ケニー・バレル「ローズルーム」はアルバム「ア・ジェネレーション・アゴー・トゥデイ」の5曲目に収録されています。

ギター、ベース、ドラムのトリオ編成ですが、ギターアドリブの後に、サックスのアドリブセクションがあります。

ギタートリオでのメロディの弾き方、サックスが入ったときのコンピングの仕方など、幅広く学べる曲です。

イントロ

ケニー・バレル「ローズルーム」イントロコピー譜タブ譜つき
コードソロを使ったイントロです。

各コードでの特徴
Ab:Ab6(9)のフォームをスライドで半音アプローチ
B7:ディミニッシュのフォームを使ったB7(b9)
Bbm7:Bbm9(11)-Bbm9-Bbm11とつなぐコードソロ。
Bbm9(11)はAb6(9)と同じフォームを使っているのも見逃せないポイントです。

前テーマ・メロディ

ケニー・バレル「ローズルーム」メロディ・コンピングコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」メロディ・コンピングコピー譜タブ譜つきページ2

コード進行の特徴
9小節目=Db-7にすることが多いですが、ケニー・バレルはDbのままで弾いています。
11小節目=ベースはCを弾いているので正確に書くとAb/C(またはC-7)ですが、アドリブパートではベースがAbを弾く箇所もあるので、見易さを優先してAbに統一しています。
スポンサーリンク

ギターアドリブ・ソロセクション

ケニー・バレル「ローズルーム」ギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルームギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ2
ケニー・バレル「ローズルームギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ3
ケニー・バレル「ローズルームギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ4

アドリブ・ソロの特徴
ソロの入りはAbマイナーペンタ+b5を使った王道フレーズです。
[E]セクション6小節目のコードソロはAb7をEbm7-Ab7にII-V化しています。
[F]セクション後半から6度音程を使ったフレージングが続きます。

サックスソロでのコンピング

ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロでのコンピングコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロでのコンピングコピー譜タブ譜つきページ2

コンピングの特徴
3度と7度を使ったヴォイシングから、半音アプローチや先取り(アンティシペーション)を多用しています。
Eb7ではDb/Ebを使ってサスフォーの響きを多く使っています。

サックスソロ後のアドリブ

ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロ後のアドリブコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロ後のアドリブコピー譜タブ譜つきページ2

アドリブの特徴
[I]セクションでは8小節、[J]セクションでは6小節にわたり、同じモチーフを使ってフレージングしています。

後テーマ・エンディング

ケニー・バレル「ローズルーム」後テーマ・エンディングコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」後テーマ・エンディングコピー譜タブ譜つきページ2
ケニー・バレル「ローズルーム」後テーマ・エンディングコピー譜タブ譜つきページ3

後テーマ・エンディングの特徴
前テーマ同様、ギタートリオでのメロディの弾き方のお手本です。
[L]8小節目からエンディングに向けて盛り上げ、9小節目はDb7を弾いています。
12小節目からのコード進行はエンディングでよく使われるII-V-I-VIです。
最後がフェードアウトになっているのも特徴です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事