• ギターの指板上の音の配置が覚えられない
  • どうやって覚えていいのか分からない
  • 効率的な覚えかたを知りたい

そんな悩みを解決できる方法、それが『指板上を5つのポジションに分けて覚える方法』です。これを理解して実践すれば、指板上を自由に動き回るアドリブができるようになります。

ぜひ仕組みを理解して日々のウォーミングアップに取り入れてみてください。

ここで紹介する内容
  1. ポジションを5つに分ける方法
  2. 各ポジションの練習法
  3. 各ポジションを横につなげる練習法

なぜポジションに分けるのか

ギターの指板上を自由に演奏できるようにするのが最終目標です。しかし闇雲に音を覚えているだけでは演奏にいかせず、すぐに忘れてしまいます。

効率的に覚えるためにも3つの段階に分けて覚えていくのがおすすめです。

  1. コードフォームとスケールを連携させる
  2. 各ポジションごとに音の配置を覚える
  3. 各ポジションを横につなげて大きな1つのポジションにする

コードフォームとスケールを連携させることで、ジャズのアドリブで大切なコード感を演出する演奏もできるようになります。

指板を5つのポジションに分けるCAGED

ポジションの分け方はCメジャースケールの音の配置がもとになっています。

指板全体のCメジャースケールの配置
ギターの指板上のCメジャースケールポジションダイアグラム
Cコードのフォームと連携させてポジション分けすると5つのポジションができあがります。

ポジション1
ギターの指板上のCメジャースケールポジション1ダイアグラム
ポジション2
ギターの指板上のCメジャースケールポジション2ダイアグラム
ポジション3
ギターの指板上のCメジャースケールポジション3ダイアグラム
ポジション4
ギターの指板上のCメジャースケールポジション4ダイアグラム
ポジション5
ギターの指板上のCメジャースケールポジション5ダイアグラム

ポジション1~5のコードフォームをローコードのフォームに見立てるとC-A-G-E-Dの順番に並んでいます。

C
Cのローコードダイアグラム
A
Aのローコードダイアグラム
G
Gのローコードダイアグラム
E
Eのローコードダイアグラム
D
Dのローコードダイアグラム
このことから、指板の5つのポジションをCAGED(ケイジド)と呼んでいます。

ドリアンスケールのポジション

スケールが変わってもポジションの名称は変わりません。Cドリアンスケールの場合は以下のようになります。

Cドリアンスケール
ギターの指板上のCドリアンスケールポジションダイアグラム

ドリアン・ポジション1
ギターの指板上のCドリアンスケールポジション1ダイアグラム
ドリアン・ポジション2
ギターの指板上のCドリアンスケールポジション2ダイアグラム
ドリアン・ポジション3
ギターの指板上のCドリアンスケールポジション3ダイアグラム
ドリアン・ポジション4
ギターの指板上のCドリアンスケールポジション4ダイアグラム
ドリアン・ポジション5
ギターの指板上のCドリアンスケールポジション5ダイアグラム
メジャースケール以外を覚えるときは、メジャースケールとの違いをしっかりと理解しておくことが大切です。CメジャースケールとCドリアンスケールの違いは3度と7度の音が♭しているかいないかの違いだけです。

ミクソリディアンスケールのポジション

Cミクソリディアンスケール
ギター指の板上のCミクソリディアンスケールポジションダイアグラム

ミクソリディアン・ポジション1
ギターの指板上のCミクソリディアンスケールポジション1ダイアグラム
ミクソリディアン・ポジション2
ギターの指板上のCミクソリディアンスケールポジション2ダイアグラム
ミクソリディアン・ポジション3
ギターの指板上のCミクソリディアンスケールポジション3ダイアグラム
ミクソリディアン・ポジション4
ギターの指板上のCミクソリディアンスケールポジション4ダイアグラム
ミクソリディアン・ポジション5
ギターの指板上のCミクソリディアンスケールポジション5ダイアグラム

CメジャースケールとCミクソリディアンスケールの違いは7度の音が♭しているかいないかの違いだけです。

このようにメジャースケールと他のスケールの違いを度数で覚えておけば、どんなスケールでも弾けるようになります。そのためにもCメジャースケールの音の配置を確実に覚える必要があります。

スポンサーリンク

各ポジションごとに弾く練習

各ポジションの音の配置を覚えるときは、コード、コードトーン、スケールの3つを関連させます。コードに対するスケールの響きを覚えることで、コードに合う音が分かるようになるからです。とくにスケールを弾くときは拍アタマにコードトーンがくるようにして、コードの響きを強調させるのもポイントです。

メジャー・ポジション1

Cメジャースケールポジション1を覚える練習楽譜
メジャー・ポジション2

Cメジャースケールポジション2を覚える練習楽譜
メジャー・ポジション3

Cメジャースケールポジション3を覚える練習楽譜
メジャー・ポジション4

Cメジャースケールポジション4を覚える練習楽譜
メジャー・ポジション5

Cメジャースケールポジション5を覚える練習楽譜

拍のアタマがコードトーンになることを意識して、自由にスケールを弾いてみてください。

1本の弦上で弾く練習

各ポジションを横移動するための基礎練習は、1本弦上で弾くことです。ここではCトライアドのコードトーンとCメジャースケールを使っていますが、CMa7のコードトーンやC6のコードトーンなどに変えても構いません。

6弦のみを使った練習

Cメジャースケール6弦のみを使った練習楽譜
5弦のみを使った練習

Cメジャースケール5弦のみを使った練習楽譜
4弦のみを使った練習

Cメジャースケール4弦のみを使った練習楽譜
3弦のみを使った練習

Cメジャースケール3弦のみを使った練習楽譜
2弦のみを使った練習

Cメジャースケール2弦のみを使った練習楽譜
1弦のみを使った練習

Cメジャースケール1弦のみを使った練習楽譜

各ポジションの半音箇所で横移動する

横移動の基礎練習に慣れたら、各ポジションを横につなげていきます。好きな位置で隣のポジションに移動する練習もおすすめですが、ここでは半音箇所でスライドさせていく方法を紹介します。

ポジション1からスタートする横移動

Cメジャースケールポジション1から横移動する練習楽譜
ポジション2からスタートする横移動

Cメジャースケールポジション2から横移動する練習楽譜
ポジション3からスタートする横移動

Cメジャースケールポジション3から横移動する練習楽譜
ポジション4からスタートする横移動

Cメジャースケールポジション4から横移動する練習楽譜
ポジション5からスタートする横移動

Cメジャースケールポジション5から横移動する練習楽譜

横移動の練習をすることで、指板全体を1つのポジションとして見ることができます。

指板上の音の配置を覚える3ステップ
  1. Cメジャースケールを5つのポジション(CAGED・ケイジド)で完璧に弾けるようにする
  2. コード、コードトーンと連携させて響きを覚える
  3. 横移動の練習を取り入れる

指板上の音の配置を効率よく覚えて、自由なアドリブの第一歩を手に入れてみてください。