スコット・ヘンダーソン、スティーヴ・スミス、ヴィクター・ウッテンのトリオアルバム「Vital Tech Tones」の8曲目に収録されているGiant Stepsをタブ譜付きギタースコアにしました。

付点4分+8分のリズムを主体としたメロディアレンジ、独特のモチーフで発展させていくアドリブが特徴です。

ソリッドギターを使っているのでハイポジションが多く出てきますが、セミアコやフルアコ にも十分応用が効くプレイを満喫できます。

ヴィクター・ウッテン本人のYouTubeチャンネルに音源が公開されているので、楽譜と合わせながら聴いてみてください。

Vital Tech Tones
Vital Tech Tones
1998年6月発売
Scott Henderson: Guitar
Victor Wooten: Bass
Steve Smith: Drums

イントロ〜前テーマメロディ

イントロはベースのみのメロディ。[A]からギター、ドラムが入ります。ギターは半音下げチューニングです。

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」メロディ前テーマタブ譜付きギタースコア楽譜

前テーマメロディの特徴
2〜6小節目、9〜11小節目が付点4分+8分を使ったリズムになっています。
コードフォームはドロップ2を中心にしたシンプルなボイシングです。
スポンサーリンク

アドリブパート

スコットヘンダーソンのアドリブはベースソロの後からはじまります。ベースソロは4コーラス。1、2コーラス目はスラップを中心としたプレイ。4コーラス目は大胆なリズム遊びをしています。残念ながらギターのコンピングはありません。

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ1コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ2コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ2コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ3コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ3コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ4コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ4コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ5コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ5コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ6コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ6コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ7コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ7コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ8コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ8コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

アドリブ9コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ9コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

スポンサーリンク

ドラムソロ〜ギター2ndソロ

ギターソロ終わりからドラムソロ。ドラムソロ終わりから2回目のギターアドリブが始まります。

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ9コーラス目2ページ目のタブ譜付きギタースコア楽譜

2回目のアドリブ1コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ10コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

2回目のアドリブ2コーラス目

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」アドリブ11コーラス目タブ譜付きギタースコア楽譜

後テーマメロディ〜エンディング

後テーマ1回目は前テーマと違うリズムで弾いています。2回目は前テーマと同じリズム。そこからエンディングです。

スコットヘンダーソンの「Giant Steps」メロディ後ろテーマタブ譜付きギタースコア楽譜ページ1
スコットヘンダーソンの「Giant Steps」メロディ後ろテーマタブ譜付きギタースコア楽譜ページ2
スコットヘンダーソンの「Giant Steps」メロディ後ろテーマタブ譜付きギタースコア楽譜ページ3

補足:メロディアレンジについてのコメント

スコット・ヘンダーソンのフォーラムでGiant Stepsのメロディアレンジについての本人コメントがあります。

It's in 4/4. It wasn't really arranged, it was improvised. I just rolled tape and played the head five or six times, improvising different rhythms each time. We picked the one we liked the best and learned it.

 

毎回違うリズムを使ったメロディを5、6回即興で弾いて、その中から気に入ったテイクを1つ選んで録音したんだ。

Vimeoで公開されている動画でも違うリズムのメロディが楽しめます。

スポンサーリンク