アドリブの終盤やフォーバース等でコードソロが弾きたいと思い、今練習をしています。テンションコードのフォームや、経過音の処理などは大体把握したのですが、実際にフレーズを作る際の思考プロセスが分かりません。

例えば、F7のコード上でF→Eb→Cとトップノートが動く際、最初はルート音がトップだからルートトップのフォーム、次はb7thの音がトップだからb7thトップのフォーム、次は5thがトップだから… という風に何度の音がトップノートかでフォームを把握するのか、あるいは、5弦や6弦のF音を(弾く弾かないに関わらず)共通の目印として、低音弦のF音とトップノートとの位置関係から、あらかじめいろいろなトップノートに対応するフォームを設定し、その中から適切なフォームを選び取るのか、どちらの考え方が良いのでしょうか…?

最初の方法ですと、コード内の音ならまだ何とかなるのですがコード外音がトップにくると、それがルートに対して何度かわからず、フォームを探すのに時間がかかり、後者は低音弦のルート音と高音弦のトップ音の両方を、フレット上の何処にあるか把握しなければならない為、戸惑ってしまいます。
いきなりの不躾な質問で恐縮ですが、なにかヒントをご教授頂ければ幸いです。

響きを優先させて作るのがおすすめです

コードソロに限らずですがフレーズを作るときは度数やコードフォームを気にせず、響き優先で作っていくのがおすすめです。
「この響きを出したいからこのフォームを使おう」「この響きを出すにはこのフォームが使える」などと考えて作っていきます。

コードフォームや経過音などを把握しているのでしたら、あとはコードソロの響きを覚えるだけです。
まずはかっこいいと思うコードソロをコピーして響きを覚えることからはじめるのが良いと思います。

コードソロの響きさえ覚えてしまえば自由にコードソロを作れるようになります。

いくつかコードソロを紹介するので、覚えて使ってみてください。そのときにどんなコードフォームでできているか、何度の音をつかっているかなど、理論的に分析するのも効果的です。

基本フォームを使ったコードソロリック

ジョーパスのコードソロリック1楽譜

Em7(11)、Em7(9)、Em7、Em、A9、A7(#5,#9)、D6(9)の基本フォームを使ったコードソロです。

コードフォームを維持したまま音を加えるコードソロリック

ジョーパスのコードソロリック2楽譜

Dm7(b5)をD7(#9)にリハモ。G7では(b9,b13)のフォームに#9(1弦6フレット)を加える王道のパターンです。

トライアドだけを使ったコードソロリック

ジョーパスのコードソロリック3楽譜

Db-Eb-Db-Eb-F-Eb-Db-Dbdim-Fmのトライアドだけを使ったコードソロです。

4〜2和音を使ったコードソロリック

ジョーパスのコードソロリック4楽譜

4和音だけでなく、3和音や2和音もまぜるとバリエーションを増やせます。

単音もまぜるコードソロリック

ジョーパスのコードソロリック5楽譜

コードフォームと関係のない単音を混ぜるコードソロ。難易度は高いですが、普段弾いているリックをコードソロに変換させるときに有効な方法です。

スーパーインポーズを使ったリック

ジョーパスのコードソロリック6楽譜

Dm7ではAm7-D7のスーパーインポーズ。G7では短3度のスーパーインポーズ(裏コードのDb7から短3度下がってBbm7。Bbm7から短3度下がってG7)を使ったコードソロリックです。

スーパーインポーズはもとのコード進行に対して別のコード進行を想定して演奏する手法のこと。ジャズ理論を知っているとシンプルなII-V-Iでも面白い響きにすることができます。