コラム

Night And Day年代順コード進行まとめ

Night And DayはCole Porterコール ポーターが1932年に作曲。ミュージカルGay Divorceのために書いた曲です。

構成はA-A-Bの48小節。コード進行はbVIMa7-V7と半音進行を使っているのが特徴です。各コード1小節ずつ進行していくのでアドリブ練習の題材にもおすすめです。

ここでは年代順にコード進行を書き出し、曲の魅力を探っていきます

さまざまなアーティストの音源を聴きながら、お気に入りのバージョンを見つけて演奏してみてください。ますますNight And Dayが好きになるはずです。

Fred Astaire 1932年

Night And Dayのオリジナルバージョン。Key=Ebメジャーはもっとも多く演奏されています。

Fred Astaireが歌うNight and Dayのコード進行

Django Reinhardt 1938年

Djangoは5回レコーディングしていますが、その中でもっとも古いのが1938年バージョン。[A]セクション最初のコードをm7(b5)にリハモしているのが特徴です。

Billie Holiday 1939年

イントロのMa7コードを使った4度進行はエンディングにもよく使われるアイデア。[A][B]は原曲に忠実なコード進行です。

Billie Holidayが歌うNight And Dayのコード進行

Frank Sinatra 1942年

シナトラは1977年までに5回レコーディングしていますが、その中でもっとも古い1942年バージョンです。イントロはE音をペダルにしてトップのトライアドを動かすアイデア。F#/AはA13(b9)と同じ響きです。

[B]の前半8小節は動きのあるコード進行にリハモ。セーニョ後はシンプルな進行に戻ります。

Fran Sinatraが歌うNight And Dayのコード進行

Bing Crosby 1944年

原曲に忠実なコード進行です。イントロはCMa7一発。エンディングはMa7の4度進行が出てきます。

Bing Crosbyが歌うNight And Dayのコード進行

Charlie Parker 1953年

テーマはKeyEbメジャーですが、ソロはKeyCメジャーに転調しています。ストリングスを使った贅沢なアレンジが施されていますが、コード進行は原曲に忠実です。

Charlie ParkerのNight And Dayコード進行ページ1
Charlie ParkerのNight And Dayコード進行ページ2

Ella Fitzgerald 1956年

Verseから歌っている珍しいバージョンですが、ここでは本編の0:40秒からを楽譜にしています。コード進行は原曲に忠実です。

Ella Fitzgeraldが歌うNight And Dayコード進行

Art Tatum 1955年

原曲に忠実なコード進行です。イントロは[A]セクション後半8小節を使っています。

Art TatumのNight And Dayコード進行1955年バージョン

1956年バージョン

アルバムThe Art Tatum – Ben Webster Quartetの6曲目に収録されているバージョン。1955年バージョンとはキーが変わっているだけです。

Art TatumのNight And Dayコード進行1956年バージョン

Tal Farlow 1958年

イントロはドミナントコードの5度進行。エンディングにも使われます。

[A]セクションでは最初の2小節をAbm7-Db7、Fm7-Bb7のII-Vにリハモしているのが特徴。Abm7はFm7(b5)をリハモしたものです。

Tal FarlowのNight And Dayコード進行

Bill Evans 1959年

[A]セクション1小節目をm7(b5)にリハモしている以外は原曲に忠実です。エンディングは半音上のMa7コードからIMa7へ解決するアイデア。どんな曲にも使える定番エンディングです。

Bill EvansのNight And Dayコード進行

Oscar Peterson 1959年

なんといっても[A]セクション3小節目のサイドスリッピングが特徴です。サイドスリッピングは半音上または下から目的のコードにアプローチする手法のこと。

OscarはEMa7に行って緊張感を高めてからDMa7-EbMa7とアプローチしています。

Oscar PetersonのNight And Dayコード進行

Stan Getz 1960年

Frank Sinatraのバージョンと同じく、トップのトライアドが動くペダルを使ったイントロです。エンディングにも使われています。

[A][B]のコード進行は原曲に忠実です。

Stan GetzのNight And Dayコード進行

Joe Pass 1964年

イントロのコード進行はIII-VI-II-V。コンピングはIIIとIIでm7(b5)を使っていますが、ジョーパスのアドリブがm7を想定したフレーズになっていたのでm7で記譜しています。

[A]前半8小節は半音で下降していくリハモ。これはテーマ部分のみでソロセクションはBMa7-Bb7-EbMa7になります。

Joe PassのNight And Dayコード進行

Joe Henderson 1966年

イントロはDリディアンとCリディアンの繰り返し。エンディングも同様です。

[A]では4、8、13、14小節目にII-Vのリハモ、[B]では13、14小節目にII-Vのリハモが使われています。

Joe HendersonのNight And Dayコード進行

この記事へのコメント