ジャズフレーズ

Romain Pilon流メジャートライアドを使ったMa7リック

Romain Pilonロメイン ピロンのYouTubeチャンネルで公開されたジャズギターミニレッスン第2回。メジャートライアドを使ったコンテンポラリーな響きのCMa7リックです。

ここではMa7で使えるトライアドを掘り下げて、コンテンポラリーな響きの肝とは何かを見ていきます。

バッキングのボイシングはR-3-7

バッキングは5弦ルートの3音ボイシング。リズムパターンもシンプルです。

CMa7のバッキング

D、E、Bトライアドを使ったリック

CMa7でトライアドを使ったリック

1小節目の3拍目、3小節目の3拍目にそれぞれクロマチックを入れているのも見逃せません。

Romainが使ったトライアドがCMa7に対して何度の音なのかは以下の通り。

トライアド構成音CMa7に対する度数
DD-F#-A9、#11、6
EE-G#-B3、#5、7
BB-D#-F#7、#9、#11

#5、#9といったメジャースケールに含まれない音が特徴的です。

コンテンポラリーな響きはアウトが肝

コンテンポラリーな響き出すにはズバリ、アウトする音を含んだトラアドを使うことです。CメジャースケールはC-D-E-E-F-G-A-Bの7音。これ以外のC#(Db)、D#(Eb)、F#(Gb)、G#(Ab)、A#(Bb)を含んだトライアドを使うとコンテンポラリーな響きになります。

各音からどんなメジャートライアドが作れるか調べてみましょう。

C#(Db)を含んだメジャートライアド

トライアド構成音CMa7に対する度数
C#C#-E#-G#b9、11、#5
AA-C#-E6、b9、3
F#F#-A#-C##11、b7、b9、

D#(Eb)を含んだメジャートライアド

トライアド構成音CMa7に対する度数
D#D#-G-A##9、5、b7
BB-D#-F#7、#9、#11
G#G#-C-D##5、R。#9

F#(Gb)を含んだメジャートライアド

トライアド構成音CMa7に対する度数
F#F#-A#-C##11、b7、b9
DD-F#-A9、#11、6
BB-D#-F#7、#9、#11

G#(Ab)を含んだメジャートライアド

トライアド構成音CMa7に対する度数
G#G#-B#-D##5、R、#9
EE-G#-B3、#5、7
C#C#-E#-G#b9、11、#5

A#(Bb)を含んだメジャートライアド

トライアド構成音CMa7に対する度数
A#A#-D-E#b7、9、11
F#F#-A#-C#11、b7、R
D#D#-G-A##9、5、b7

重複を除くと、CMa7で使えるコンテンポラリーな響きのメジャートライアドは以下8つです。

  • C#
  • D
  • D#
  • E
  • F#
  • G#
  • A
  • B

これらを自由に組み合わせるだけでコンテンポラリーなリックになります。

トライアドを使ったリック例

アウト音を含んだトライアドは簡単にコンテンポラリーな響きになります。いろいろ試してオリジナルリック作りに挑戦してみてください。

この記事へのコメント