最近 ジャズに興味を持ち、ジャズを弾くにあたっていろいろ調べた結果、好きなアーティストのスタンダードアルバムをコピーするのが良いという結論に至りました。

そこで耳コピーということになるのですが スタンダード曲集の譜面は買ったほうがよいでしょうか?

それと 初心者向けでオススメの教則本を教えていただければ幸いです。

買っておいたほうがよいです

ジャズスタンダードのコード進行は慣れてくるとコピーできるようになりますが、それまではコピーするのが大変なので、1冊もっておくと便利です。

おすすめは、Sher MusicのThe New Real Bookシリーズ。国内で販売しているものは値段が高いですが、Sher MusicのサイトではPDF版を26ドルで購入することができます。

The New Real Book Vo1
https://www.shermusic.com/new/0961470143-de.shtml

The New Real Bookは精度が高いので、自分でコピーしたコード進行が合っているかの確認にも活用できます。

演奏したい曲が収録されていれば、買っておいて損はないと思います。

初心者向けの教則本

初心者向けでおすすめなのはCDが付いているものです。

音源の演奏を聴いて、「こんな風に弾けるようになりたい」と思える教則本を買うことが上達の近道になります。

実践重視、ジャズ入門におすすめ

究極のセッション マイクスターン 模範演奏&プレイ・アロング


7つのスタイルの楽曲をマイクスターンの模範演奏とタブ譜で楽しめる本。
7曲のカラオケとリードシートがついているので、自分流にアレンジして演奏することも可能です。
作曲はベースのジョン・パティトゥッチとドラムのデイブ・ウェックル。
ロックからジャズに興味が出てきたときにおすすめです。
ただし演奏分析などの教則要素はありません。

 

基礎からじっくり取り組みたいときにおすすめ

コンプリートジャズギターメソッド ビギニング 模範演奏CD付

全4巻からなる教則本です。
それぞれテーマ別になっていて、1巻はトライアドコードからはじまり、メジャースケールネック上の配置、初級理論など基礎的なことが学べます。

 

読譜のトレーニングにもおすすめ

ジャズ・コンセプション/スタディ・ガイド ギター

ジャズスタンダードのコード進行を使ったソロを五線譜を見ながら弾いて楽しむ本。
16分音符がほとんど出てこないので、五線譜を読む練習に最適です。
模範演奏CD付きなので、耳から覚えることもできます。

インターミディエイト・ジャズ・コンセプション/スタディ・ガイド ギター

ジャズ・コンセプション/スタディ・ガイド ギターを初心者向けにした本。
こちらもCD付きですが、タブ譜がついていないので読譜の練習におすすめです。

 

リックを増やしたいときにおすすめ

シングルラインの演奏を極める ジャズギター ライン&フレーズ

GITで習っていたSid Jacobsの教則本。
理論的な話は後回しにして、とにかくフレーズを弾いて覚えていきます。
ビバップの基本フレーズからコンテンポラリーなフレーズまで網羅されています。

 

読み物としておすすめ

偉大なるジャズメンとの対話 22人のジャズメンが語る、ジャズの真実22話

ジャズアーティスト22人のインタビューがまとめられている本。練習の息抜きに最適です。
ギタリストではパットメセニー、ジョージベンソン、ジムホール、ジョンスコフィールド、マイクスターンのインタビューが読めます。

 

すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話

6人のジャズ・ジャイアントを取り上げ、その時代背景や音使いに焦点をあてて解説してる本。
YouTube動画と連動しているので、本を読みながら動画でも確認できます。
ギタリストは出てきませんが、ジャズをより深く知ることができる一冊です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事