ジャズフレーズ

Romain Pilon流オルタードスケールをトライアドで弾くアイデア

Romain Pilonロメイン ピロンのYouTubeチャンネルで公開されたジャズギターミニレッスン第1回。オルタードスケールの新たな可能性を探る興味深い内容でした。

従来のビバップの響きから抜け出し、コンテンポラリーな響きにするトライアドの活用例。思わず今日から使いたくなります。

本人のサイトから直筆のPDFを購入可能。第1回は無料でもダウンロードできるので、この機会に入手してみてください。

Jazz Guitar Mini Lessons
{en} Mini lessons are very short videos i do for youtube and instagram. The concept is simple :  I p...

E7-Am7のバッキングアイデア

バッキングで使っているボイシングもコンテンポラリーな響きです。

E7-Am7のバッキングアイデア楽譜

E7のボイシング

E7(#5)

E7(#5)ギターコードダイアグラム

E7(#9)

E7(#9)ギターコードダイアグラム

E7(#5,#9)

E7(#5,#9)ギターコードダイアグラム

Am7のボイシング

Am7(11)

Am6(9)

マイナーキーのトニックコードであえて6thを使ってドリアンの雰囲気を出しているのが特徴的です。

Eオルタードリック

E7-Am7で使えるリック楽譜

Fm、Gm、C、Bbのトライアドが使われています。2小節目2拍目でクロマチックを使っているの見逃せません。

Eオルタードスケールからできるトライアド

Eオルタードスケールの各音から3度積みしてトライアドを作ってみましょう。

Eオルタードスケール

Eオルタードスケールの楽譜

トライアド一覧

ルート3度5度トライアド
EGA#(Bb)Edim
EG#B#Eaug
FG#(Ab)B#(C)Fm
GA#(Bb)DGm
G#B#EG#aug
A#(Bb)DFA#(Bb)
B#(C)EGC
B#(C)EG#Caug

出来上がった8つのトライアドを自由に組み合わせて、オルタードリックを作ることができます。どの組み合わせもコンテンポラリーな響きになるので、ぜひオリジナルリックを作ってみてください。

この記事へのコメント