指板の音の配置は、最終的に1つのポジションとして見るのが目標ですが、はじめはポジションごとに覚えていくのが効率的です。このサイトではCトライアドをもとに5つのポジションに分けています。

Cメジャースケールのポジション

Cメジャースケール
Cメジャースケールギターネックポジションダイアグラム
トライアドのコードフォームをもとに以下の5つのポジションに分けることができます。

ポジション1
Cメジャースケールギターネックポジション1ダイアグラム
ポジション2
Cメジャースケールギターネックポジション2ダイアグラム
ポジション3
Cメジャースケールギターネックポジション3ダイアグラム
ポジション4
Cメジャースケールギターネックポジション4ダイアグラム
ポジション5
Cメジャースケールギターネックポジション5ダイアグラム

コードが変わってもポジションの名称は変わりません。Cドリアンスケール、Cミクソリディアンスケールは以下のようになります。

Cドリアンスケール
Cドリアンスケールギターネックポジションダイアグラム
ポジション1
Cドリアンスケールギターネックポジション1ダイアグラム
ポジション2
Cドリアンスケールギターネックポジション2ダイアグラム
ポジション3
Cドリアンスケールギターネックポジション3ダイアグラム
ポジション4
Cドリアンスケールギターネックポジション4ダイアグラム
ポジション5
Cドリアンスケールギターネックポジション5ダイアグラム

Cミクソリディアンスケール
Cミクソリディアンスケールギターネックポジションダイアグラム
ポジション1
Cミクソリディアンスケールギターネックポジション1ダイアグラム
ポジション2
Cミクソリディアンスケールギターネックポジション2ダイアグラム
ポジション3
Cミクソリディアンスケールギターネックポジション3ダイアグラム
ポジション4
Cミクソリディアンスケールギターネックポジション4ダイアグラム
ポジション5
Cドリアンスケールギターネックポジション5ダイアグラム

ポジションはCメジャースケールをもとにしているので、Cメジャースケールの音の配置を確実に覚えてしまうことが大切です。

各ポジションのサウンド

トライアド、コードトーン、スケールという順番で弾くことでそれぞれを関連させることができます。スケールは拍アタマにコードトーンを弾くことでコード感を強調しています。

ポジション1

Cメジャースケールポジション1楽譜
ポジション2

Cメジャースケールポジション2楽譜
ポジション3

Cメジャースケールポジション3楽譜
ポジション4

Cメジャースケールポジション4楽譜
ポジション5

Cメジャースケールポジション5楽譜

スポンサーリンク

1本の弦上で弾く

横移動に慣れるために1本弦上で弾いてみましょう。ここではCトライアドのコードトーンとCメジャースケールを使います。

6弦のみを使った練習

Cメジャースケール6弦のみの楽譜
5弦のみを使った練習

Cメジャースケール5弦のみの楽譜
4弦のみを使った練習

Cメジャースケール4弦のみの楽譜
3弦のみを使った練習

Cメジャースケール3弦のみの楽譜
2弦のみを使った練習

Cメジャースケール2弦のみの楽譜
1弦のみを使った練習

Cメジャースケール1弦のみの楽譜

各ポジションの半音箇所で横移動する

各ポジションを横に移動するときは、半音箇所で指をスライドさせるのがおすすめです。

ポジション1からスタート

Cメジャースケールポジション1から横移動楽譜
ポジション2からスタート

Cメジャースケールポジション2から横移動楽譜
ポジション3からスタート

Cメジャースケールポジション3から横移動楽譜
ポジション4からスタート

Cメジャースケールポジション4から横移動楽譜
ポジション5からスタート

Cメジャースケールポジション5から横移動楽譜

横移動の練習をすることで、各ポジションを連結させることができるようになります。指板全体の音の配置が見えてきたら、理想の音が出る場所はどこなのかを調べることも大切です。使用しているギターの種類、弦の種類、ピックアップ、アンプ、エフェクターなどさまざまな要素が絡み合っているので、正解はありません。自分にとって最高の音が出るポジションで演奏できるように練習してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事