コルトレーンのアルバム「バラード」に入っている『SAY IT』という曲を演奏することになったのですが、Bセクションでのアドリブが難しいです。

コード進行はCMa7/G F/Gが2拍ずつ7小節続き、8小節めがDm7-G7-Fm7-Bb7

どう攻めたら良いのでしょか?

Cメジャースケール+リックで攻めます

CMa7/G-F/Gをそれぞれ弾き分けるというようりは、Cメジャースケール1発と考えて、要所でオルタード系のG7リックを使ってジャズらしさを演出するのがおすすめです。

G7-CMa7で使えるリック
Say ItのBセクションで使えるG7-CMa7リック楽譜

Say Itのコード進行はG7ではなくF/Gですが、オルタード系のリックを入れることでジャズらしさを強調できます。

8小節目は後テーマにつなげる重要な部分なので、決めソロにしてしまっても良いと思います。

Bb7-EbMa7で使えるリック
Say ItのBセクションで使えるV7-IBb7-EbMa7リック楽譜

AメロはBb音からはじまるので、Bbに解決するリックを使うと自然に後テーマにつなげられるはずです。

Bセクションでのアドリブ例

Cメジャースケールとリックを使ったアドリブ例を作ったので参考にしてください。


Say ItのBセクションでのアドリブ例楽譜1ページ目
Say ItのBセクションでのアドリブ例楽譜1ページ目

アドリブ練習の2ステップ

  1. Cメジャースケールを使って自由にアドリブできるようする
  2. ジャズらしさを演出するV7-Iリックを取り入れる

この2つの意識して練習してみてください。

Say Itのコード進行

Say ItはA-A-B-Aフォーム、32小節で1コーラスです。ジョン・コルトレーンのSay Itのコード進行楽譜

コメントを残す