リズムに変化を加えるアプローチはジャズに欠かせない手法です。よく使われるのは次の3つ。

  • 音を先取りするアンティシペーション
  • 音を遅らせるディレイドアタック
  • 音を持続させるサスペンション

ここではさらに、リズムをアレンジする手法としてディミニューション(縮める)とオーギュメンテーション(伸ばす)、番外編としてタグノート(ちょい足し)を紹介します。

リズムアプローチを覚えれば、スケールクロマチックを使ったアプローチノートと合わせて、ジャズのメロディ、アドリブ全てを分析できるようになります。

アンティシペーション

1、3拍目に置くターゲットノートを先取りして演奏するリズムアレンジです。

元のターゲットノート

アンティシペーションさせるもとのターゲットノート楽譜

 

半拍アンティシペーション

半拍アンティシペーションさせた楽譜

 

1拍アンティシペーション

1拍アンティシペーションさせた楽譜

1拍半アンティシペーション

1拍半アンティシペーションさせた楽譜
2拍アンティシペーション

2拍アンティシペーションさせた楽譜
2拍アンティシペーションはターゲットノートが変わってしまうので、コード自体をアンティシペーションさせているという解釈になります。

ディレイドアタック

ターゲットノートに遅れてアプローチする方法です。

元のターゲットノート

ディレイドアタックさせるもとのターゲットノート楽譜

 

半拍ディレイドアタック

半拍ディレイドアタックさせた楽譜

 

1拍ディレイドアタック

1拍ディレイドアタックさせた楽譜

 

1拍半ディレイドアタック

1拍半ディレイドアタックさせた楽譜

2拍ディレイドアタック

2拍ディレイドアタックさせた楽譜

2拍ディレイドアタックはターゲットノートが変わってしまうので、コードをディレイドさせているという解釈になります。

サスペンション

前のコードのターゲットノートを次のコードへも持続させるアプローチです。

元のターゲットノート

サスペンションさせるもとのターゲットノート楽譜

 

サスペンションさせたターゲットノート

サスペンションさせた楽譜

前のコードのターゲットノートをサスペンションさせるので、次のコードの1拍目は必然的にディレイドアタックになります。

ディミニューション

音価を短くするリズムアレンジです。メロディやリックにもよく使われる手法で、ディレイドアタックと併用されます。

元のターゲットノート

ディミニューションさせるもとのターゲットノート楽譜

ディミニューションさせたターゲットノート

ディミニューションさせた楽譜

Dm7とG7のターゲットノートをディミニューションさせています。結果としてターゲットノートはディレイドアタックしています。

もちろん1音だけディミニューションさせる使い方もできます。

オーギュメンテーション

音価を長くするアプローチです。曲をアレンジするときに使われる手法ですが、コピーしたリックをアレンジするときも活用できます。

元のターゲットノート

オーギュメンテーションさせるもとのターゲットノート楽譜

オーギュメンテーションさせたターゲットノート

オーギュメンテーションさせた楽譜

全てのターゲットノートをオーギュメンテーションさせていますが、1音だけオーギュメンテーションさせる使い方もできます。

番外編:タグノート

タグノートはディレイドアタックと似ていますが、こちらはあくまで飾りとしてターゲットノートの後に付け加える音をさします。

ほとんどの場合1拍目のコードトーンの後、1拍目ウラに置かれる音をさします。

1拍目がテンションの場合はディレイドアタック。コードトーンの場合はタグノートとして使い分けています。

元のターゲットノート

タグノートを使う前のターゲットノート楽譜

1音タグノートを加えたアレンジ

タグノートを1音使った楽譜

2音タグノートを加えたアレンジ

タグノートを2音使った楽譜

3音タグノートを加えたアレンジ

タグノートを3音使った楽譜

2音、3音のタグノートはそれぞれディレイドアタックやアンティシペーションとも解釈できます。

音の分析(後付け)には正解がなく、いくつかの可能性から自分で選ぶことができるのです。そこが音楽の素晴らしいところで、自分の音の個性にもつながります。

しかし、これからジャズを学ぶ人にとっては正解がないので難しく感じてしまうかもしれません。大切なことは、自分の耳を尊重する癖を付けておくことです。

理論や楽譜にとらわれず、自分の耳にはどう聴こえているかを感じとれるようにしてみてください。

Joy Springでのリズムアプローチ

ビバップのメロディには必ずと言っていいほどリズムアプローチが含まれています。ここでは「Joy Spring」を例にどのように使われているか見ていきましょう。

Joy Springメロディ1〜2小節目
Joy Springメロディ1〜2小節目楽譜

 

Joy Springメロディ1〜2小節目のターゲットノート
Joy Springメロディ1〜2小節目のターゲットノート楽譜

 

Joy Springメロディ1〜2小節目のリズムアプローチ
Joy Springメロディ1〜2小節目のリズムアプローチ楽譜

FM7の5thとC7の13thを半拍アンティシペーションさせているのが分かります。

 

Joy Springメロディ15〜17小節目
Joy Springメロディ15〜17小節目楽譜

 

Joy Springメロディ15〜17小節目のターゲットノート
Joy Springメロディ15〜17小節目のターゲットノート楽譜

 

Joy Springメロディ15〜17小節目のリズムアプローチ
Joy Springメロディ15〜17小節目のリズムアプローチ楽譜

GbM7のルートを半拍アンティシペーション。Am7のルート、D7の3rdを1拍ディレイドアタック。17小節目は次に続くGm7のb3rdを1拍アンティシペーションさせています。

16小節目のメロディはII-V-Iリックが元になっています。

元になるII-V-Iリック
Joy Springメロディ16小節目のメロディの原型楽譜

D7の3rdまでを1拍ディレイドアタックさせ、最後の3音をディミニューション(DIM)させるとJoy Springのメロディになります。

Joy Springの16小節目のメロディ
Joy Springの16小節目のメロディ楽譜

このように、ディミニューションはディレイドアタックと併用されることが多いです。

Joy Springのメロディを分析してみましたが、ビバップ曲ならほぼ間違いなくリズムアプローチが使われているので、ぜひ他の曲も分析してみてください。

 

ここで紹介しているアプローチ法をまとめたものが教則本になりました。