楽典の勉強をしていてテトラコード(テトラコルド)「Tetrachord」って出てきたんですけど、なんか特殊なコードなんですか?
テトラやから四音構成のコードってのは予想つくんですが、詳しく教えてください。

4度音程内で作る4音の音型です

4度音程内で作る4音の組み合わせのことをテトラコード(またはテトラコルド)と呼んでいます。ダイアトニックスケールの元になっているものです(詳しくはダイアトニックスケールの成り立ちと捉え方へ)。"コード"という名称がついてますがコードだけを指すのではなく、単音としても使われます。

ジャズでは1オクターブ内の4音の組み合わせを総称してテトラコードと呼んでいます。各スケールから任意の4音を取り出せばテトラコードになります。

特にジョン・コルトレーンが好んで使っていた1-2-3-5の音型が有名ですが、それ以外にも各コードでよく使われる音型があります。

Ma7 1-2-3-5 5-6-7-9 9-3-#11-6
mi7 1-b3-4-5 5-b7-8-9 9-11-5-13
mi7(b5) 1-b3-4-b5 b5-b7-8-b9 b9-11-b5-b13
7 1-2-3-5 5-13-b7-9 9-3-#11-13
7(b9,13) 1-b2-3-5 5-13-b7-b9 b9-3-#11-13
7alt 1-b2-3-b5 b5-b13-b7-b9 b9-3-11-b13

これらテトラコードをアドリブに活用する方法はジェリー・バーガンジィのメロディック・ストラクチャーで詳しく紹介されています。

メロディック・ストラクチャー/ジェリー・バーガンジィ
1~5、5〜9、9〜13の音型(グルーピング)の他、さまざまな4音パターンが学べる教則本。
サックス用なので、五線譜を読む練習にも最適です。

1-2-3-5を使ったテトラコード

単音での活用法はジェリー・バーガンジィのメロディック・ストラクチャーで学べるので、ここではコードボイシングを紹介していきます。
1-2-3-5を使ったテトラコード楽譜

ルート、9th、3rd、5thになるのでCadd9コードと捉えることができます。ギターでは開放弦を使って弾くことができます。

6弦ルートで弾く1-2-3-5テトラコード

6弦ルートで弾くCadd9テトラコード楽譜

4弦ルートで弾く1-2-3-5テトラコード

4弦ルートで弾くCadd9テトラコード楽譜

転回型はストレッチが多いので実用性は低いですが響きを覚えておくとイヤートレーニングになります。

6弦ルートで弾く1-2-3-5テトラコードの転回型

6弦ルートで弾くCadd9テトラコードの転回型楽譜

4弦ルートで弾く1-2-3-5テトラコードの転回型

4弦ルートで弾くCadd9テトラコードの転回型楽譜

7度の音が入っていないのでC9コード上でも使うことができます。ドミナント感を出したくないときにおすすめです。

1-2-3-5のドロップボイシング

実用的なのはギターで弾きやすいドロップボイシングです。

1-2-3-5テトラコードのドロップ2ボイシング

4弦ルートで弾くCadd9テトラコードのドロップ2ボイシング楽譜

1-2-3-5テトラコードのドロップ3ボイシング

4弦ルートで弾くCadd9テトラコードのドロップ3ボイシング楽譜

1-2-3-5テトラコードのドロップ2+4ボイシング

4弦ルートで弾くCadd9テトラコードのドロップ2+4ボイシング楽譜

Iで使うテトラコード

6弦ルートのテトラコードをII-V-Iで使った例

6弦ルートのテトラコードをII-V-Iで使った例楽譜

開放弦を使った響きは独特なので、曲のエンディングに重宝します。

4弦ルートのテトラコードをII-V-Iで使った例

4弦ルートのテトラコードをII-V-Iで使った例楽譜

テトラコードドロップ2をII-V-Iで使った例

4弦ルートで弾くテトラコードドロップ2をII-V-Iで使った例楽譜

テトラコードドロップ3をII-V-Iで使った例

4弦ルートで弾くテトラコードドロップ3をII-V-Iで使った例楽譜

テトラコードドロップ24をII-V-Iで使った例

4弦ルートで弾くテトラコードドロップ24をII-V-Iで使った例楽譜

テトラコードは3度積みのコードとは違った響きになるので、コンピングの幅を広げるのにも役立ちます。

スポンサーリンク

5-6-7-9を使ったテトラコード

5-6-7-9を使ったテトラコード楽譜

5th、13th、7th、9thになることからCMaj13コードと捉えることができます。

5弦ルートで弾く5-6-7-9テトラコード

5弦ルートで弾く5-6-7-9テトラコード楽譜

5-6-7-9テトラコードの転回型

5-6-7-9テトラコードの転回型楽譜

5-6-7-9は1-2-3-5を5度上げた音型なので、5フレット上げると1-2-3-5と同じコードフォームになります。

1-2-3-5のコードフォームと組み合わせればコンピングや作曲にも活用できます。

5-6-7-9テトラコードを自由に組み合わせた例

5-6-7-9テトラコードを使ったコンピング楽譜

5-6-7-9のドロップボイシング

5-6-7-9テトラコードのドロップ2ボイシング

5-6-7-9テトラコードのドロップ2ボイシング楽譜

5-6-7-9テトラコードのドロップ3ボイシング

5-6-7-9テトラコードのドロップ3ボイシング楽譜

5-6-7-9テトラコードのドロップ2+4ボイシング

5-6-7-9テトラコードのドロップ2+4ボイシング楽譜

5-6-7-9はGadd9(またはG9)と捉えることもできるので、II-V-IのV-Iで並行移動したボイシングが使えます。

V-Iで使うテトラコード

テトラコードを並行移動させた例

テトラコードを並行移動させた例楽譜

ドミナントの響きを強調させたくないときに重宝するボイシングです。

1-b3-4-5を使ったテトラコード

1-b3-4-5を使ったテトラコード楽譜

ルート、b3rd、11th、5thになるので、Dmadd11と捉えることができます。

6弦ルートで弾く1-b3-4-5テトラコード

6弦ルートで弾く1-b3-4-5テトラコード楽譜

1-b3-4-5テトラコードの転回型

1-b3-4-5テトラコードの転回型楽譜

1-b3-4-5のドロップボイシング

1-b3-4-5テトラコードのドロップ2ボイシング

1-b3-4-5テトラコードのドロップ2ボイシング楽譜

オクターブ上で弾くこともできます。

1-b3-4-5テトラコードのドロップ2オクターブ上

1-b3-4-5テトラコードのドロップ2ボイシングをオクターブ上げた楽譜

1-b3-4-5テトラコードのドロップ3ボイシング

1-b3-4-5テトラコードのドロップ3ボイシング楽譜

6弦Fのボイシングが弾けないので全てオクターブ上げています。

1-b3-4-5テトラコードのドロップ2+4ボイシング

1-b3-4-5テトラコードのドロップ2+4ボイシング楽譜

6弦D音が弾けないので全てオクターブ上げています。

5-b7-8-9を使ったテトラコード

5-b7-8-9を使ったテトラコード楽譜

5th、b7th、ルート、9thになることからDm9と捉えることができます。

1〜4弦で弾く5-b7-8-9テトラコード

1〜4弦で弾く5-b7-8-9テトラコード楽譜

5-b7-8-9テトラコードの転回型

5-b7-8-9テトラコードの転回型楽譜

5-b7-8-9のドロップボイシング

5-b7-8-9テトラコードのドロップ2ボイシング

5-b7-8-9テトラコードのドロップ2ボイシング楽譜

5-b7-8-9テトラコードのドロップ3ボイシング

5-b7-8-9テトラコードのドロップ3ボイシング楽譜

5-b7-8-9テトラコードのドロップ2+4ボイシング

5-b7-8-9テトラコードのドロップ2+4ボイシング楽譜

Dm7での使用例

1-b3-4-5のボイシングと自由に組み合わせて弾くだけでもおしゃれな響きになります。

5-b7-8-9テトラコードのアドリブ

5-b7-8-9テトラコードのアドリブ例楽譜

作曲のアイデアにも役立つので、気に入ったボイシングがあったら取り入れてみてください。

ドミナントでのテトラコード

ドミナントはオルタードテンションを使うか使わないかでテトラコードが変わってきます。メジャーで使った1-2-3-5とマイナーで使った5-b7-8-9はオルタードテンションを使わないドミナントコードにも使用できます。

ここではオルタードテンションを使ったテトラコードを紹介します。

1-b9-3-5のテトラコード

1-b2-3-5を使ったテトラコード楽譜

ルート、b9th、3rd、5thになることからG7(b9)と捉えることができます。

2〜5弦で弾く1-b2-3-5テトラコード

2〜5弦で弾く1-b2-3-5テトラコード楽譜

1-b2-3-5テトラコードの転回型

1-b2-3-5テトラコードの転回型楽譜

1-b2-3-5のドロップボイシング

1-b2-3-5テトラコードのドロップ2ボイシング

1-b2-3-5テトラコードのドロップ2ボイシング楽譜

1-b2-3-5テトラコードのドロップ3ボイシング

1-b2-3-5テトラコードのドロップ3ボイシング楽譜

1-b2-3-5テトラコードのドロップ2+4ボイシング

1-b2-3-5テトラコードのドロップ2+4ボイシング楽譜

5-13-b7-b9のテトラコード

5-13-b7-b9を使ったテトラコード楽譜

5th、13th、b7th、b9thになることからG13(b9) と捉えることができます。

1〜4弦で弾く5-13-b7-b9テトラコード

1〜4弦で弾く5-13-b7-b9テトラコード楽譜

5-13-b7-b9テトラコードの転回型

5-13-b7-b9テトラコードの転回型楽譜

5-13-b7-b9のドロップボイシング

5-13-b7-b9テトラコードのドロップ2ボイシング

5-13-b7-b9テトラコードのドロップ2ボイシング楽譜

5-13-b7-b9テトラコードのドロップ3ボイシング

5-13-b7-b9テトラコードのドロップ3ボイシング楽譜

5-13-b7-b9テトラコードのドロップ2+4ボイシング

5-13-b7-b9テトラコードのドロップ2+4ボイシング楽譜

かなりストレッチするフォームもあるので、実用性が低いボイシングもありますが、気に入った響きを見つけたらぜひ取り入れてみてください。

ジェリー・バーガンジィの教則本と併用することでより理解が深まると思います。

メロディック・ストラクチャー/ジェリー・バーガンジィ
1~5、5〜9、9〜13の音型(グルーピング)の他、さまざまな4音パターンが学べる教則本。
サックス用なので、五線譜を読む練習にも最適です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事