メジャーキーのダイアトニックコードで使えるテンションは以下の通りです。

コード使えるテンション注意が必要な音
IM79th、13th11th
IIm79th、11th、13thなし
IIIm711thb9th、b13th
IVM79th、#11th、13thなし
V79th、13th11th
VIm79th、11thb13th
VIIm7(b5)11th、b13thb9th

この表をそのまま覚えるというよりは、なぜ使えるテンションと使えないテンションがあるのか、実際に聴いて覚えることが大切です。

ここではジャズでよく使われるII-V-I進行やポップスでも出てくるIV-III-II-Iを例に各テンションがどんな響きなのかを紹介していきます。

テンションとは
テンション(Tension)はエクステンション(Extension)の略。音楽理論で使われるテンションは緊張ではなく、拡張という意味になります。

テンションの作り方

ここではCメジャースケールを例にテンションの作り方を見ていきましょう。
Cメジャースケール

Rを基準にして、オクターブ内で1つおきに音を積み上げていくとCM7が出来上がります。
Cメジャースケールから作られるCM7

さらに続けて積み上げていくと、9の音が出てきます。
Cメジャースケールから作られるCM7+9

このように、ルートのオクターブより上に積み上げられる音のことをテンション(拡張した音)と呼んでいます。

テンションは元のコードをより洗練された響きにする音と、響きを害してしまう音(使用に注意が必要な音)に分けられます。各コードに何のテンションが使えるのか、1音ずつ響きで確認していきましょう。

IM7で使えるテンション

IMa7に全てのテンションを積み上げると、9、11、13が積みあがります。
IM7に積み上げられるテンション

各テンションの響きをDm7-G7-CM7で聴いてみましょう。

もとになるコード進行の響き

Dm7-G7-CM7

CM7+9(D音)=CM9

Dm7-G7-CM9
G7の不安定な響きからしっかりと安定感のある響きになっているため、9はIM7のテンションとして使えます。

CM7+11(F音)=CM7(11)

Dm7-G7-CM7(11)

9と比べると安定感が無く、不協和な響きになるため、11の音はテンションとしては使えません。

コードの機能を損なわせてしまうテンション音のことを、アヴォイド・ノートやケアフル・ノートと呼びます。これらの音は、コードトーンの半音上になっているのが特徴です(11は3rdの半音上)。ただし絶対に使えないというわけではありません。

CM7+13(A音)=CM7(13)

Dm7-G7-CM7(13)
9同様、安定感のある響きになるため13はテンションとして使えます。

13は7度の音が入っていないと6として扱われます。6はルートのオクターブ内の音なのでテンションとは呼びませんがジャズでは良く使われるサウンドなので響きを覚えておきましょう。

C+6(A音)=C6

Dm7-G7-C6
C6にテンションの9を加えることもできます。

C6+9(D音)=C6(9)

Dm7-G7-C6(9)
6(9)コードはボサノヴァで良く使われるコードです。

最後に9+13を聴いてみましょう。

Dm7-G7-CM13
以上のことから、IM7で使えるテンションは9と13になります。

IIm7で使えるテンション

IIm7に音を積み上げると9、11、13が出てきます。
IIm7に積み上げられるテンション

Dm7-G7-CM7を例に各テンションのサウンドを聴いてみましょう。

Dm7+9(E音)=Dm9

Dm9
自然な響きなので、9はテンションとして使えます。

Dm7+11(G音)=Dm7(11)

Dm7(11)
9同様、自然に響くので11もテンションとして使えます。

Dm7+13(B音)=Dm7(13)

Dm7(13)
9、11と比べるとすこし不協和な響きになりますが、害するまではいかないので13もテンションとして使えます。

不協和になる原因
不協和になる原因は13thとb3rdの組み合わせです。この2音はG7のトライトーン。つまり13thをテンションに加えると、G7の響きも併せ持つことになるのです。

13は7度が入っていないとテンションではなく、6として使われます。

Dm+6(B音)=Dm6

Dm7(13)
テンションの9と組み合わせることもできます。

Dm6+9(E音)=Dm6(9)

Dm6(9)
11とも組み合わせてみましょう。

Dm6+11(G音)=Dm6(11)

Dm6(11)
9、11両方を組み合わせることもできます。

Dm6+9(E音)+11(G音)=Dm6(9,11)

Dm6(9,11)
Dm7に戻って9、11、13を組み合わせて聴いてみましょう。

Dm7+9(E音)+11(G音)=Dm11

Dm13

Dm7+9(E音)+13(B音)=Dm9(13)

Dm13

Dm7+11(G音)+13(B音)=Dm7(11,13)

Dm13
最後に全てのテンションを入れて聴いてみましょう。

Dm7+9(E音)+11(G音)+13(B音)=Dm13

Dm13
以上のことから、IIm7で使えるテンションは9、11、13になります。

IIIm7で使えるテンション

IIIm7に音を積み上げていくとb9、11、b13が出てきます。
IM7に積み上げられるテンション

ここでFMa7-Em7-Dm7-CMa7を例に各テンションのサウンドを聴いてみましょう。

もとになるコード進行の響き

FMa7-Em7-Dm7-CMa7楽譜

Em7+b9(F音)=Em7(b9)

Dm9
不協和なサウンドになるためb9はテンションとしては使えません。

Em7+11(A音)=Em7(11)

Dm9
自然な響きになるため11はテンションとして使えます。

Em7+b13(C音)=Em7(b13)

Dm9
不協和な音ではないですが、C音が加わるとEm7ではなくCadd9/Eの響きに感じてしまうので、テンションとしては使われません。

以上のことからIIIm7で使えるテンションは11だけになります。

IVMa7で使えるテンション

IVMa7に音を積み上げていくと9、#11、13が出てきます。
IVM7に積み上げられるテンション

ここではFM7-Em7-Dm7-CM7を例に各テンションのサウンドを聴いてみましょう。

FM7+9(G音)=FM9

FM9-G7-CM7
オシャレな響きになることから9はテンションとして使えます。

FM7+#11(B音)=FM7(#11)

FM7(#11)-G7-CM7
特徴的な響きですがFMa7を害していないので、#11はテンションとして使えます。

FM7+13(D音)=FM7(13)

FM7(13)-G7-CM7
自然な響きになるので13もテンションとして使えます。

13は7度が入っていない場合は6として扱われます。テンションではありませんが、ジャズではよく出てくるコードなので響きを覚えておきましょう。

F+6(D音)=F6

F6-G7-CM7

9を加えることもできます。

F6+9(G音)=F6(9)

F6(9)-G7-CM7
#11を加えることもできます。

F6+#11(B音)=F6(#11)

F6(9,#11)-G7-CM7

F6(9)+#11(B音)=F6(9,#11)

F6(9,#11)-G7-CM7
FM7に戻って、テンションを組み合わせたサウンドを聴いてみましょう。

FM7+9(G音)+#11(B音)=FM9(#11)

FM9(#11)-G7-CM7
FM7+9(G音)+13(D音)=FM9(13)

FM9(13)-G7-CM7
FM7+#11(B音)+13(D音)=FM7(#11,13)

FM7(#11,13)-G7-CM7
最後に全てのテンションを乗せたサウンドです。

FM7+9(G音)+#11(B音)+13(D音)=FM13(#11)

FM13(#11)-G7-CM7
以上のことから、IVM7で使えるテンションは9、#11、13になります。

V7で使えるテンション

V7に音を積み上げると9、11、13が出てきます。
V7に積み上げられるテンション

ここではDm7-G7-CM7を例に各テンションのサウンドを聴いてみましょう。

G7+9(A音)=G9

Dm7-G9-CM7
G7のサウンドが変わらないことから、9はテンションとして使えます。

G7+11(C音)=G7(11)

Dm7-G7(11)-CM7
11を加えると不協和になってしまうので、V7のテンションとして使われることはありません。

G7+13(E音)=G7(13)

Dm7-G7(13)-CM7
9同様、自然な響きになることから、13はテンションとして使えます。9と13を組み合わせたサウンドも聴いてみましょう。

G7+9(A音)+13(E音)=G13

Dm7-G13-CM7
以上のことからV7で使えるテンションは9と13になります。

sus4

11はテンションとしては使えませんが、3と置き換えることでsus4として使えます。

G7(no3)+4(C音)=G7sus4

Dm7-G7sus4-CM7
V7のテンションである9と13を加えることもできます。

G7sus4+9(A音)=G9sus4

Dm7-G9sus4-CM7

G7sus4+13(E音)=G7(13)sus4

Dm7-G13sus4-CM7

G9sus4+13(E音)=G13sus4

Dm7-G13sus4-CM7

3の変わりに4を使うとIMa7へ行こうとする響きが和らぐのが特徴です。sus4のサウンドもジャズでは良く使われるので覚えておきましょう。

VIm7で使えるテンション

VIm7に音を積み上げると9、11、b13が出てきます。
VIm7に積み上げられるテンション

ここではCM7-Am7-Dm7-G7を例に各テンションのサウンドを聴いてみましょう。

もとになるコード進行の響き

CM7-Am7-Dm7-G7

Am7+9(B音)=Am9

CM7-Am9-Dm7-G7
自然な響きになるので、9はテンションとして使えます。

Am7+11(D音)=Am7(11)

CM7-Am7(11)-Dm7-G7
9同様に自然な響きになることから11もテンションとして使えます。

Am7+b13(F音)=Am7(b13)

CM7-Am7(b13)-Dm7-G7
F音が加わるとAm7ではなくFadd9/Aの響きに感じてしまうので、テンションとしては使われません。

最後に9と11を組み合わせたサウンドを聴いてみましょう。

Am7+9(B音)+11(E音)=Am11

CM7-Am11-Dm7-G7
以上のことから、VIm7で使えるテンションは9と11になります。

VIIm7(b5)で使えるテンション

VIIm7(b5)に音を積み上げるとb9、11、b13が出てきます。
VIIm7(b5)に積み上げられるテンション

ここではAm7-Bm7(b5)-CM7を例に各テンションのサウンドを聴いてみましょう。

もとになるコード進行の響き

Am7-Bm7(b5)-CM7
Bm7(b5)はDmの6thがベースになっているコードと解釈することもできます。

Bm7(b5)+b9(C音)=Bm7(b5,b9)

Dm7-Bm7(b5,b9)-CM7
b9を入れると、Dm7/Bの響きが強調されるので、テンションとしては使えません。

Bm7(b5)+11(E音)=Bm7(b5,11)

Dm7-Bm7(b5,11)-CM7
Bm7(b5)を害なさい響きなので、11はテンションとして使えます。

Bm7(b5)+b13(G音)=Bm7(b5,b13)

Dm7-Bm7(b5,b13)-CM7
自然な響きになるので、b13はテンションとして使えます。最後に11とb13を組み合わせたサウンドを聴いてみましょう。

Bm7(b5)+11(E音)+b13(G音)=Bm7(b5,11,b13)

Dm7-Bm7(b5,11,b13)-CM7
以上のことから、VIIm7(b5)で使えるテンションは11、b13になります。

各コードで使えるテンションまとめ

最後に、メジャースケールから作られるコードで使えるテンションを再度まとめておきます。

コード使えるテンション注意が必要な音
IM79th、13th11th
IIm79th、11th、13thなし
IIIm711thb9th、b13th
IVM79th、#11th、13thなし
V79th、13th11th
VIm79th、11thb13th
VIIm7(b5)11th、b13thb9th

上記で紹介しているものはあくまで一般理論なので参考程度にして、実際の音を聴いて自分の耳を信じて自由にテンションを使っていくことが大切です。ぜひ自分だけのテンション表を作ってみてください。

コメントを残す