ここでは11種類のメジャードロップ2ヴォイシングを紹介します。

コードフォームは形だけでなく、度数と関連させて覚えることが大切です。

度数を覚えると自分でコードが作れるようになります。

覚えるときは全てのフォームではなく、響きを聴いてカッコいいと思ったものだけに厳選するのがおすすめです。

各メジャーコードの音源を聴くだけでもイヤートレーニングになるので、じっくりとコードの響きを楽しんでみてください。

PDF
11種のメジャードロップ2ヴォイシング一覧PDF

Ma7 (R-3-5-7)

ギターで弾くメジャー・セブンス・コードとしてもっとも一般的なフォーム。まずはこのフォームを度数で覚えましょう。

第1転回形はルートと7thが半音でぶつかる美しいヴォイシングです。

3~6弦を使ったM7コードのドロップ2ヴォイシング

M7ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M7ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM7コードのドロップ2ヴォイシング

M7ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M7ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM7コードのドロップ2ヴォイシング

M7ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M7ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M7ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M7ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma7をターンアラウンドで使った例

CMa7-EbMa7-AbMa7-DbMa7楽譜

スポンサーリンク

Ma9 (9-3-5-7)

Ma7のルートを9thに変えるとメジャー・ナインス・コードになります。3rdをルートとするm7と同じフォームです(CMa9=Em7)。

3~6弦を使ったM9コードのドロップ2ヴォイシング

M9ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M9ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M9ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M9ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM9コードのドロップ2ヴォイシング

M9ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M9ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M9ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M9ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM9コードのドロップ2ヴォイシング

M9ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M9ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M9ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M9ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma9をターンアラウンドで使った例

CMa9-EbMa9-AbMa9-DbMa9楽譜

スポンサーリンク

M7(13) (R-3-7-13)

Ma7の5thを13thにするとメジャー・セブンス・サーティーンス・コードになります。

低音弦を使ったフォームはどれもストレッチになるので、実戦には不向きですが、作曲のアイデアとして活用できます。

3~6弦を使ったM7(13)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(13)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M7(13)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7(13)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7(13)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM7(13)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(13)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M7(13)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7(13)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7(13)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM7(13)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(13)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M7(13)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M7(13)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M7(13)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma7(13)をターンアラウンドで使った例

CMa7(13)-EbMa7(13)-AbMa7(13)-DbMa7(13)楽譜

M13 (9-3-13-7)

Ma9コードの5thを13thにするとメジャー・サーティーンス・コードになります。

3rdをルートとするm7(11)コードと同じフォームです(CMa13=Em7(11))。

3~6弦を使ったM13コードのドロップ2ヴォイシング

M13ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M13ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M13ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M13ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM13コードのドロップ2ヴォイシング

M13ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M13ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M13ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M13ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM13コードのドロップ2ヴォイシング

M13ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M13ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M13ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M13ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma13をターンアラウンドで使った例

C6-Eb6-Ab6-Db6楽譜

6 (R-3-5-6)

ビバップではMa7よりも使われるシックス・コード。Ma7コードの7thを6thに変えたフォームです。

6thをルートとするm7コードと同じフォームになります(C6=Am7)。

3~6弦を使った6コードのドロップ2ヴォイシング

6ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形6ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形6ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形6ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使った6コードのドロップ2ヴォイシング

6ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形6ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形6ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形6ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使った6コードのドロップ2ヴォイシング

6ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形6ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形6ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形6ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

6コードをターンアラウンドで使った例

C6-Eb6-Ab6-Db6楽譜

C6のコードフォームはAm7のコードフォームと同じなので、上記のコード進行をAm7-Cm7-Fm7-Bbm7にリハモできます。

コードフォームはただ覚えるだけではなく、他のフォームと共通点はないか理論と関連させ、リハモのアイデアとして活用することができます。

6(9) (9-3-5-6)

6コードのルートを9thに変えるとシックス・ナインス・コードになります。

6thをルートとするm7(11)コードとしても使えます(C6(9)=Am7(11))。

3~6弦を使った6(9)コードのドロップ2ヴォイシング

6(9)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形6(9)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形6(9)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形6(9)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使った6(9)コードのドロップ2ヴォイシング

6(9)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形6(9)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形6(9)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形6(9)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使った6(9)コードのドロップ2ヴォイシング

6(9)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形6(9)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形6(9)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形6(9)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

6(9)コードをターンアラウンドで使った例

C6(9)-Eb6(9)-Ab6(9)-Db6(9)楽譜

6(#11) (R-3-#11-6)

6コードの5thを#11thにするとシックス・シャープイレブンス・コードになります。

#11thをルートとしたm7(b5)コードと同じフォームです(C6(#11)=F#m7(b5))。

3~6弦を使った6(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

6(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形6(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形6(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形6(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使った6(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

6(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形6(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形6(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形6(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使った6(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

6(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形6(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形6(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形6(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

6(#11)をターンアラウンドで使った例

C6(#11)-Eb6(#11)-Ab6(#11)-Db6(#11)楽譜

ギターで弾くm7(b5)はボイシングにトライトーンが出てくるので、メジャーコードを表現するときには不向きです(トライトーンがあるとドミナントの響きに聴こえてしまうため)。

#11thの入っているメジャーコードは#11thをルートとしたm7(b5)にリハモできる、ただしボイシングには注意が必要と覚えておきましょう。

M7(#11) (R-3-#11-7)

Ma7の5thを#11thにするとメジャー・セブンス・シャープイレブンス・コードになります。

第1転回形はストレッチフォームなので実用的ではありませんが、その他のフォームは十分活用できます。

3~6弦を使ったM7(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM7(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM7(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M7(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma7(#11)をターンアラウンドで使った例

C6-Eb6-Ab6-Db6楽譜

M9(#11) (9-3-#11-7)

Ma7(#11)のルートを9thにするとメジャー・ナインス・シャープイレブンス・コードになります。

3~6弦を使ったM9(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

M9(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM9(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

M9(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM9(#11)コードのドロップ2ヴォイシング

M9(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M9(#11)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma9(#11)をターンアラウンドで使った例

CMa9(#11)-EbMa9(#11)-AbMa9(#11)-DbMa9(#11)楽譜

Ma7(#5) (R-3-#5-7)

コンテンポラリー系の曲で使われるメジャー・セブンス・シャープファイブ・コード。Ma7の5thを#5thにしてできるコードです。

3~6弦を使ったM7(#5)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM7(#5)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM7(#5)コードのドロップ2ヴォイシング

M7(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M7(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma7(#5)をターンアラウンドで使った例

CMa7(#5)-EbMa7(#5)-AbMa7(#5)-DbMa7(#5)楽譜

M9(#5) (9-3-#5-7)

Ma7(#5)のルートを9thにするとメジャー・ナインス・シャープファイブ・コードになります。

3rdをルートとするドミナントコードと同じフォームです(CMa9(#5)=E7)。

3~6弦を使ったM9(#5)コードのドロップ2ヴォイシング

M9(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート基本形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第1転回形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第2転回形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング6弦ルート第3転回形

2~5弦を使ったM9(#5)コードのドロップ2ヴォイシング

M9(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート基本形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第1転回形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第2転回形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング5弦ルート第3転回形

1~4弦を使ったM9(#5)コードのドロップ2ヴォイシング

M9(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート基本形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第1転回形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第2転回形M9(#5)ドロップ2ヴォイシング4弦ルート第3転回形

Ma9(#5)をターンアラウンドで使った例

C6-Eb6-Ab6-Db6楽譜

ボイシングにトライトーンが入っているためドミナントの響になってしまいます。そのためMa9(#5)のボイシングとして使われることはありません。

まとめ

メジャードロップ2ボイシングは基準となるMa7のフォームから、1つずつ度数を変えていくことで別のコードに変化させることができます。

まずはMa7のフォームを度数で覚え、他のコードの度数と比べてみることを習慣づけてみてください。

また、自分でコードフォームを作るときは、今回の6(#11)とMa9(#5)のように、トライトーン(ドミナントの響き)が入らないようにしましょう。

作ったフォームは必ず弾いて、その響きがカッコよく感じるかどうか確認することを忘れずに。

メジャーで使えるドロップ2のポイント
  • Ma7のフォームを度数で覚える
  • トライトーンの入っているフォームは避ける

この2つを意識してコードフォームを覚えてみてください。

スポンサーリンク