ジャズブルースでコンピングするための4つのステップ

コンピングをするために必要なことは次の4つです。

  1. コード進行の響きを覚える
  2. リズムのバリエーションを増やし表現の幅を広げる
  3. ジャズらしい音を加える
  4. トップの音でメロディを作る

ここではコードトーンを使ったシンプルなコンピングから順を追って練習法を紹介していきます。

    ジャズブルースのコード進行

    コンピング用カラオケ(BPM120)

    コンピング用カラオケ(BPM200)

    ジャズブルースのコード進行

    コンピング(comping)の語源は伴奏(accompany)で、ジャズではバッキングのことをコンピングと呼んでいます。

    3度と7度を弾いてみよう

    コード進行の響きを覚えるために効率的なのが、各コードの構成音(コードトーン)を弾くことです。

    とくにコードの性質を決める3度と7度の響きを覚えることは、コード進行の響きを覚えることにもつながります。

    ここでは6thポジション(6フレット周辺)で各コードの3度と7度を紹介します。

    Bbブルースで出てくるコードの3度と7度

    Bb7
    Bb73度と7度
    Eb7
    Eb73度と7度
    Fm7
    Fm73度と7度
    Edim7
    Edim73度と7度
    Dm7
    Dm73度と7度
    G7
    G73度と7度
    Cm7
    Cm73度と7度
    F7
    F73度と7度

     

    3度と7度を使ったコンピング

    3度と7度のコンピング例

    これが基本のコンピングです。ここから少しずつ発展させていきましょう。

    リズムを加えてみよう

    3度と7度の位置を把握したら、リズムに変化をつけてみましょう。ここでは以下3つのリズムを使います。

    リズム1

    よく使われるリズム1

    リズム2

    4分音符8分音符

    リズム3

    付点4分音符8分音符

    リズムを加えたコンピング

    コンピングではさまざまなリズムが使えるので、CDからコンピングのリズムだけをコピーするのもおすすめです。
    3度と7度のコンピングにリズムを加えた例

    テンションを加えてみよう

    ジャズブルースでは様々なテンションが使えます。各コードで使える代表的なテンションを覚えておきましょう。

    Bb7 追加可能なテンション=9th、13th
    Bb9 Bb9 Bb7(13) Bb13

    Eb7 追加可能なテンション=9th、#11th、13th
    Eb9 Eb9(#11) Eb9(13)

    Fm7 追加可能なテンション=9th、11th、13th
    Fm9 Fm11

    Bb7 追加可能なテンション=b9th、#9th、13th
    Bb9 Bb9 Bb13

    Edim7
    Edim7 Edim7

    Dm7 追加可能なテンション=9th、11th、13th
    Dm9 Dm7(11) Dm11

    G7 追加可能なテンション=b9th、#9th、#5th
    G7(b9) G7(b9) G7(b9#5) G7(#9#5)

    Cm7 追加可能なテンション=9th、11th、13th
    Cm9 Cm7(11) Cm11

    F7 追加可能なテンション=b9th、#9th、13th
    F7(b9) F7(#9) F7(b913) F7(#913)

    テンションを使ったコンピング

    テンションを加えたコンピング

     

    テンションを加えることで洗練された響きになるのが特徴です。

    次はテンションの入ったコードを音楽的に選ぶ方法を紹介します。

    トップの音を意識しよう

    テンションを加えたヴォイシングは多くあるので、どれを使えばいいか迷ってしまいます。

    そんなときにおすすめなのが、トップの音を意識する方法です。選び方は3つあります。

    1、継続させる
    2、下降させる
    3、上昇させる

    1~4小節目を例にそれぞれ弾いてみましょう。

    音を継続させるコンピング

    トップの音をソで継続

    音を下降させるコンピング

    トップの音を下降

    音を上昇させるコンピング

    トップの音を上昇

    1~3を別々に使うのではなく組み合わせて使うこともできます。

    次はリズムにも変化を加えてコンピングしてみましょう。

    トップの音を意識したコンピング

    トップの音を意識したコンピング譜面

    実際のコンピングではアドリブしている人の音を聞いて、いかに心地よくアドリブしてもらうか、を意識しながら演奏することが大切です。

    6thポジションに慣れてきたら、他のポジションやコードヴォイシングを覚えてさらに研究してみてください。

    コンピング例

    最後にBPM200でのコンピング例を紹介します。

    BPM=200でのコンピング例

    この記事へのコメント