いまいち 7alt の表記がわからないので質問です。
G7alt => G7#5 なんですか?
それとも、オルタードスケールに入っている音(b5/#11, #5, b9, #9) が含まれれば 7altコードになるんですか?

オルタードスケールに入っている音2つの組み合わせです

7alt(オルタードコード)は、オルタードスケールに含まれているテンションが入っているコードの総称です。

Gオルタードスケール
Gオルタードスケールの五線譜

オルタードスケールに入っているテンションはb9th、#9th、b5th(#11th)、#5th。

この中でオルタードスケールにしか存在しないテンションの組み合わせは次の4つです。

  • (#9,#5)
  • (#9,b5)
  • (b9,b5)
  • (b9,#5)

上記4つのテンションのどれかが含まれるときに7altコードになります。

7altと表記する理由

7altと表記する理由は以下の3つです。

  1. コードネームを読みやすくするため
  2. 書くのを簡単にするため
  3. 演奏者にオルタードスケールを使ってもらうため

オルタードテンションが2つ入るコードネームはどうしても読みづらくなってしまいます。altと書くことで読みやすさと書きやすさを両立することができます。

1小節目はG7(#5,#9)、2小節目はG7altと表記した例
オルタードコードの表記例楽譜

 

作曲者がオルタードスケールをイメージして曲を書いた場合、G7(#5)とだけ表記すると、演奏者にとってはホールトーンスケールも選択肢に入ります。

しかし、G7altと表記しておけば、オルタードスケールの響きを意図していることが演奏者に伝わり、コードボイシングもオルタードスケールから選んでもらえます。

スポンサーリンク

7altのボイシング

7altではさまざまなボイシングが使われます。ここではよく使われる7(#5、#9)の6弦ルート、5弦ルートのフォームを紹介します。

6弦ルート

G7(#5,#9)4弦b7thのギターコードダイアグラム

#9を省略したフォームも使われます。

#9省略フォーム

G7(#5,#9)4弦b7thのギターコードダイアグラム

ルートに置き換えたフォーム

G7(#5,#9)4弦b7thのギターコードダイアグラム

5弦ルート

G7(#5,#9)4弦3rdのギターコードダイアグラム

#5を省略したフォーム

G7(#5,#9)4弦3rdの#5を省略したギターコードダイアグラム

6弦、5弦ルートのフォームとは別に、響き優先のストレッチフォームもあります。

ストレッチフォーム

G7(#5,#9)4弦3rdのギターコードダイアグラム


G7(#5,#9)4弦#9thのギターコードダイアグラム


G7(#5,#9)4弦3rd小指のギターコードダイアグラム


G7(#5,#9)4弦b7thのギターコードダイアグラム

コードフォームの覚え方

コードフォームはコード進行のコンピングとして覚えるのがおすすめです。好きな響きのフォームに厳選して使ってみてください。


Cマイナーキーの251コンピングトップの音Ab-Bb-Bb楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音C-Bb-G楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音Ab-G-F楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音F-E-D楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音D-Eb-F楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音F-Eb-D楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音D-Eb-Fハイポジション楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音Ab-Bb-C楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音C-Bb-Gハイポジション楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音F-F-F楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音D-Eb-D楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音F-Eb-Dストレッチフォーム楽譜


Cマイナーキーの251コンピングトップの音F-Eb-Dストレッチフォーム楽譜

ワンポイント

各コードのボイシングはトップの音でメロディを作るよう選びます。
上昇させる、下降させる、同音で続けるの3つが基本になります。

ドミナントコードで使える7つのスケール

ドミナントコードで使えるスケールの構成音を見比べておくと、コードネームについているテンションから最適なスケールを選ぶことができるようになります。

ドミナントコードでよく使われるスケールは以下の7つです。

ミクソリディアンスケール
Gミクソリディアンスケールの五線譜

 

リディアンドミナントスケール
Gリディアンドミナントスケールの五線譜

 

ミクソリディアンb13スケール
Gミクソリディアンb13スケールの五線譜

 

オルタードスケール
Gオルタードスケールの五線譜

 

ミクソリディアンb9,b13スケール
Gミクソリディアンb9,b13スケールの五線譜

 

ドミナントディミニッシュスケール
Gドミナントディミニッシュスケールの五線譜

 

ホールトーンスケール
Gホールトーンスケールの五線譜

 

7つのスケールをまとめると以下のようになります。

R b9 9 #9 3 11 #11/
b5
5 #5/
b13
13 b7
ミクソリディアン
リディアン♭7
ミクソリディアン♭13
オルタード
ミクソリディアン♭9,♭13
ドミナントディミニッシュ
ホールトーン
#11とb5の使い分け
スケールに5度の音が入っていれば#11、入っていなければb5になります。
#5とb13の使い分け
スケールに5度の音が入っていればb13、入っていなければ#5になります。

ドミナントコードのテンションから使えるスケールを見つける方法

ドミナントコードで使える7つのスケールの表を見れば、ドミナントコードに含まれるテンションによって使えるスケールを見つけることができます。
9thをテンションを含むドミナントコードで使えるスケール

13thをテンションを含むドミナントコードで使えるスケール

#9th、b9thをテンションを含むドミナントコードで使えるスケール

2小節目のb9thと#11thのテンションは、読みやすくするためDb/G(Gトライアドの上にDbトライアドが加わる)と表記されます。

3小節目も同様に、Ab/Gと表記されます。

オルタードテンションを含むドミナントコードで使えるスケール

1小節目はGトライアドの上にBbmトライアドが加わる表記のBbm/G。

2小節目は全て7altと表記されます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事