一度しっかり覚えたものでも時間が経てば忘れてしまうと思うんです。
それで、確実に覚える方法として
  1. 忘れる前に頻繁に確認する。そして少しずつ間隔を開けていき完全に記憶を定着させる。
  2. ある程度忘れた(3割くらいは覚えてる)状態で、集中して覚え直す。次は5割くらい覚えてる状態で。それをくり返して完全に覚える。

自分の考えとしては2の方がより深く記憶に残るように思います。ただ、効率を考えれば1の方がいいような気もします。

ジョーイさんの個人的な経験や学習者であった頃に教わったことなど、ご教授いただけると助かります。

私の場合は1、2両方使ってます

記憶の定着方法は悩ましいですよね。個人差もあると思いますが私の場合は1で覚えてから2で完全に自分のもにする、といった感じです。

例えば1つのリックを覚えるとき、「これは絶対弾けるようになりたい!」と思って毎日ひたすら練習します。1週間練習してリックを覚えてアドリブの中で使えるようにします。ここまでが1の方法です。

その1週間の間に他のリックも覚えていくので、どんどんリックが溜まっていきます。全てのリックを毎回アドリブで使うことはないので、いくつかは忘れていきます。

何かのきっかけで、「そうえいば1、2ヶ月前に覚えたあのリックを使いたい!」と思い、再度覚えます。これが2の方法です。

このように1と2を繰り返して記憶に定着させています。

忘れるものはその程度のもの

私が学生時代に言われたのは、「練習しても忘れてしまうようなメロディやリックはその程度のもの。気にせずどんどん新しいメロディやリックを覚えていきなさい」でした。

ジャズをはじめたとき、スタンダードのメロディが覚えられなくて苦労したのですが、今思えば自分の中ではグッとこない(感動できない)メロディを無理やり覚えていたからだと後になって気づきました。

自分の好きなポップスのメロディって口ずさめますよね。しばらく聴いていなくても(何年たっても)覚えてられます。それはつまりそのメロディが自分の中でグッときたものだからなのです。

それと同じことがジャズのリックにも言えます。

本当に好きなリックに出会うと、自然と口ずさめます。そして何年経っても覚えていることができます。そういうリックに出会うためには数をこなしていくことが大切だと思います。

リックを覚えるのに役立つちょっとしたテクニック

私がリックを覚えるときに使ってきた5つの方法を紹介します。

ポジションで覚える

はじめてリックを覚えたときはポジションごとに分けて覚えていました。ジャズギタースタイルマスターで紹介しているII-V-I、I-VI-II-Vリックの覚え方です。

この方法はコードフォームと連携させることができるので、ある程度の目安があり、指板上の音の配置がまだ見えていなくても弾きこなすことができます。そのためこの覚え方はジャズ入門者におすすめの方法です。

運指で覚える

もう一つ入門者におすすめなのが、運指で覚える、つまり手グセにしてしまうことです。

ギタリストならマイナーペンタトニックスケールを使ったブルージーな手グセリックを1つは持っているはずです。

それを覚えたときのことを思い出してみてください。そのリックがカッコよくて毎日毎日ひたすら弾き続けませんでしたか?

これと同じことをジャズリックでもやるのがおすすめです。カッコいいと思ったリックを1つ選んで毎日のウォーミングアップに取り入れます。毎日弾くことでイヤートレーニングにもなる一石二鳥の方法です。

分析して覚える

指板上の音の配置が見えるようになってきたら、度数で覚えるのがおすすめです。全ての音を度数にする必要はなく、1、3拍目のターゲットノートを度数で覚えます。

この方法は他のキーに移調するときや、弾くポジションを変えるときに役立ちます。オルタードリックを例に分析法を紹介しているので参考にしてみてください。

ジャズスタンダードと連携して覚える

リックを使っていると「このスタンダードではカッコよく聴こえるけど、こっちのスタンダードではあまりグッとこない」といったことが起こります。

その原因はそれぞれのスタンダードが持つ雰囲気や前後のコード進行の流れが違うからです。

逆にそれを利用して「このリックはこのスタンダード限定。こっちのリックはこのスタンダード限定」というように曲で使うリックを限定して覚えていきます。

スタンダードと連携させることでリックを思い出しやすくする効果もあります。

名前をつける

リックに名前をつけてしまうのもおすすめです。

例えば先ほど紹介したジャズギターを始めたら1度は弾くオルタードリックの分析とアレンジではオルタードリックという名前をつけています。

するとオルタードリックといえばこれといったように脳が覚えてくれるのです。

まとめ

本当に弾きたい音(メロディやリック)は覚えようと努力しなくても覚えてしまうもの。

忘れてしまうものはその程度のものと割り切って、どんどん新しい音を取り入れていくのが良いと思います。

コメントを残す