THE NEW REAL BOOK Vol.1に収録されているBから始まる曲のプレイリストです。

  1. Baby,I Love You
  2. Basin Street Blues
  3. Beautiful Love
  4. Bernie's Tune
  5. Bird Food (Coleman)
  6. Black Ice
  7. Black Narcissus
  8. Blame It On My Youth
  9. Blizzard Of Lies
  10. Blue Bossa
  11. Blue Daniel
  12. Blues Connotation
  13. Blues On The Corner
  14. Boogie Down
  15. Both Sides Of The Coin
  16. Bouncing With Bud
  17. Breakfast Wine
  18. Breakin' Away
  19. But Beautiful

YouTubeプレイリスト(YouTubeの公式または著作権処理済みのリンクに限定しています)

Spotyfyプレイリスト

入手可能な音源と別テイクを紹介していきます。

Baby,I Love You

1967年発売Aretha Franklinアレサ フランクリンのアルバム「Aretha Arrives」収録。作曲はRonny Shannonロニー シャノンです。

https://youtu.be/KvHBEQsHFAA

ギタリストではB.B.Kingが1997年にカバーしています。

https://youtu.be/pCLhCJSVroU

『Deuces Wild』

1997年録音
B.B. King

Basin Street Blues

作曲はSpencer Williamsスペンサー ウィリアムズ。最初の録音は1928年のルイ・アームストロング。このときはまだAセクションがありませんでした。

https://youtu.be/AwD_YfOnTEo

1931年発売のThe Charleston Chasersチャールストン チェイサーのバージョンでAセクションが追加されます。

https://youtu.be/Ax4LjaoCxr4

ギタリストは取り上げていませんが、キース・ジャレットのライブアルバム「At the Deer Head Inn(1992年)」の演奏はおすすめです。

『At the Deer Head Inn』

1992年録音
Keith Jarrett – piano
Gary Peacock - bass
Paul Motian - drums

Beautiful Love

作曲はWayne Kingウェイン キングVictor Youngヴィクター ヤングEgbert Van Alstyneエグバート バン アルスタインの3人。

1932年の映画The Mummyで使われました。このときのバージョンは4分の3拍子。

同年の映画Hotel Continentalで使われたバージョンも4分の3拍子(キーはEマイナー)。

1961年にビル・エヴァンスが4分の4拍子で演奏して以来、4分の4拍子が主流になりました。

ギタリストの名演

ギタリストの演奏はいくつかありますが、中でもジョン・アバークロンビーは4枚ものアルバムで演奏を残しています。プレイスタイルの変遷を聴くのも面白いです。

ジョン・アバークロンビー

https://youtu.be/g5UuP9t4080

『John Abercrombie / Marc Johnson / Peter Erskine』

1989年発売
John Abercrombie – guitar
Marc Johnson – bass
Peter Erskine – drums

1990年Ron McClureのアルバム

https://youtu.be/78vYNwB3zDQ

1993年アルバム「FareWell」

https://youtu.be/g5UuP9t4080

ジョー・べックとのデュオ

https://youtu.be/Rs773qSLqxI

ジム・ホール

https://youtu.be/BZmgxzW4TVI

『Power of Three』

1987年発売
Michel Petrucciani - piano
Jim Hall - guitar

アダム・ロジャース

https://youtu.be/N5FqsRHsRmo

『Sight』

2009年発売
Adam Rogers – Guitar
John Patitucci - bass
Clarence Penn - drums

ラリー・カールトン

Bernie's Tune

1952年Bernie Millerバーニー ミラー作曲。ギタリストのレコーディングは少ないですが、ピアニストLes McCannのアルバム「On Time」でジョー・パスの演奏が聴けます。

https://youtu.be/-k16DQm04qM

『On Time』

1962年録音
Les McCann - piano
Joe Pass - guitar
Leroy Vinnegar - bass
Ron Jefferson - drums

ギタリストYouTube動画

トミー・エマニュエルとマーティン・テイラー

アルバムバージョン

https://youtu.be/m29H_43BySo

『The Colonel and The Governor』

2013年発売
Tommy Emmanuel - guitar
Martin Taylor - guitar

Martijn van Iterson

Bird Food (Coleman)

1960年発売Ornette Colemanオーネット コールマンのアルバム「Change of the Century」5曲めに収録。リズムチェンジのコード進行をもとにした曲です。

『Change of the Century』

1959年録音
Ornette Coleman — alto saxophone
Don Cherry — pocket trumpet
Charlie Haden — bass
Billy Higgins — drums

個人的に好きなのがCharlie Hadenチャーリー ヘイデンンのアルバムAmerican Dreams(2002年発売)に収録されているバージョン。

発売当時はなぜ取り上げたのか分からなかったのですが、チャーリー・ヘイデンンがオリジナルのレコーディングメンバーと知って納得しました。

『American Dreams』

2002年録音
Charlie Haden — bass
Michael Brecker — tenor saxophone
Brad Mehldau — piano
Brian Blade — drums

The Dave Liebman Groupのアルバム「Turnaround」ではギタリストVic Jurisの演奏が聴けます。

https://youtu.be/EgacxD1gH-c

『Turnaround』

2010年発売
David Liebman — saxophone
Vic Juris — guitar
Tony Marino — bass
Marko Marcinko — drums

Black Ice

キーボーディストJeff LorberのアルバムSoft Space(1978年発売)に収録。残念ながら廃盤ですが、2010年発売のリメイクアルバムに収録されています。

https://youtu.be/Lur-l9a8q-4

『Now Is the Time』

2010年発売
Jeff Lorber – Fender Rhodes, Keyboards, Moog Synthesizer, Synthesizer, Voices

Black Narcissus

作曲はJoe Henderson。初演は1969年発売のアルバムPower to the Peopleです。

『Power to the People』1969年発売
Joe Henderson — tenor saxophone
Mike Lawrence — trumpet (2, 5)
Herbie Hancock — piano
Ron Carter — bass
Jack DeJohnette — drums

ギタリストではJesse Van RullerがアルバムPhantom (The Music of Joe Henderson)で取り上げています。

『Phantom』

2015年発売
ジェシ・ヴァン・ルーラー (g)
クレメンス・ヴァン・デル・フィーン (b)
ヨースト・ヴァン・サイク (ds)

Blame It on My Youth

1934年、Oscar Levant作曲。ギタリストのアルバムでは取り上げられていませんが、YouTubeでMichael Valeanuが演奏しています。

Michael Valeanu(キー=Bb)

Blizzard Of Lies

Dave Frishbergデイブ フリッシュバーグ作曲。ボーカリストのカバーはありますが、楽器奏者メインのカバーはありません。

『Dave Frishberg Classics』

1991年発売
Piano, Vocals – Dave Frishberg
Bass – Steve Gilmore
Drums – Bill Goodwin

Blue Bossa

ジョー・ヘンダーソンのデビューアルバム「Page One」(1963年)に収録。作曲はトランペット奏者のKenny Dorham。覚えやすいコード進行とII-V-Iの連結が出てくることからジャズアドリブの入門曲としても有名です。

『Page One』
1991年発売
Joe Henderson – tenor saxophone
Kenny Dorham – trumpet
McCoy Tyner – piano
Butch Warren – bass
Pete La Roca – drums

パット・マルティーノ

https://youtu.be/a1uN8027oP0

『Exit』

1977年発売
Pat Martino - guitar
Gil Goldstein - piano
Richard Davis - bass
Jabali Billy Hart - drums

ジョー・パス

https://youtu.be/CWPFfLNaxxE

『The Big 3』

1975年発売
Milt Jackson – vibes
Joe Pass - guitar
Ray Brown - bass

ジョージ・ベンソン

https://youtu.be/JRg-LwiAysU
1973年のライブ演奏を、Jazz on a Sunday Afternoon Vol. IIというアルバム名で1983年に発売。その後リイシュー版が多くでていますが、現在入手可能なアルバムは「Blue Bossa」となっています。

『Blue Bossa』

1973年録音
Guitar – George Benson
Piano – Mickey Tucker
Bass – George Duvivier
Drums – Al Harewood

ピーターバーンスタイン

https://youtu.be/FxQbzZANIbE

『Birdseed』1992年録音・発売
Lou Donaldson - alto saxophone
David Braham - organ
Peter Bernstein - guitar
田井中 福司 - drums
Ralph Dorsey - congas

Blue Daniel

作曲はトロンボーン奏者のFrank Rosolino。キャノンボール・アダレイの演奏が有名ですが、Frank Rosolino本人の演奏もライブアルバム「Frank Talks!」で聴けます。

https://youtu.be/WOqHXy1xL2I

『Frank Talks!』

1998年発売
Frank Rosolino - trombone
Thomas Clausen - Piano
Bo Stief - bass
Bjarne Rostvold - Drum

ギタリストのバージョン

Russell Maloneラッセル マローン

https://youtu.be/5wEEfnnE4Ow

『Live at Jazz Standard, Vol. 1』

2006年発売
Russell Malone - guitar
Martin Bejerano - piano
Tassili Bond - bass
Johnathan Blake - Drum

Beat Baumli

https://youtu.be/YBCJGVLHq74

『First Call』

2013年録音・発売
Beat Baumli guitar
Jürg Morgenthaler sax
Giorgos Antoniou bass

Blues Connotation

1960年に発売されたオーネット・コールマンのアルバム「This Is Our Music」収録。作曲もオーネット・コールマンです。ギタリストではJohn Abercrombieジョン アバークロンビーとロベン・フォードがCDに残しています。

ジョン アバークロンビー

『Within a Song』

2012年発売
John Abercrombie – guitar
Joe Lovano – tenor saxophone
Drew Gress – double bass
Joey Baron – drums

https://youtu.be/LsciSpsPWwA

『Speak To Me』

2011年発売
John Abercrombie - guitar
Marc Copland - piano

ロベン・フォード

https://youtu.be/btAG5HMLaWM

『City Life』

2006年発売
Guitar – Bill Frisell, Robben Ford
Alto Sax – Kenny Garrett
Bass – Anthony Cox, Charlie Haden
Drums, Synthesizer – Jerry Granelli

Julian Lage

Blues On The Corner

マッコイ・タイナー作曲。1967年発売の「The Real McCoy」に収録されています。

『Real Mccoy』

1967年発売
McCoy Tyner - piano
Joe Henderson - tenor saxophone
Ron Carter - bass
Elvin Jones - drums

ジョン・スコフィールド

『Guitars』

2008年発売
McCoy Tyner – piano
Bill Frisell – guitar (tracks 12, 13, 14)
Marc Ribot – guitar (tracks 1, 2, 3, 6)
John Scofield – guitar (tracks 4, 5)
Derek Trucks – guitar (tracks 10, 11)
Béla Fleck – banjo (tracks 7, 8, 9)
Ron Carter – double bass
Jack DeJohnette – drums

カート・ローゼンウィンケル

ジョン・アバークロンビー

https://youtu.be/fyy4ZP8c4VU

『Ease On』

1992年発売
Guitar – John Abercrombie
Organ – Jeff Palmer
Drums – Victor Lewis
Sax - Arthur Blythe

Peter Leitch

https://youtu.be/vNnHu8DOm7w

『BLUES ON THE CORNER』

1999年発売
Guitar – Peter Leitch
Piano – Renee Rosnes (1, 2, 4, 6, 7, 10)
Alto Saxophone – Bobby Watson (1, 2, 4, 7, 8, 10)
Soprano Saxophone – Bobby Watson (6)
Voice – Kendra Shank (tracks: 1, 2, 4, 7, 10)
Bass – Dwayne Burno (1 to 7, 9, 10)
Drums – Billy Hart (1 to 7, 9, 10)

Boogie Down

Al Jarreauの1983年のアルバム「Jarreau」収録。YouTubeではMVも見ることができます。
https://youtu.be/eL8vHOAp9E8

『Jarreau』

1983年発売
Al Jarreau

THE NEW REAL BOOKではピアノパート、ベースパート、ホーンセクションパートも記譜されています。

Both Sides Of The Coin

Steps Aheadの1983年のアルバム「Steps Ahead」に収録。作曲はマイケル・ブレッカーです。

『Steps Ahead』1983年発売
Michael Brecker – saxophone
Mike Mainieri – vibraphone
Eliane Elias – piano
Eddie Gómez – bass
Peter Erskine – drums

Bouncing With Bud

Bud PowellとGil Fullerの共作。1946年にBebop in Pastelとして録音されたのが初演。

https://youtu.be/0Xr2c0tLALw

THE REAL BOOKに載っているのは、1949年にBud PowellがBouncing With Budとして再録音したバージョンです。

Breakfast Wine

作曲はトロンボーン奏者のRandy Aldcroftランディ アルドクロフト。本人の音源は見つかりませんでした。THE NEW REAL BOOKに載っているのは1985年発売のBobby Shew Quartetのアルバム「Breakfast Wine」。CD化されずLPのみ。配信もされていない入手困難なバージョンです。

『Breakfast Wine』

1985年発売
Trumpet – Bobby Shew
Piano – 小曽根 真
Bass – John Patitucci
Drums – Sherman Ferguson

Breakin' Away

アル・ジャロウが1981年に発売したアルバム「Breakin' Away」収録。作曲はキーボーディストのTom Canning、ギタリストのJay Graydonジェイ グレイドン、アル・ジャロウの共作です。

『Breakin' Away』

1981年発売
Al Jarreau

But Beautiful

Jimmy Van Heusenジミー ヴァン ヒューゼン作曲。1947年にBing Crosbyがミュージカルコメディ映画「Road to Rio」で歌ったバージョン(キー=Dbメジャー)が初演です。THE NEW REAL BOOKに載っているバージョンとはコード進行が違います。

https://youtu.be/ZIuNeT1FPdU

Bing Crosbyが歌うBut Beautifulのコード進行
Bing Crosbyが歌うBut Beautifulのコード進行楽譜

ジョー・パスのバージョン(キー=Aメジャー)

ジョー・パスのバージョンはキーが違うだけで、THE NEW REAL BOOKに載っているのとほぼ同じコード進行です。

https://youtu.be/WsiD7j_ztQ8

『Catch Me』1963年発売
Joe Pass – guitar
Clare Fischer – piano, organ
Ralph Peña – double bass
Albert Stinson – double bass
Colin Bailey – drums
Larry Bunker – drums

マイク・モレノのバージョン(キー=Gメジャー)

マイク・モレノのバージョンはTHE NEW REAL BOOKに載っているバージョンとキーが同じですが、コード進行がリハモされています。

https://youtu.be/xu8qjibynTg

Mike Morenoのコード進行
Mike MorenoアレンジBut Beautifulのコード進行楽譜

『First In Mind』

2011年発売
Mike Moreno (G)
Aaron Parks (P / Fender Rhodes)
Matt Brewer (B)
Kendrick Scott (D)

THE NEW REAL BOOK Vol.1

日本では中央アート出版やATNが販売(値段は約9千円)していましたが、現在は販売中止。海外直輸入販のみAmazonのマーケットプレイスで販売されています。

『The New Real Book, Volume 1』

1988年発売
SHER MUSIC CO

Sher MusicのウェブサイトではPDF版が26$で販売されています。
https://www.shermusic.com/new/0961470143-de.shtml

コメントを残す