ローズルームはアート・ヒックマン作曲のジャズスタンダード。ケニー・バレルはアルバム「ア・ジェネレーション・アゴー・トゥデイ」の5曲目で取り上げています。

ギター、ベース、ドラムのトリオ編成ですが、ケニー・バレルのアドリブ後にサックスのアドリブあり。ギタートリオでのメロディの弾き方や、フレージング、サックスが入ったときのコンピングの仕方など幅広く学べます。

YouTubeで公式音源が公開されているので、楽譜と合わせて聴いてみてください。

イントロ

ケニー・バレル「ローズルーム」イントロコピー譜タブ譜つき
コードソロを使ったイントロです。

各コードでの特徴
Ab:Ab6(9)のフォームをスライドで半音アプローチ
B7:ディミニッシュのフォームを使ったB7(b9)
Bbm7:Bbm9(11)-Bbm9-Bbm11とつなぐコードソロ。
Bbm9(11)はAb6(9)と同じフォームを使っているのも見逃せないポイントです。

前テーマ・メロディ

ケニー・バレル「ローズルーム」メロディ・コンピングコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」メロディ・コンピングコピー譜タブ譜つきページ2

コード進行の特徴
9小節目=Db-7にすることが多いですが、ケニー・バレルはDbのままで弾いています。
11小節目=ベースはCを弾いているので正確に書くとAb/C(またはC-7)ですが、アドリブパートではベースがAbを弾く箇所もあるので、見易さを優先してAbに統一しています。

ギターアドリブ・ソロセクション

ケニー・バレル「ローズルーム」ギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルームギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ2
ケニー・バレル「ローズルームギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ3
ケニー・バレル「ローズルームギターアドリブ・ソロセクションコピー譜タブ譜つきページ4

アドリブ・ソロの特徴
ソロの入りはAbマイナーペンタ+b5を使った王道フレーズです。
[E]セクション6小節目のコードソロはAb7をEbm7-Ab7にII-V化しています。
[F]セクション後半から6度音程を使ったフレージングが続きます。

サックスソロでのコンピング

ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロでのコンピングコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロでのコンピングコピー譜タブ譜つきページ2

コンピングの特徴
3度と7度を使ったヴォイシングから、半音アプローチや先取り(アンティシペーション)を多用しています。
Eb7ではDb/Ebを使ってサスフォーの響きを多く使っています。

サックスソロ後のアドリブ

ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロ後のアドリブコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」サックスソロ後のアドリブコピー譜タブ譜つきページ2

アドリブの特徴
[I]セクションでは8小節、[J]セクションでは6小節にわたり、同じモチーフを使ってフレージングしています。

後テーマ・エンディング

ケニー・バレル「ローズルーム」後テーマ・エンディングコピー譜タブ譜つきページ1
ケニー・バレル「ローズルーム」後テーマ・エンディングコピー譜タブ譜つきページ2
ケニー・バレル「ローズルーム」後テーマ・エンディングコピー譜タブ譜つきページ3

後テーマ・エンディングの特徴
前テーマ同様、ギタートリオでのメロディの弾き方のお手本です。
[L]8小節目からエンディングに向けて盛り上げ、9小節目はDb7を弾いています。
12小節目からのコード進行はエンディングでよく使われるII-V-I-VIです。
最後がフェードアウトになっているのも特徴です。

アルバム「A Generation Ago Today」

ケニー・バレルの演奏はもちろん、選曲も素晴らしいおすすめのアルバムです。

収録曲

  1. As Long as I Live" (Harold Arlen, Ted Koehler)
  2. Wholly Cats" (Benny Goodman)
  3. A Smooth One" (Goodman)
  4. I Surrender Dear" (Harry Barris, Gordon Clifford)
  5. If I Had You" (Jimmy Campbell, Reg Connelly, Ted Shapiro)
  6. Poor Butterfly" (John Golden, Raymond Hubbell)
  7. Stompin' at the Savoy" (Goodman, Andy Razaf, Edgar Sampson, Chick Webb)
  8. Rose Room" (Art Hickman, Harry Williams)

YouTubeで全曲公式にアップされているので、ぜひ聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=PZ43_i4Q2yw&list=OLAK5uy_l1AM18D5GSQldA8wMADDZI98DXR6R1bVI

『A Generation Ago Today』
発売日:1967年
Guitar - Kenny Burrell
Saxophone - Phil Woods
Bass - Ron Carter
Drums - Grady Tate