ソルフェージュは音符を、Do・Re・Mi・Fa・Sol・La・Ti・Do(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・ティ・ド)で読む方法のことです。

ドレミファソラティドは馴染みのある読み方なので、スタンダードをソルフェージュできるようになると、メロディも覚えやすくなります。

ここでは各スケールのソルフェージュとジャズスタンダードでのソルフェージュを紹介していきます。

ソルフェージュの基本

Cメジャースケールをソルフェージュしていみましょう。

Cメジャースケール
CMajorscale

これを基本にして、音にbがつくときは語尾をeにして読みます。(例外としてReは語尾をaにします)

Cフリジアンスケール
Cphrygianscale

音に#がつくときは語尾をiにします。

Cリディアンスケール
CLydianscale

移動ドとは

移動ドは、Keyが変わるとそのKeyのルート音をドとして読む方法です。

Gメジャースケール
GMajorscale

キーGの場合はG音をルートにして「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・ティ・ド」と読みます。つまり、KeyがAになれば、Aを「ド」。KeyがBになればBを「ド」と読みます。曲中で転調する場合も同様に転調した音を「ド」と読み直してソルフェージュしていきます。

スポンサーリンク

メジャースケールとモード

各スケールを音源に合わせてソルフェージュしてみてくださ。

Cメジャースケール

Cメジャースケール

Cドリアンスケール

Cドリアンスケール

Cフリジアンスケール

Cフリジアンスケール

Cリディアンスケール

Cリディアンスケール

Cミクソリディアンスケール

Cミクソリディアンスケール

Cエオリアンスケール

Cエオリアンスケール

Cロクリアンスケール

Cロクリアンスケール

メロディックマイナースケールとモード

ジャズでよく使われるメロディックマイナースケールとそのモードのソルフェージュです。

Cメロディックマイナースケール

Cメロディックマイナースケール

Cオルタードスケール

Cオルタードスケール

Cロクリアン2スケール

Cロクリアン♯2スケール

Cリディアンb7スケール

Cリディアンb7スケール

クロマチックスケール

クロマティックスケールは全ての音が入っているので、毎日の練習におすすめのスケールです。

Cクロマチックスケール

上行「ド・ディ・レ・リ・ミ・ファ・フィ・ソ・シ・ラ・リ・ティ・ド」
クロマチックスケール上行

下行「ド・ティ・テ・ラ・レ・ソ・セ・ファ・ミ・メ・レ・ラ・ド」
クロマチックスケール上行

Cキーで練習してきましたが、他のキーでソルフェージュを練習するもの効果的です。

スタンダード曲でのソルフェージュ

CDを流しながらメロディーを一緒に歌うことも良い練習になります。ここではパブリックドメインのスタンダードでの実例を紹介しますが、好きな曲のソルフェージュもぜひ試してみてください。

Jerome Kern作曲のThe Way You Look Tonight

Jerome Kern The Way You Look Tonight

George Gershwin作曲のBut Not For Me

Harry James But Not For Me

Dexter Gordon バージョン

Dexter Gordon But Not For Me

Miles Davis バージョン

Miles Davis But Not For Me

Richard A. Whiting作曲のMy Ideal

Harry James But Not For Me

Clifford Brown作曲のSandu

Sandu

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事