パットメセニーの曲をコピーしているのですが、ラインは分かるのですがコード進行が分かりません。
ラインからコード進行を導くにはどうすればよいのでしょうか?

拍アタマの音から推測していきます

パットメセニーがよく使うクロマチックを含んだリックを例にしてみます。

パット・メセニーのリック

パットメセニーリック1楽譜
リックの拍アタマの音を抜き出します。

パット・メセニーのリック拍アタマ
パットメセニーリック1を分析した楽譜

1小節目はAmトライアドの5th-♭3rd-R、2〜3小節目はEb7の3rd-R-♭7thを想定していると推測できます。

パット・メセニーのリック分析1
パットメセニーリック1を分析した楽譜に各音の度数を追加

Am、Eb7コード上で弾いてみましょう。

パットメセニーリック1をAm7-Eb7上で弾いた楽譜

Eb7の裏コードA7でも弾いてみましょう。

パットメセニーリック1をAm7-A7上で弾いた楽譜

拍アタマの音の見方を変えれば別のコードを想定することもできます。

パット・メセニーのリック分析2
パットメセニーリックの各小節アタマをルートとした分岐楽譜
1、2小節目の1拍目をルートとすると、Em7(b13)、Gm7(b5,b13)を想定できます。


パットメセニーリック1をEm7(b13)-Gm7(b5)上で弾いた楽譜

このようにラインの各拍アタマからコード進行を導きだすことができます。ただしこれはあくまで推測です。正確なコード進行を導きだすにはベースとコンピングパートのコピーが必要になります。

ベースが分かればより正確に推測できます

上記はあくまでラインからのみの推測でしたが、ベースラインが分かればより正確にコードをつけることができます。

ベースライン
パットメセニーリック1のベースライン楽譜
1小節目はEmトライアド、2〜3小節目はAです。ラインからの推測と合わせてEm-A7コードを想定することができます。

パットメセニーリック1をEm-A7上で弾いた楽譜

スポンサーリンク

ピアノのコードをコピーすれば正確なコード進行が分かります

ラインからの推測とベースラインを組み合わせればほぼコード進行を再現できますが、コンピング楽器があればそれをコピーすることで正確なコード進行が分かります。今回のパットメセニーリックではバックでピアノがコンピングしています。

ピアノのコンピング
パットメセニーリック1のピアノコンピング楽譜
1小節目がEm7、2小節目がA9sus4、3小節目がAです。このコード進行上でリックを弾いてみましょう。


パットメセニーリック1をEm7-A9sus4-A上で弾いた楽譜

原曲通りのコード進行が分かるとリックの分析も変わってきます。

パットメセニーリック1を原曲のコード進行に合わせて分析した楽譜

1小節目:2拍目ウラの3弦4フレットにディレイドアタック。3拍目は次のAを先取りしたフレージング。

2小節目:1拍目ウラの2弦10フレットにディレイドアタック。2拍目から3拍目ウラの3弦7フレットに向けれクロマチックで下降するフレージング。

想定している拍アタマを抜き出すと次のようになります。

パットメセニーリック1を原曲のコード進行に合わせて分析した楽譜に度数を追加

正確なコード進行が分かればパットメセニー がどのように考えてフレージングしているかも的確に分析することができます。

ラインからコード進行を導き出す方法まとめ
  1. ラインの各拍アタマの音を抜き出して、何のコードを想定しているかを推測する
  2. ベースラインからコードのルートを見つける
  3. コンピングからコードの機能を見つける

ラインからのみコード進行を推測する方法は自由に解釈できるので、コピーしたラインを自分なりに活用したいときにおすすめです。

ベースラインとコンピングから正確なコード進行を導く方法は、そのアーティストの方法論を正確に分析したいときにおすすめです。

どちらの方法も試してコード進行の導きを楽しんでみてください。

パットメセニーの曲限定ですが

パットメセニー本人が監修したパットメセニーソングブックが市販されているので、ベースやコンピングをコピーしなくてもコード進行が分かります。
パットメセニーの曲をコピーするときは活用してみてください。

The Pat Metheny Real Book
パットメセニー作曲の楽曲のみを集めた本人監修の楽譜集。
自身のアルバムのほか、他のアーティストに提供した楽曲まで網羅されています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事