「リトル・ソニー」はジャズピアニストのケニー・クラーク作曲。アルバム『Sonny Clark Quintets』の5曲目に収録されています。

リズムチェンジを元にしたフォームでBセクションのコード進行がアレンジされているのが特徴です。

アップテンポでキーはFメジャー。ここではテーマと3コーラスに及ぶケニー・バレルのアドリブをタブ譜付きギタースコアにしています。

YouTube検索リンク
https://www.youtube.com/results?search_query=sonny+clark+little+sonny

Amazonプライム会員ならプライムミュージックで聴くことができます。

前テーマ・メロディ

ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)前テーマ・メロディ楽譜ページ1
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)前テーマ・メロディ楽譜ページ2

前テーマ・メロディの特徴
AセクションはFペダル。Bセクションのコード進行はII-Vの連続になっています。
3小節目のメロディはD7-Gm7の王道リックです。

アドリブ・1コーラス目

ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・1コーラス目楽譜ページ1
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・1コーラス目楽譜ページ2
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・1コーラス目楽譜ページ3

アドリブ・1コーラス目
[D]6小節目〜8小節目はFブルーススケールを使ったフレージング。
[E]ではコード進行に合わせた王道のジャズリックを使っています。
スポンサーリンク

アドリブ・2コーラス目

ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・2コーラス目楽譜ページ1
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・2コーラス目楽譜ページ2

アドリブ・2コーラス目
[G]の入りはシンプルなモチーフを使ったアドリブ。以降Fメジャースケール中心のアドリブです。
[H]の入りは同じ音型を平行移動させたフレージングを使っています。

アドリブ・3コーラス目

ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・3コーラス目楽譜ページ1
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・3コーラス目楽譜ページ2
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)アドリブ・3コーラス目楽譜ページ3

アドリブ・3コーラス目
[J]9小節目からはプリングとハンマリングを使った上昇フレーズ。11、12小節目はケニー・バレルの手グセリックです。
[K]3小節目は王道のII-V-Iリック。
[L]の最後はFマイナーペンタトニックスケールのフレージングでソロを終えています。

後テーマ・メロディ

ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)後テーマ・メロディ楽譜ページ1
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)後テーマ・メロディ楽譜ページ2
ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)後テーマ・メロディ楽譜ページ3

後テーマ・メロディの特徴
前テーマと同じメロディにエンディングが加わり、FmM7コードで終わっています。

Bセクションのピアノのアドリブ

Bセクションはピアノのアドリブですが、コードに沿った王道のフレーズなので、ギターで弾くのもおすすめです。

前テーマBセクション

ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)前テーマ・メロディBセクションギターアレンジ楽譜
後テーマBセクション

ケニー・バレル「リトル・ソニー」(Little Sonny)後テーマ・メロディBセクションギターアレンジ楽譜

「リトル・ソニー」収録アルバム
『Sonny Clark Quintets』
1957-1958年録音
Sonny Clark - piano
Clifford Jordan - tenor saxophone (tracks 3-5)
Kenny Burrell - guitar (tracks 3-5)
Art Farmer - trumpet (tracks 1-2)
Jackie McLean - alto saxophone (tracks 1-2)
Paul Chambers - bass
Philly Joe Jones (tracks 1-2),Pete LaRoca (tracks 3-5) - drums

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事