ビッグバンドのリズムギターとジャズギターでは多少違うかもしれませんが、ある本に「カウントベイシー楽団のフレディ・グリーンをはじめとするビッグバンドのギタリストは楽譜にコードがどんな風に書いてあろうがトライアドと7thと6thしか弾かない。」と書いてありました。

これは本当なのですか?

今までずっと難しいテンションコードを必死に覚え、弾けるようになるまでかなり苦労して練習してやっと最近弾けるようになってきたところだったのですが・・・。

本当です

ビッグバンドでのギターの役割はリズム隊の一員としてなので、テンションコードを使ってコードのカラーを決めるという役割とは違います。そのためテンションコードではなく、3度と7度を使った基本のフォームが中心になっています。ただし、テンションコードを弾いてはいけないということはないです。

コードは知らないより知っていたほうが絶対得なので、 苦労して弾けるようになった事は今後に活かせると思います。

テンションコードと3度、7度でどう響きが変わるか、演奏例を紹介しますので聴き比べてみてください。

テンションコードを使ったリズムギター

テンションコードを使ったビッグバンドでのリズムギター

テンションコードを使った楽譜

リズム隊の一員というより、コードのカラーを演出している印象が強くなります。

次はビッグバンドでよく使われる3音のコードを弾いてみます。

ルート、3度、7度を使ったリズムギター


ルート、3度、7度を使ったリズムギター楽譜

ルート、3度、7度だけで十分リズム隊の役割を果たせます。

5度ベースを含んだビッグバンドでのリズムギター

5度ベースを含んだリズムギター楽譜

Db7のように、5弦ルートのコードは6弦の5度を弾くフォームもよく使われます。

ただ5、6弦の音を弾くとベースとぶつかってしまうこともあるので、ルートや5度は省略して弾くのがおすすめです。

ルートを省略した3度と7度のリズムギター

3度と7度を使ったリズムギター楽譜

5、6弦は弾かないわけではなく、ミュートした状態でピッキングします(タブ譜のX表記)。パーカッシブな音を追加するイメージです。

フレディ・グリーンはさらに音を減らして1音だけで弾いていることもあります。また同じコードが続く場合は2拍ごとにトップノートを動かし、メロディラインのようなリズムギターを弾いています。

キーAbのブルースでのリズムギター


キーAbブルースのリズムギター例楽譜

ビッグバンドのリズムギターで大切なのは、できるだけシンプルコードを使うこととリズム隊の一員という意識をしておくことです。テンションコードは使いませんが、テンションノートはトップノートに(11小節目のF7での9thのように)使えるので、リズム隊でありながら、メロディラインを隠し味で入れられるようなリズムギターが理想だと思います。

ビッグバンドのリズムギターが学べるアルバム

フレディ・グリーンの「Mr.Rhythm」はビッグバンドでのリズムギターの立ち回りが全て分かる貴重なアルバムです。ぜひチェックしてみてください。

ビッグバンドのリズムギターが学べるアルバム
『Mr. Rhythm』1956年発売
Freddie Green – guitar
Joe Newman – trumpet
Henry Coker – trombone
Al Cohn – tenor saxophone, clarinet
Nat Pierce – piano
Milt Hinton – double bass
Osie Johnson,Jo Jones – drums

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事