Be Bop Rompはファッツ・ナヴァロのアルバム「1947-1949」の13曲目に収録されているビバップです。

メロディ、ベースライン、ピアノコンピングの順番でコピーし、リードシートを作っていきます。

Amazonプライム会員なら無料で聴けるので、リードシートと合わせながら聴いてみてください。

Be Bop Rompリードシート

ファッツ・ナヴァロ作曲 Be Bop Rompのリードシート・ページ1楽譜
ファッツ・ナヴァロ作曲 Be Bop Rompのリードシート・ページ2楽譜

Be Bop Rompのサイズ

リードシート作りを始める前に、楽曲の全体像を軽くスケッチしましょう。
ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのサイズ作り楽譜

  • テーマ A-B-A-C
  • ソロセクション A-B-A-C
  • 後テーマ A-C
スポンサーリンク

メロディをコピーする

前テーマ・メロディ

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompの最初のメロディ楽譜

トランペットのオクターブ下をテナーサックスが吹くユニゾンメロディになっています。
楽譜はトランペットをメインに書いているので、テナーサックスがオクターブ下を弾くという意味の(T.sax 8vb)を記譜。

また2回目の[A]は1回目と同じなのでリピート記号を使っています。

後テーマ・メロディ

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompの終わりのメロディ楽譜

後テーマの[A][C]は前テーマの[A][C]と全く同じメロディになっています。

ベースラインをコピーする

ベースがコードのルートを弾かないことも想定しつつ、1拍目の音をコードネームして書いておきます。

前テーマ・ベースライン

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのベースライン最初のテーマページ1楽譜
ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのベースライン最初のテーマページ2楽譜

後テーマ・ベースライン

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのベースライン後テーマページ1楽譜

 

テーマからソロセクションに入るとき2小節のソロブレイクが入ります。この箇所のコード進行はソロセクションをコピーしておきます。

ソロセクションの[C]後半のベースライン

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのベースライン後テーマページ1楽譜

ベースラインからだけでもさまざまな仮説が立てられます。

  • Abから始まりAbで終わるのでキーはAb
  • Bb-EbはAbキーのIIm7-V7
  • BはbIIIdim

ある程度コード進行を想定しておくと、ピアノのコピーが楽になります。

ピアノのコンピングをコピーする

ピアノのヴォイシングはギターでは弾きづらいことが多いので、完コピではなくアレンジしていきます。

コードネームは、コピーしておいたベースラインと照らし合わせながら書きます。

前テーマピアノコンピング

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのピアノコンピング最初のテーマ楽譜ページ1
ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのピアノコンピング最初のテーマ楽譜ページ2

後テーマピアノコンピング

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのピアノコンピング最初のテーマ楽譜ページ1

ソロセクション[C]後半のピアノコンピング

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompのピアノコンピング最初のテーマ楽譜ページ1

ピアノのコンピングからキーAbが確定しました。

 

後テーマ最後のコード進行

AbM7-BM7-EM7-AM7-AbM7はI-VI-II-V-Iからリハモして出来たコード進行です。

もとになるI-VI-II-V-I
Be Bop Rompのターンアラウンドもとのコード進行楽譜

2小節目Bbm7への解決感を強くするためFm7をF7にリハモ。

Be Bop Rompのターンアラウンドリハモしたコード進行楽譜ページ1

F7とEb7をそれぞれB7、A7の裏コードにリハモ。

裏コードは同じトライトーン(3度とb7度の音程)を持つドミナントコードを指します。

F7の3度とb7度はA音とEb音。

B7の3度とb7度はD#(Eb)音とA音。

どちらも同じトライトーンなのでリハモすることができます。

Be Bop Rompのターンアラウンドリハモしたコード進行楽譜ページ2

2小節目A7に進みたくさせるためBbm7をBb7にリハモ。

Be Bop Rompのターンアラウンドリハモしたコード進行楽譜ページ3

Bb7を裏コードのE7にリハモ。

Be Bop Rompのターンアラウンドリハモしたコード進行楽譜ページ4

ドミナントは響きが強力なので、それを和らげるためにメジャーセブンスコードにリハモ。 Be Bop Rompのターンアラウンドリハモしたコード進行楽譜ページ5

リハモを経てI-VI-II-V-IがBe Bop Rompで使われているコード進行なります。

ベースとピアノを合わせてコードネームを付ける

コピーしたメロディにAbメジャーの調号を加えコードネームを付けましょう。

ファッツ・ナヴァロ作曲Be Bop Rompメロディにコードネームを付けた楽譜

コードネームを付けるにあたって
[A]5小節目はCm7と表記することもできますが、AbM7の雰囲気を出したかったのでAbM7/Cとしています。
ソロセクション用のコード進行を別に書く場合は、メロディのコードネームを細かく表記しておくと再現度が増します。
リードシートを1ページで収めたい場合は、ソロセクションと共用できるようにシンプルなコードネームで書くのがおすすめです。

後テーマにもAbメジャーの調号を加えコードネームを付ければリードシートの完成です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事