チュニジアの夜はEb7-Dm7(bII7-Im7)の連続の特徴のある曲です。

Dマイナーペンタ一発で弾けるため、マイナーペンタをジャズらしく使う方法を研究するのに最適。また、1コーラスが48小節と長いので、アドリブの組み立て方の練習にも効果的です。

ここではリアルブックに載っているコード進行をもとに分析とアドリブ例を紹介していきます。

チュニジアの夜コード進行


チュニジアの夜コード進行楽譜
コード進行分析の目的は各コードの機能を理解し、使えるスケールを見つけ出すことです。

分析していく順番はいくつかありますが、このサイトでは以下4つの順番で紹介していきます。

  1. 曲のキーを調べる
  2. 各コードの機能を調べる
  3. 使えるスケールを見つけ出す
  4. アドリブで実際に使ってみる
スポンサーリンク

チュニジアの夜のキー

キーは調号と終わりのコードを見ることで判断することができます。

チュニジアの夜のキー楽譜
Nardisの調号はフラットが1つ付いているので、キーはFメジャーかDマイナーになります。

曲の最後を見ると1小節目でFMaj7に解決しているのでキーFメジャーのように見えますが、3、4小節目でDm7へ向かうII-Vが入っているので、ここではDマイナーキーが最適です。
チュニジアの夜最後の4小節楽譜

マイナーキーの場合、ナチュラルマイナーとハーモニックマイナー、メロディックマイナーからできるコードをローマ数字で覚えておくと、コード進行分析に役立ちます。

Dマイナースケールから作られるコード
Dマイナースケールから作られるコード楽譜

 

Dハーモニックマイナースケールから作られるコード
Dハーモニックマイナースケールから作られるコード楽譜

 

Dメロディックマイナースケールから作られるコード
Dメロディックマイナースケールから作られるコード楽譜

スポンサーリンク

Eb7の役割

チュニジアの夜で特徴的なEb7ーDm7のコード進行。

ここで出てくるEb7はA7の代理コードです。

チュニジアの夜Eb7とA7の関係楽譜

Eb7の3度とb7度はソとレb(ド#)。A7の3度と7度はド#とソ。

このように同じ3度とb7度をもっているドミナントコードは代理することができます。

この関係を裏コードと呼びます。

Eb7の裏コードはA7。

A7の裏コードはEb7 になります。

II-V-Iを調べる

キー以外のコードが多く使われている曲は、II-VやV-Iを探し転調箇所を見つけておきます。

II-Vには下受け皿。V-Iには矢印を使います。裏コードが使われているV-Iは点線を使います。 チュニジアの夜コード進行251箇所楽譜

[C]セクションのGmMaj7はIIm7/bIIIのm7がMaj7に変化したものと解釈しています。

これを踏まえて曲全体を機能別(ローマ数字=度数)に置き換えましょう。

コード進行分析

チュニジアの夜コード進行分析楽譜

bII7はSUBV7(V7の代理)と表記することもできます。

各コード使えるスケール

チュニジアの夜各コードで使えるスケール楽譜

スケールの選択肢は1つではないですが、まずは基本となるスケールの響きを覚えておくことが大切です。

度数別の使えるスケールは「コード進行から使えるスケールを見つけ出す3つの方法」のページで紹介しています。

チュニジアの夜アドリブ例

Dマイナーペンタトニックスケールを中心にII-V-Iリックとコードトーンを使ったアドリブ例を音源にしたので参考にしてみてください。

アドリブで大切なことは歌わせることです。常に頭の中で鳴っている音を弾くのを心がけて練習してみてください。

チュニジアの夜アドリブ例ページ1楽譜
チュニジアの夜アドリブ例ページ2楽譜
チュニジアの夜アドリブ例ページ3楽譜
チュニジアの夜アドリブ例ページ4楽譜
チュニジアの夜アドリブ例ページ5楽譜
チュニジアの夜アドリブ例ページ6楽譜
チュニジアの夜アドリブ例ページ7楽譜

ギタリストのおすすめ音源

チュニジアの夜を取り上げているジャズギタリストのアルバムと動画一覧です。

アンドレアス・オーバーグ

軽快なテンポでの絶妙なアドリブが聴けます。

『Young Jazz Guitarist』

発売日:2005年
Andreas Öberg – guitar
Marian Petrescu - piano
Jorgen Smeby – double bass
Robert Ikiz – drums

Peter Almqvist

スローテンポでのギターデュオ演奏です。

『My Sound』

発売日:2001年
Peter Almqvist – guitar

 

アルブ・ギャリソン

アドリブはBセクションのみですが、おそらくジャズギタリストの最古のレコーディングです。

『JAZZBEST Charlie Parker』
発売日:1946年
Guitar – Arvin Garrison
Alto Saxophone – Charlie Parker
Bass – Vic McMillan
Drums – Roy Porter
Piano – Dodo Marmarosa
Tenor Saxophone – Lucky Thompson
Trumpet – Miles Davis

ビリー・バウアー

ドラムレス編成での演奏。ジプシージャズスタイルのフレージングが学べます。

『A Night in Tunisia』

発売日:1947年
Guitar – Bill Bauer
Piano – Lennie Tristano
Bass – Bob Leininger

ルネ・トーマ

ベルギー出身のギタリスト。マイナーペンタトニックスケールを基本にしたフレージングが学べます。

『Guitar Genius』
発売日:1956年
Guitar – Rene Thomas
Serge "Bib" Monville – tenor saxophone
Roland Ronchaud – piano
Benoit Quersin – bass
José Bourguignon  – drums

ケニー・バレル

75歳のバースデイライブから。アドリブは6分41秒からはじまります。

Kenny Dorhamのアルバム『Round About Midnight』でもケニー・バレルの演奏が聴けます。

『The Complete Recordings: 1953-1959』
録音日:1957年
Guitar – Kenny Burrell
Kenny Dorham – trumpet
J. R. Monterose – tenor saxophone
Bobby Timmons – piano
Sam Jones – bass
Arthur Edgehill – drums

ジェシ・ヴァン・ルーラー

ボーカル入りのファンキーなアレンジでの演奏が聴けます。

ギラッド・ヘクセルマン

ベース、ドラムとのトリオ編成での演奏です。

スポンサーリンク