっているのも特徴です。

これをBを基準にすると次のようになります。

ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westnの4つのキー楽譜
B-D-F-Ab

並びかえるとB-D-Ab-F

Central Park Westで使われている4つのキーになります。
ジョン・コルトレーン作曲Central Park Westnの4つのキー楽譜

それぞれをトニックと考えてII-Vを入れることで曲が完成しています。

一見すると関係性の無いコードに見えますが、美しく響くコード進行には何かしらの理由がある(後付できる)のが音楽の面白いところです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事