ドロップヴォイシングは、1オクターブ内で作られるクローズヴォイシングを1オクターブ以上に広げる手法のことです。

ギターでは楽器の構造上、1オクターブ以内でヴォイシングすることが難しいので、ドロップヴォイシングが多用されます。

ここではジャズでよく使われるドロップ2、3ヴォイシングを紹介していきます。

弾けないコードがある?

コードにはクローズヴォイシングと呼ばれる音の並べ方があります。このヴォイシングは、音と音が近い距離(おおよそ1オクターブ内)で作られているのが特徴です。CM7のクローズヴォイシングを弾いてみましょう。

CMa7クローズヴォイシング楽譜

CMa7クローズヴォイシング5弦ルートコードダイアグラム CMa7クローズヴォイシング6弦ルートコードダイアグラム CMa7クローズヴォイシング4弦ルートコードダイアグラム

2つめはストレッチしますが、これならまだギターでも弾くことができます。

次は転回形を弾いてみましょう。

CMa7クローズヴォイシング第一転回形楽譜  CMa7クローズヴォイシング第一転回形コードダイアグラム

CMa7クローズヴォイシング第2転回形楽譜  CMa7クローズヴォイシング第2転回形コードダイアグラム

CMa7クローズヴォイシング第3転回形楽譜  CMa7クローズヴォイシングコードダイアグラム第3転回形

これらの転回形は押さえることが不可能になってしまいます。

他にもC6のクローズヴォイシングで弾けないフォームが出てきます。

C6クローズヴォイシング楽譜

C6クローズボイシング6弦ルートコードダイアグラム C6クローズボイシング4弦ルートコードダイアグラム C6クローズボイシング5弦ルートコードダイアグラム

弾けないフォームを解消するために、ギターではオープンヴォイシング(音と音の間隔が広いもの、おおよそ1オクターブ以上)が使われます。

オープンヴォイシングはドロップ2、ドロップ3の2種類がメイン。その他にドロップ2+4、ドロップ2+3があります。ここからはそれぞれの作り方を見ていきましょう。

ドロップ2ヴォイシングの作り方

ドロップ2ヴォイシングは、クローズヴォイシングの上から2番目の音をオクターブ下げて出来るヴォイシングです。ギターで使うオープンヴォイシングのもっとも基本的な形になります。ここではCM7を例に作っていきます。

CMa7ルートポジションのドロップ2楽譜

左側のクローズヴォイシングの上から2番目(この場合はG音)をオクターブ下げたものが右側のドロップ2ヴォイシングです。転回形も見てみましょう。

CMa7第一転回形ドロップ2楽譜 CMa7第2転回形ドロップ2楽譜CMa7第3転回形ドロップ2楽譜

ギターでは3~6弦、2~5弦、1~4弦を使ったコードフォームで弾くことができます。

CMa7ドロップ2ヴォイシング3~6弦

CMa7ドロップ2第2転回形3~6弦ダイアグラム CMa7ドロップ2第3転回形3~6弦ダイアグラム CMa7ドロップ2ルートポジション3~6弦ダイアグラム CMa7ドロップ2第1転回形3~6弦ダイアグラム

CMa7ドロップ2ヴォイシング2~5弦

CMa7ドロップ2第2転回形2~5弦ダイアグラム CMa7ドロップ2第3転回形2~5弦ダイアグラム CMa7ドロップ2ルートポジション2~5弦ダイアグラム CMa7ドロップ2第1転回形2~5弦ダイアグラム

CMa7コードドロップ2ヴォイシング1~4弦

CMa7ドロップ2第2転回形1~4弦ダイアグラム CMa7ドロップ2第3転回形1~4弦ダイアグラム CMa7ドロップ2ルートポジション1~4弦ダイアグラム CMa7ドロップ2第1転回形1~4弦ダイアグラム

ドロップ2ヴォイシングはクローズヴォイシングに比べてどれも弾きやすく実用的です。3~6弦のフォームは低音をカバーするので、ヴォーカルやギタリスト同士とのデュオに。2~4弦の音域はコンピングに最適です。1~4弦は主にコードソロに最適ですがコンピングでも活用できます。

スポンサーリンク

ドロップ3ヴォイシングの作り方

ドロップ3ヴォイシングはクローズヴォイシングの上から3番目の音をオクターブ下げて出来るヴォイシングです。CM7を例に作ってみましょう。

CMa7ドロップ3ボイシング楽譜

左側のクローズヴォイシングの上から3番目(この場合はE音)をオクターブ下げたものが右側のドロップ3ヴォイシングです。転回形も見てみましょう。

CMa7第一転回形ドロップ3楽譜 CMa7第2転回形ドロップ3楽譜CMa7第3転回形ドロップ3楽譜

ギターでは2~6弦、1~5弦を使ったコードフォームで弾くことができます。

CMa7ドロップ3ヴォイシング2~6弦

CMa7ドロップ3第1転回形2~6弦ダイアグラム CMa7ドロップ3第2転回形2~6弦ダイアグラム CMa7ドロップ3第3転回形2~6弦ダイアグラム CMa7ドロップ3ルートポジション2~6弦ダイアグラム

CMa7ドロップ3ヴォイシング1~5弦

CMa7ドロップ3第1転回形1~5弦ダイアグラム CMa7ドロップ3第2転回形1~5弦ダイアグラム CMa7ドロップ3第3転回形1~5弦ダイアグラム CMa7ドロップ3ルートポジション1~5弦ダイアグラム

ドロップ2同様、実用性のあるコードフォームです。2~6弦のフォームは低音をカバーするので、ヴォーカルやギタリスト同士とのデュオに。1~5弦はコンピングに最適です。

ドロップ2+4ヴォイシングの作り方

ここではドロップ2、ドロップ3よりも音域の広いドロップ2+4ヴォイシングを作ってみましょう。ドロップ2+4ヴォイシングは、クローズヴォイシングの上から2番目と4番目の音をオクターブ下げて作ります。CM7を例にみてみましょう。

CMa7ドロップ2+4ルートポジション楽譜

左側のクローズヴォイシングの上から2番目と4番目(この場合はG音とC音)をオクターブ下げたものが右側のドロップ2+4ヴォイシングです。転回形も見てみましょう。

CMa7ドロップ2+4ファーストインヴァージョン楽譜 CMa7ドロップ2+4セカンドインヴァージョン楽譜CMa7ドロップ2+4サードインヴァージョン楽譜

ギターでは2~6弦、1~5弦を使ったコードフォームで弾くことができます。

CMa7ドロップ2+4ヴォイシング2~6弦

CMa7ドロップ2+4ルートポジション2~6弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+4第1転回形2~6弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+4第2転回形2~6弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+4第3転回形2~6弦ダイアグラム

CMa7ドロップ2+4ヴォイシング1~5弦

CMa7ドロップ2+4ルートポジション1~5弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+4第1転回形1~5弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+4第2転回形1~5弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+4第3転回形1~5弦ダイアグラム

低音域と高音域の間の弦を弾かないフォームなので、コンピングやコードソロには向きませんが、 独特の響きを演出できるソロギターに最適です。

ドロップ2+3ヴォイシングの作り方

ドロップ2+4同様、音域の広いドロップ2+3ヴォイシングも作ってみましょう。ドロップ2+3ヴォイシングは、クローズヴォイシングの上から2番目と3番目の音をオクターブ下げて作ります。CM7を例に紹介します。

CMa7ドロップ2+3ルートポジション

左のクローズヴォイシングの上から2番目と3番目(この場合はG音とE音)をオクターブ下げたものが右に出来たドロップ2+3ヴォイシングです。転回形も見てみましょう。

CMa7ドロップ2+3ファーストインヴァージョン CMa7ドロップ2+3セカンドインヴァージョンCMa7ドロップ2+3サードインヴァージョン

ギターでは2~6弦、1~5弦を使って弾くことができます。

CMa7ドロップ2+3ヴォイシング2~6弦

CMa7ドロップ2+3ルートポジション2~6弦ダイアグラム CMa7ドロップ2+3第1転回形2~6弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+3第2転回形2~6弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+3第3転回形2~6弦ダイアグラム
4つ目のフォームは6弦から小指、人差し指、薬指、2弦は中指の爪で押さえています。

CMa7ドロップ2+3ヴォイシング1~5弦

CMa7ドロップ2+3ルートポジション1~5弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+3第1転回形1~5弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+3第2転回形1~5弦ダイアグラム  CMa7ドロップ2+3第3転回形1~5弦ダイアグラム

低音弦を弾くのでコンピングには向きませんが、ソロギターに活用できます。

テンションの入ったドロップ2ヴォイシング

ギターでは押弦する指が4本なので、テンションが入る5和音以上のヴォイシングは、開放弦を混ぜるか、音を省略して弾きます。ここではCMa9を例に音を省略する方法を紹介します。

CMa9コード楽譜

CMa9の構成音はR-3-5-7-9。この中で省略できる第一候補はRです。Rは通常ベーシストが担当するのでギターでは省略することが多い音です。ドロップ2ヴォイシングのRを9に変えてみましょう。


CMa7ドロップ2ルートを9に変えたダイアグラム

CMa7ドロップ2第一転回形のルートを9に変えたダイアグラム

CMa7ドロップ2第2転回形のルートを9に変えたダイアグラム

CMa7ドロップ2第3転回形のルートを9に変えたダイアグラム

ルートの次の省略候補は5です。コードの響きを決定付けるのは3と7なので、5はルートに次いで省略候補になります。ただし、b5や#5など、5の響きが特徴的な場合は省略候補にならない場合もあります。

ドロップ2ヴォイシングの5を9に変えると押さえられないフォームになってしまうので、通常のクローズヴォイシングを使います。

CMa9から5度を省略した楽譜

CMa9から5度を省略したダイアグラム CMa9から5度を省略したダイアグラム第1転回形 CMa9から5度を省略したダイアグラム第2転回形 CMa9から5度を省略したダイアグラム第3転回形

今度はCM13を例にテンションが2つ加わった6和音の場合を見てみましょう。9と13の2つのテンションが加わっているので、それぞれをR、5と置き換えます。


CMa7ドロップ2ボイシングのルートと5thを9thと13thに置き換えたダイアグラム

CMa7ドロップ2ボイシング第一転回形のルートと5thを9thと13thに置き換えたダイアグラム

CMa7ドロップ2ボイシング第2転回形のルートと5thを9thと13thに置き換えたダイアグラム

CMa7ドロップ2ボイシング第3転回形のルートと5thを9thと13thに置き換えたダイアグラム

テンションコードの場合はルート、5のどちらかをテンション音に置き換えて弾くのがおすすめです。

メジャー以外のドロップボイシング

マイナー、ドミナント、ディミニッシュで使うドロップ2、3は以下のページにまとめていますのでご活用ください。