The Science Of Rhythm Guitarのチャプター5では、ポール・ジャクソン・ジュニア流のリズムギターに欠かせない、コードトーンを意識した単音バッキングの練習方法が紹介されています。

ジャズでも重要なコードトーンをどのようにリズムギターに活かすのか、またポール・ジャクソン・ジュニアはどのように捉えているのか、その秘密がわかるレッスンです。

Am7コードでのバッキングアイデアがすべて学べるといっても過言ではありません。動画で演奏を確認しながら楽譜を追ってみてください。

コードトーンを使ったバッキングデモ演奏

チャプター5は単音バッキングのデモ演奏からはじまります。(このページの楽譜は全て16分のシャッフルです)

単音バッキングデモ演奏(0:00〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのコードトーンバッキングデモ演奏ページ1楽譜
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのコードトーンバッキングデモ演奏ページ2楽譜

Am7を使った実例

「僕の演奏スタイルに欠かせないのが、コードトーンの一部を使って演奏する方法だ」

動画ではAm7を例にしています。
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7のコードフォームと音名ダイアグラム

  • ルートのA
  • b3rdのC
  • 5thのE
  • b7thのG

「これらの音はAm7のバッキングで自由に使うことができる。」

Am7コードをストロークするだけの演奏(1:27〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7コードをストロークするだけの演奏楽譜

「もちろんこれでもダメってことはないけど、面白みに欠けているよね?」

そこでストロークの代わりにコードトーンを使って演奏していきます。

コードストローク例(1:56〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7コードをストロークするだけの演奏例2楽譜
Am7のコードフォームをストロークする代わりに2音だけ(b7thのGとルートのA)を使います。

Am7のGとルートのAを使ったバッキング(2:06〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くm7のGとルートのAを使った演奏楽譜

「次はb3rdのCを加えてみよう。」

Am7のb3rd・Cを加えたバッキング(2:38〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7のm3rd・Cを加えた演奏楽譜

「最後に5thのEを加えてみよう」

Am7のコードトーンを使ったバッキング(3:06〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7のコードトーンを使ったバッキング例楽譜

「こんな感じでコードトーンを使ってバッキングをするんだ。」

スポンサーリンク

インターバルを使った演奏例

コードトーンを単音で使うのに慣れてきたら、より演奏を面白くするためインターバル(複音)を使います。

「コードトーンの中から2音選んで複音にしていきます。」

3度(3:45〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える3度音程楽譜

4度(3:49〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える4度音程楽譜

オクターブ(3:53〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使えるオクターブ音程楽譜

6度(3:59〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える6度音程楽譜

6度ではコードトーンに対して半音下、全音下からアプローチしています。

「これらのインターバルをバッキングに取り入れてみよう。」

Am7で3度と4度を加えたバッキング例(4:17〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で3度と4度を加えた演奏例楽譜ページ1
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で3度と4度を加えた演奏例楽譜ページ2

インターバルに対して半音アプローチが随所で使われています。

6度とオクターブ(4:54〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える6度とオクターブ楽譜

Am7で6度とオクターブを加えたバッキング例(5:03〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で6度とオクターブを加えたバッキング例楽譜ページ1
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で6度とオクターブを加えたバッキング例楽譜ページ2

ドラムマシーンに合わせて弾いたバッキング(5:58〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのリズムギターまとめ演奏楽譜ページ1
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのリズムギターまとめ演奏楽譜ページ2
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのリズムギターまとめ演奏楽譜ページ3