現役で活躍するジャズギタリスのだれもが聴いてきた、

偉大なジャズギタリスト10人とおすすめの名盤を紹介します。

チャーリー・クリスチャン(Charlie Christian)

1916年7月29日-1942年3月2日
リズム楽器だったギターをソロ楽器としての地位に押し上げたジャズギターの開祖とされるギタリスト。ベスト盤のCDならどれもおすすめですが、CDとして入手しやすいのは「オリジナル・ギター・ヒーロー」です。

オリジナル・ギター・ヒーロー(Amazon詳細ページ)

チャーリー・クリスチャンの全てが分かる「レジェンド・オブ・チャーリー・クリスチャン」もおすすめです。

レジェンド・オブ・チャーリー・クリスチャン(Amazon詳細ページ)

 

チャーリー・クリスチャンYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt)

1910年1月23日 - 1953年5月16日
ジプシースウィングといわれるジャンルを確立したベルギー生まれのギタリスト。 独特の音使いや、指2本しか使っていないとは思えないほどの超絶演奏が聴けます。おすすめのCDは3枚組みの「Anthology」。

Anthology(Amazon詳細ページ)
ジャンゴ・ラインハルトの全てが分かる「不世出の天才ジプシー・スウィング・ギタリスト ジャンゴ・ラインハルト」もおすすめです。

不世出の天才ジプシー・スウィング・ギタリスト ジャンゴ・ラインハルト(Amazon詳細ページ)

ジャンゴ・ラインハルトYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

スポンサーリンク

ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)

1923年3月6日 - 1968年6月15日
歌わせ心満載のフレーズ、覚えやすくキャッッチーな楽曲、オクターブ奏法やコードソロの超絶テクニックなど、現在でも影響力のあるギタリスト。ベスト盤の中でもスタンダードの多い「Riverside Profiles」がおすすめです。ただしDisc2はオムニバスなのでご注意ください。

Riverside Profiles (Amazon詳細ページ)

ウェス・モンゴメリーYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

ジョー・パス(Joe Pass)

1929年1月13日 - 1994年5月23日
ソロギターの重鎮としても有名ですが、アンサンブルの中でも伝統的なジャズフレーズを随所にちりばめた教科書のような演奏が特徴です。ニールス・ペデルセンとのデュオアルバム「Chops」、ソロギターのアルバム「Unforgettable 」がおすすめです。

Chops(Amazon詳細ページ)



Unforgettable(Amazon詳細ページ)

ジョー・パスYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

ジム・ホール(Jim Hall)

1930年12月4日 - 2013年12月10日
独自のメロディーセンス、コンテンポラリーなコンピングなど洗練された演奏が特徴のギタリスト。ストレートに近いタイム感と4度を使ったフレージングは現在のギタリストに多大な影響を与えています。おすすめは「The Bridge」と「Alone Together」。

コンピング、ソロ、どちらも堪能できるソニー・ロリンズの「The Bridge」

The Bridge(Amazon詳細ページ)

スタンダード中心のロン・カーターとのデュオ「Alone Together」

Alone Together(Amazon詳細ページ)

ケニー・バレル(Kenny Burrell)

1931年7月31日 -
ブルージーな音使いを中心にしながらも、サックスのようなフレージングが特徴です。歴史を築いたギタリストの中で唯一現役のギタリストです。

チャーリー・クリスチャンに捧げたアルバム「ア・ジェネレーション・アゴー・トゥデイ」は録音状態が良く、聴きやすさ抜群です。

a generation ago today

ジョン・コルトレーンとの競演アルバムも外せません。

Kenny Burrell & John Coltrane (Reis)

バーニー・ケッセル(Barney Kessel)

1923年10月17日 - 2004年5月17日
コードソロも得意としていて、ギタートリオ「The Poll Winners」では素晴らしい演奏を聞かせてくれます。

The Poll Winners(Amazon詳細ページ)

バーニー・ケッセルYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

タル・ファーロウ(Tal Farlow)

1921年6月7日-1998年7月25日
大きな手から繰り出されるワイドレンジなフレージングが超絶です。クリアな音色のギターが特徴です。

Three Classic Albums Plus (Autumn in New York / The Swinging Guitar of Tal Farlow / This Is Tal Farlow)Amazon詳細ページ

タル・ファーロウYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

ハーブ・エリス(Herb Ellis)

1921年8月4日 - 2010年3月28日
16分のフレーズやテンポの速いフレーズでも安定して弾けるピッキングテクニックやタイム感は圧巻。ハーフチョーキングも効果的に使っています。ジョー・パスとのデュオアルバム「Two for the Road」がおすすめです。

Two for the Road(Amazon詳細ページ)

ハーブ・エリスYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

グラント・グリーン(Grant Green)

1935年6月6日 - 1979年1月31日
ウェス系でありながら、ブルース色の強い演奏やサックスのようなクロマチックの使い方、フレージングを得意としています。おすすめCDは「The Best Of Grant Green, Vol. 1」。

The Best Of Grant Green, Vol. 1(Amazon詳細ページ)

グラント・グリーンYouTubeでの検索結果
YouTubeロゴ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事