ギターで一般的なメジャー・セブンス・コードから、ジャズスタンダードで出てくるテンション・コードのドロップ3ヴォイシングを紹介します。

ドロップ3ヴォイシングはベースと和音が分かれる構造なので、ソロギターやデュオでのコンピングに最適なヴォイシングです。

ルート以外が最低音になる転回系はオンコードの響きを学ぶイヤートレーニングにもなるので、弾いてみて気に入った響きのするフォームから覚えて使ってみてください。

音源のルートはCで統一しています。

メジャードロップ3ヴォイシング一覧PDF
11種のメジャードロップ3ヴォイシング一覧PDF

Ma7 (R-3-5-7)

6弦ルートのメジャー・セブンス・コードのフォームはもっとも一般的です。

まずはこのフォームを度数で覚えておきましょう。

2~6弦を使ったMa7コードのドロップ3ヴォイシング

M7ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M7ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったMa7コードのドロップ3ヴォイシング

M7ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M7ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

メジャーコードのターンアラウンドでよく使われるC-Eb-Ab-Db。ドロップ3ヴォイシングを使って弾いた例です。

CMa7-EbMa7-AbMa7-DbMa7での使用例

Ma7コードのドロップ3をCMa7-EbMa7-AbMa7-DbMa7で使った楽譜

ルート以外の音を最低音にするときは、頭の中でルート音を鳴らしておくことが大切です。

ベーシストがいる場合は6弦の音がぶつかってしまうので高音弦のみを弾きます。

スポンサーリンク

Ma9 (9-3-5-7)

Ma7コードのルートを9thにするとメジャー・ナインス・コードになります。

3度をルートとするマイナー・セブンス・コードと同じフォームになります。(CMa9=Em7)

2~6弦を使ったMa9コードのドロップ3ヴォイシング

M9ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M9ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M9ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M9ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったMa9コードのドロップ3ヴォイシング

M9ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M9ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M9ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M9ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

CMa9-EbMa9-AbMa9-DbMa9での使用例

Ma9コードのドロップ3をCMa9-EbMa9-AbMa9-DbMa9で使った楽譜

スポンサーリンク

Ma7(13) (R-3-7-13)

Ma7コードの5thを13thにするとメジャー・セブンス・サーティーンス・コードになります。

2~6弦を使ったMa7(13)コードのドロップ3ヴォイシング

M7(13)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M7(13)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7(13)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7(13)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったMa7(13)コードのドロップ3ヴォイシング

M7(13)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M7(13)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7(13)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7(13)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

CMa7(13)-EbMa7(13)-AbMa7(13)-DbMa7(13)での使用例

Ma7(13)コードのドロップ3をCMa7(13)-EbMa7(13)-AbMa7(13)-DbMa7(13)で使った楽譜

Ma13 (9-3-13-7)

Ma7(13)コードのルートを9thにするとメジャー・サーティーンス・コードになります。

2~6弦を使ったMa13コードのドロップ3ヴォイシング

M13ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M13ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M13ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M13ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったMa13コードのドロップ3ヴォイシング

M13ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M13ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M13ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M13ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

CMa13-EbMa13-AbMa13-DbMa13での使用例

Ma13コードのドロップ3をCMa13-EbMa13-AbMa13-DbMa13で使った楽譜

6 (R-3-5-6)

Ma7コードの7thを6thにするとシックス・コードになります。

6度をルートとするマイナー・セブンスコードと同じフォームです(C6=Am7)。

2~6弦を使った6コードのドロップ3ヴォイシング

6ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形6ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形6ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形6ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使った6コードのドロップ3ヴォイシング

6ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形6ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形6ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形6ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

C6-Eb6-Ab6-Db6での使用例

6コードのドロップ3をC6-Eb6-Ab6-Db6で使った楽譜

6(9) (9-3-5-6)

6コードのルートを9thにするとシックス・ナインス・コードになります。

5度を9thとするメジャー・サーティーンス・コードと同じフォームになります(C6(9)=FMa13)。

2~6弦を使った6(9)コードのドロップ3ヴォイシング

6(9)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形6(9)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形6(9)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形6(9)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使った6(9)コードのドロップ3ヴォイシング

6(9)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形6(9)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形6(9)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形6(9)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

C6(9)-Eb6(9)-Ab6(9)-Db6(9)での使用例

6(9)コードのドロップ3をC6(9)-Eb6(9)-Ab6(9)-Db6(9)で使った楽譜

6(#11) (R-3-#11-6)

6コードの5thを#11thにするとシックス。シャープイレブンス・コードになります。

#11thをルートとするm7(b5)コードと同じフォームになります(C6(#11)=F#m7(b5))。

2~6弦を使った6(#11)コードのドロップ3ヴォイシング

6(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形6(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形6(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形6(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使った6(#11)コードのドロップ3ヴォイシング

6(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形6(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形6(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形6(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

C6(#11)-Eb6(#11)-Ab6(#11)-Db6(#11)での使用例

6(#11)コードのドロップ3をC6(#11)-Eb6(#11)-Ab6(#11)-Db6(#11)で使った楽譜

Ma7(#11) (R-3-#11-7)

Ma7コードの5thを#11thにするとメジャー・セブンス・シャープ・イレブンス・コードになります。

2~6弦を使ったMa7(#11)コードのドロップ3ヴォイシング

M7(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M7(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったMa7(#11)コードのドロップ3ヴォイシング

M7(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M7(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

CMa7(#11)-EbMa7(#11)-AbMa7(#11)-DbMa7(#11)での使用例

Ma7(#11)コードのドロップ3をCMa7(#11)-EbMa7(#11)-AbMa7(#11)-DbMa7(#11)で使った楽譜

Ma9(#11) (9-3-#11-7)

Ma7(#11)コードのルートを9thにするとメジャー・ナインス・シャープイレブンス・コードになります。

2~6弦を使ったMa9(#11)コードのドロップ3ヴォイシング

M9(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M9(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M9(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M9(#11)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったMa9(#11)コードのドロップ3ヴォイシング

M9(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M9(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M9(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M9(#11)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

CMa9(#11)-EbMa9(#11)-AbMa9(#11)-DbMa9(#11)での使用例

Ma9(#11)コードのドロップ3をCMa9(#11)-EbMa9(#11)-AbMa9(#11)-DbMa9(#11)で使った楽譜

M7(#5) (R-3-#5-7)

Ma7コードの5thを#5thにするとメジャー・セブンス・シャープファイブ・コードになります。

2~6弦を使ったMa7(#5)コードのドロップ3ヴォイシング

M7(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M7(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M7(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M7(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったMa7(#5)コードのドロップ3ヴォイシング

M7(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M7(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M7(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M7(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

CMa7(#5)-EbMa7(#5)-AbMa7(#5)-DbMa7(#5)での使用例

Ma7(#5)コードのドロップ3をCMa7(#5)-EbMa7(#5)-AbMa7(#5)-DbMa7(#5)で使った楽譜

M9(#5) (9-3-#5-7)

Ma7(#5)コードのルートを9thにするとメジャー・ナインス・シャープファイブ・コードになります。

3度をルートとするドミナントコードと同じフォームです(CMa9(#5)=E7)。

2~6弦を使ったM9(#5)コードのドロップ3ヴォイシング

M9(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート基本形M9(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第1転回形M9(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第2転回形M9(#5)ドロップ3ヴォイシング6弦ルート第3転回形

1~5弦を使ったM9(#5)コードのドロップ3ヴォイシング

M9(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート基本形M9(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第1転回形M9(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第2転回形M9(#5)ドロップ3ヴォイシング5弦ルート第3転回形

CMa9(#5)-EbMa9(#5)-AbMa9(#5)-DbMa9(#5)での使用例

Ma9(#5)コードのドロップ3をCMa9(#5)-EbMa9(#5)-AbMa9(#5)-DbMa9(#5)で使った楽譜

スポンサーリンク