Cecil Alexanderシーセル アレクサンダーのインスタグラムで公開されているConceptual Guitar 1をタブ譜付きギタースコアにしました。

ここで出てくるオーグメントスケールは、ディミニッシュスケールやホールトーンスケールの仲間でシンメトリカルスケールに分類されます。

シンメトリカルスケールはドミナントコードで使うことが多いですが、Cecilはマイナーコード上でアウトするためのアイデアとして使っています。

演奏例、スケール、コード、ライン(リック)それぞれ順を追ってみていきましょう。

オーグメントスケールを使ったデモ演奏

Cecil Alexanderが弾くオーグメントスケールアドリブ例楽譜ページ1
Cecil Alexanderが弾くオーグメントスケールアドリブ例楽譜ページ2

オーグメントスケールの構成音

オーグメントスケールはオーグメントトライアド(ルート、3rd、#5th)の各音に半音下の音を加えた6音スケールです。

Dオーグメントトライアド

Dオーグメントトライアド楽譜

Dオーグメントスケール

Dオーグメントスケール楽譜

Cecilが弾いたポジション例

Dオーグメントスケールをギターで弾いた例楽譜

Dオーグメントスケールの音の配置

Dオーグメントスケールのギター上の音の配置

Dオーグメントスケールを使ったコード

オーグメントスケールから作れるコードの中からCecil Alexanderのお気に入りコードボイシングを紹介しています。

D音ルートのコードボイシング

Dオーグメントスケールを使ったボイシング D音ルート

このボイシングをもとに、Dオーグメントスケールに沿って上昇させていきます。

F音ルートのコードボイシング

F音ルートのギターコードボイシング・ダイアグラム

F#音ルートのコードボイシング

F#音ルートのギターコードボイシング・ダイアグラム

A音ルートのコードボイシング

A音ルートのギターコードボイシング・ダイアグラム

A#音ルートのコードボイシング

A#音ルートのギターコードボイシング・ダイアグラム

C#音ルートのコードボイシング

C#音ルートのギターコードボイシング・ダイアグラム

D音ルートのコードボイシング

D音ルートのギターコードボイシング・ダイアグラム

Dオーグメントスケールからできるコード楽譜

Dオーグメントスケールからできるボイシング楽譜

オーグメントスケールを使ったライン

動画内ではオーグメントスケールだけを使ったものとクロマチックを混ぜたものの3種類を紹介しています。

ライン1

Cecil Alexanderが弾くオーグメントスケールを使ったリック1

Dオーグメントスケールのみを使っているシンプルなラインです。

ライン2

Cecil Alexanderが弾くオーグメントスケールを使ったリック2

2小節目からクロマチックを使ったアプローチが加わっています。

ライン3

Cecil Alexanderが弾くオーグメントスケールを使ったリック3

ライン2と同じくクロマチックを混ぜています。オーグメントスケールだけを使ったラインよりも自然な音づかいにしやすいのが特徴です。

終わりに

ここで紹介した3つのラインは、弾くだけでテクニック上達につながります。ただし何度も何度も弾いて手癖にしてしまうと、アドリブの邪魔になってしまいます。

これらのラインを学ぶ本来の目的はそのままアドリブに使うことではなく、耳に新しい響きを覚えさせることです。耳が覚えると、アドリブ中に自然とオーグメントスケールの響きが鳴るようになります。

練習を楽しんでください!

Cecil Alexander