How High the Moon年代順コード進行まとめ

ジャズのスタンダードナンバーHow High the Moon。作曲はMorgan Lewisモーガン ルイス。1940年のミュージカルTwo for the Showで使われました。そのときのボーカルはAlfred DrakeとFrances Comstock。残念ながら音源は残っていません。

ここでは最初にスタジオ録音された1940年のバージョンから、1968年までの代表的な演奏をピックアップして、そのコード進行を見ていきます。

さあ、一緒にHow High the Moonの魅力に迫ってみましょう!

Benny Goodman 1940年2月

How High the Moonの最初のスタジオ録音は、なんとミュージカルの初演よりも前に行われました。その録音者がスウィング時代の王者と呼ばれたクラリネット奏者、ベニー・グッドマン。

Key=Cメジャーから始まり、ボーカルのHelen Forrestが入るとEbメジャーに転調。エンディングはDメジャーに転調しています。

Benny GoodmanのHow High the Moonコード進行ページ1
Benny GoodmanのHow High the Moonコード進行ページ2

Charlie Parker 1948年

このコード進行は、現在のジャムセッションで使われるコード進行のもとになっています。

原曲と比べて大きく違うのは[B]6〜8小節目。II-VとIII-VI-II-Vにリハモされています。

Charlie ParkerのHow High The Moonコード進行

1949年

このバージョンでは[B]6〜8小節目がVI-II-Vになっています。以降このコード進行が主流になります。

Charlie ParkerのHow High The Moon1949年のコード進行

[B]、[B’]1小節目、ソロセクションではEb7になります。

Sarah Vaughan 1955年

イントロはI-VI-II-V。テーマ部分はチャーリー・パーカー1949年と同じですが、Bセクション4小節目がII-Vになっています。

Sarah VaughanのHow High The Moonコード進行

Sonny Rollins 1958年10月

サックス、ギター、ベースのトリオ演奏。ギターはバーニー・ケッセルです。

コード進行はチャーリー・パーカー1949年とほぼ同じですが、[B’]6小節目をEbMa7-Ab7にしているのが特徴です。

Sonny RollinsのHow High The Moonコード進行

Chet Baker 1958年12月

チャーリー・パーカー1949年のコード進行とほとんど同じですが、[B’]の4小節目のみ、ピアノがC#m7(b5)-Cm6になっています。

ベースラインはCm7-F7を想定しているので、リハモではなくハーモニーを重ねるスーパーインポーズです。

Chet BakerのHow High The Moonコード進行

Bud Powell 1963年

チャーリー・パーカー1949年と同じコード進行です。

後テーマではチャーリー・パーカー作曲のOrnithologyになっています(OrnithologyはHow High The Moonのコード進行をもとにした曲です)。

Bud PowellのHow High The Moonコード進行

Sonny Stitt 1968年

ソニー・スティットの演奏もチャーリー・パーカー1949年と同じコード進行になっています。

Sonny StittのHow High The Moonコード進行

この記事へのコメント