The Science Of Rhythm Guitarのチャプター5では、ポール・ジャクソン・ジュニア流のリズムギターに欠かせない、コードトーンを意識した単音バッキングの練習方法が紹介されています。

ジャズでも重要なコードトーンをどのようにリズムギターに活かすのか、またポール・ジャクソン・ジュニアはどのように捉えているのか、その秘密がわかるレッスンです。

ここではAm7コードを例に、コードトーンを使ったバッキングアイデアが数多く学べます。動画で演奏を聴きながら楽譜を追ってみてください。

コードトーンを使ったバッキングデモ演奏

チャプター5は単音バッキングのデモ演奏からはじまります。(このページの楽譜は全て16分のシャッフルです)

単音バッキングデモ演奏(0:00〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのコードトーンバッキングデモ演奏ページ1楽譜
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのコードトーンバッキングデモ演奏ページ2楽譜

スポンサーリンク

Am7を使った実例

「僕の演奏スタイルに欠かせないのが、コードトーンの中から音を選んで弾く方法だ」

動画ではAm7を例にしています。
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7のコードフォームと音名ダイアグラム

  • ルートのA
  • b3rdのC
  • 5thのE
  • b7thのG

「これらの音はAm7のバッキングで自由に使うことができる。」

Am7コードをストロークするだけの演奏(1:27〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7コードをストロークするだけの演奏楽譜

「もちろんこれでもダメってことはないけど、面白みに欠けているよね?そこでストロークの代わりにコードトーンを使って演奏するんだ。」

コードストローク例(1:56〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7コードをストロークするだけの演奏例2楽譜
「まずは2音だけ(b7thのGとルートのA)を使ってみよう。」

Am7のGとルートのAを使ったバッキング(2:06〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くm7のGとルートのAを使った演奏楽譜

「次はb3rdのCを加えてみよう。」

Am7のb3rd・Cを加えたバッキング(2:38〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7のm3rd・Cを加えた演奏楽譜

「最後に5thのEを加えてみよう。」

Am7のコードトーンを使ったバッキング(3:06〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7のコードトーンを使ったバッキング例楽譜

「こんな感じでコードトーンを使ってバッキングをするんだ。」

スポンサーリンク

インターバルを使った演奏例

「コードトーンを単音で使うのに慣れてきたら、より演奏を面白くするためインターバル(複音)を使おう。コードトーンの中から2音選ぶとさまざまなインターバルができる。」

3度(3:45〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える3度音程楽譜

4度(3:49〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える4度音程楽譜

オクターブ(3:53〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使えるオクターブ音程楽譜

6度(3:59〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える6度音程楽譜

6度ではコードトーンの3rdとb7thに対して半音下、5thへは全音下からアプローチしています。

「これらのインターバルをバッキングに取り入れてみよう。」

Am7で3度と4度を加えたバッキング例(4:17〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で3度と4度を加えた演奏例楽譜ページ1
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で3度と4度を加えた演奏例楽譜ページ2

インターバルに対して半音や全音のアプローチが随所で見られます。

6度とオクターブ(4:54〜)
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で使える6度とオクターブ楽譜

Am7で6度とオクターブを加えたバッキング例(5:03〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で6度とオクターブを加えたバッキング例楽譜ページ1
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7で6度とオクターブを加えたバッキング例楽譜ページ2

ドラムマシーンに合わせて弾いたバッキング(5:58〜)

ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのリズムギターまとめ演奏楽譜ページ1
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのリズムギターまとめ演奏楽譜ページ2
ポールジャクソンジュニアが弾くAm7でのリズムギターまとめ演奏楽譜ページ3

次のチャプター6ではAm7以外で使うバッキング方法が学べます。

スポンサーリンク