コラム

ジャズギターの歴史を築いた偉大なジャズギタリスト

ジャズを演奏するギタリストが登場したのは1937年ごろ。当時はリズム隊の一員としての位置付けでした。その2年後の1939年にソロイストとしても活躍するギタリストが登場したと言われています。

ここではジャズギターの歴史を築きあげた偉大なギタリスト11人と名盤を紹介します。

チャーリー・クリスチャン(Charlie Christian)

1916年7月29日-1942年3月2日

リズム楽器だったギターをソロ楽器の地位に押し上げたジャズギターの開祖とされるギタリスト。

ベスト盤の中でも、ほぼ全曲を網羅した4枚組「First Master Of Electric Guitar」がおすすめです。

First Master Of Electric Guitar

Amazon詳細ページへ

チャーリー・クリスチャンの全てが分かる本「レジェンド・オブ・チャーリー・クリスチャン」は必読。

レジェンド・オブ・チャーリー・クリスチャン

Amazon詳細ページへ

ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt)

1910年1月23日 – 1953年5月16日

ジプシースウィングといわれるジャンルを確立したベルギー生まれのギタリスト。独特の音使いや、指2本しか使っていないとは思えないほどの超絶演奏が聴けます。

おすすめのCDは3枚組みの「Anthology」。

Anthology

Amazon詳細ページへ

ジャンゴ・ラインハルトの全てが分かる「不世出の天才ジプシー・スウィング・ギタリスト ジャンゴ・ラインハルト」は必読。

不世出の天才ジプシー・スウィング・ギタリスト ジャンゴ・ラインハルト

Amazon詳細ページへ

ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)

1923年3月6日 – 1968年6月15日

歌わせ心満載のフレーズ、覚えやすくキャッッチーな楽曲、オクターブ奏法やコードソロの超絶テクニックなど、現在でも影響力のあるギタリスト。

ベスト盤の中でもスタンダードの多い「Riverside Profiles」がおすすめです。ただしDisc2はオムニバスなのでご注意ください。

Riverside Profiles

Amazon詳細ページへ

ジョー・パス(Joe Pass)

1929年1月13日 – 1994年5月23日

ソロギターの重鎮として有名ですが、アンサンブルの中でも伝統的なジャズフレーズを随所にちりばめた教科書のような演奏が特徴です。

ニールス・ペデルセンとのデュオアルバム「Chops」は必聴です。

Chops

Amazon詳細ページへ

ジム・ホール(Jim Hall)

1930年12月4日 – 2013年12月10日

独自のメロディーセンス、コンテンポラリーなコンピングなど洗練された演奏が特徴のギタリスト。ストレートに近いタイム感と4度を使ったフレージングは現在のギタリストに多大な影響を与えています。

おすすめはRon Carterロン カーターとのデュオアルバム「Alone Together」。

Alone Together

Amazon詳細ページへ

ケニー・バレル(Kenny Burrell)

1931年7月31日 –

ブルージーな音使いを中心にしながらも、サックスのようなフレージングが特徴です。歴史を築いたギタリストの中で唯一現役のギタリストです。

チャーリー・クリスチャンに捧げたアルバム「ア・ジェネレーション・アゴー・トゥデイ」は録音状態が良く、聴きやすさ抜群です。

a generation ago today

Amazon詳細ページへ

バーニー・ケッセル(Barney Kessel)

1923年10月17日 – 2004年5月17日

「スケールやアルペジオをただ弾くのではなく、メロディアスに、自分の頭の中に鳴った音を弾くんだ」をテーマにした教則ビデオが有名です。長らく廃盤だったのですが、2018年に制作会社がYouTubeにて無料公開!ぜひチェックしてみてください。

日本独自企画のライブアルバムがおすすめです。

ライヴ・アット・サムタイム

Amazon詳細ページへ

タル・ファーロウ(Tal Farlow)

1921年6月7日-1998年7月25日

大きな手から繰り出されるワイドレンジなフレージングが特徴です。

スタンダードが多く収録されている「This is Tal Farlow」がおすすめ。

This is Tal Farlow

Amazon詳細ページへ

ハーブ・エリス(Herb Ellis)

1921年8月4日 – 2010年3月28日

16分のフレーズやテンポの速いフレーズでも安定して弾けるピッキングテクニックやタイム感は圧巻。ハーフチョーキングも効果的に使います。

2枚あるジョー・パスとのデュオアルバムは必聴です。

Two for the Road

Amazon詳細ページへ
Jazz Concord

Amazon詳細ページへ

グラント・グリーン(Grant Green)

1935年6月6日 – 1979年1月31日

ウェス系でありながら、ブルース色の強い演奏やサックスのようなクロマチックの使い方、フレージングを得意としています。

これぞGrant Green!といった演奏を満喫できる「The Best Of Grant Green, Vol. 1」がおすすめ

The Best Of Grant Green, Vol. 1

Amazon詳細ページへ

パット・マルティーノ(Pat Martino)

1944年8月25日 – 2021年11月1日

全てのコードをマイナーで考えるという独自の理論で展開される演奏は独特なマイナー感に包まれます。息の長い16分フレーズも特徴。DC Music SchoolやTrueFireでその多くを学べます

デビューアルバムからすでに完成されているのが衝撃です。

El Hombre

Amazon詳細ページへ

この記事へのコメント