ウォーキングベースを理解しておくと、3つのメリットがあります。

  1. スタンダードのコード進行をコピーするときに役立つ
  2. ギターだけで練習用カラオケをすぐに作れるようになる
  3. 管楽器やボーカリストとデュオするときに活用できる

以前はギターデュオのコンピングにも使われていましたが、自由度を高めるため近年ではほとんど使われなくなりました。

ここではルートを使ったシンプルなウォーキングベースから、ペダルポイント、テンションを使ったものまでを紹介していきます。

サウンドと各拍の役割

CメジャーKeyのII-V-Iを例に、どんなサウンドなのか聴いてみましょう。

譜例1

Dm7-G7-CMa7でのウォーキングベース例楽譜
前半はウォーキングベースのみ、後半は同じベースラインにコードとゴーストノート(開放弦へのプリング)を加えた例です。コードヴォイシングに決まりはありませんが、コードの響きを覚えやすい、3度と7度がおすすめです。ピックは使わず、右手の親指でベースライン、残り3本(人差し指、中指、薬指)でコードを弾きます。リズムは1拍目裏が簡単ですが、1拍目頭、2拍目裏もよく使われます。

 

コードのリズムに変化をつけた例

Dm7-G7-CMa7でのウォーキングベースのコードのリズムを変えた楽譜

ウォーキングベース各拍には基本の役割があります。

1拍目・・・ルート
2拍目・・・コードトーンまたは3拍目へのアプローチ音
3拍目・・・コードトーン
4拍目・・・コードトーンまたは次の小節へのアプローチ音

これをもとにウォーキングベースを作っていきます。まずは必須材料となる各コードのコードトーンを覚えましょう。

 

Dm7のコードトーン
Dm7のコードトーン楽譜
G7のコードトーン
G7のコードトーン楽譜
CMa7のコードトーン
CMa7のコードトーン楽譜

ベースラインに使う6~3弦の指板上の配置は以下のとおりです。

 

Dm7コードトーン
Dmi7コードトーン、ギターネック上の配置
G7コードトーン
G7コードトーン、ギターネック上の配置
CMa7コードトーン
CMa7lコードトーン、ギターネック上の配置

各拍の役割とコードトーンを覚えたら譜例1の各音を分析してみましょう。アプローチノートはANと表記します。

Dn7-G7-CMa7ウォーキングベース分析楽譜

各拍が役割どおりに作られているのが分かります。6小節目の3~4拍目はG7の裏コードDb7のコードトーンです。裏コードはウォーキングベースでもよく使われる手法です。

Db7のコードトーン
Db7のコードトーン楽譜
Db7コードトーン
Db7コードトーン、ギターネック上の配置

ルートを弾こう

ウォーミングアップもかねてルートを弾いてみましょう。指弾きに慣れるためにも、ベース音のピッキングは全て親指を使ってみてください。

ルート音のみ

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースをルートのみで弾いた楽譜

音源はメトロノームを2、4拍に鳴らしていますが、ドラムの打ち込みなどを使っても構いません。正確なリズムで弾けるようにするのが目標です。ルート弾きに慣れてきたら、1拍目裏に各コードの3度と7度を加えてみましょう。

コードを加えた演奏

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート音弾きにコードを追加した楽譜

次はテンションコードを使ってみましょう。ここではベースライン内で弾きやすいテンションコードを選んでみます。

テンションコードを加えた演奏

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート音弾きにテンションコードを追加した楽譜

ルートのオクターブを混ぜることもできます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート音にオクターブを加えた楽譜

3度と7度のコードを加えてみましょう。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート+オクターブに3度と7度を加えた楽譜

ルート以外の音を加えて少しずつ動きを出していきましょう。

スポンサーリンク

5度を弾こう

ルートの次によく使われるのが5度です。ここではルートと5度の組み合わせを弾いていきます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート+5度楽譜

コードは3度と7度を2拍目裏と3拍目裏に入れてみます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート+5度に3度と7度を追加した楽譜

5度とルートのオクターブを組み合わせることもできます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート+5度にオクターブを組み合わせた楽譜

コードも弾いてみましょう。1、2、3拍目裏の中から好きなリズムを選んで入れてみてください。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースルート+5度+オクターブにコードを追加した楽譜

5度の響きに慣れたら、次はアプローチノートを加えていきます。

4拍目にアプローチノート

アプローチノートにはコードトーンを使う方法と、半音を使う方法があります。まずはコードトーンを使ってアプローチしてみましょう。次のコードのルートに一番近いコードトーンを使って、上下どちらからでもアプローチできます。

コードトーンアプローチ

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの4拍目にアプローチノートを加えた楽譜

コードはテンションコードを使って、1拍目と3拍目の頭に入れてみます。

コードトーンアプローチにテンションコードを加えた例

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース+アプローチノートにコードを加えた楽譜

ベースラインに5度とオクターブを組み合わせてみます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース+アプローチノートに5度とオクターブ組み合わせた楽譜

コードも加えてみましょう。ここではゴーストノートも入れてサウンドに変化をつけます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース+アプローチノート+5度+オクターブにコードを加えた楽譜

組み合わせは自由なので、いろいろなパターンを試してみてください。コードトーンアプローチに慣れてきたら、半音アプローチを使ってみましょう。半音上、下どちらからでもアプローチできます。

半音アプローチ

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースに半音アプローチを加えた楽譜

半音アプローチにコードを入れる場合、コードも次の小節へ半音アプローチすることができます。ここではスライドを使って弾いてみましょう。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース+半音アプローチにコードを加えた楽譜

スライドを使うときはベース音もスライドするのが簡単です。ただリズムが崩れやすいので注意しながら弾いてみてください。

ベースラインに5度とオクターブを組み合わせてみましょう。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース+半音アプローチに5度とオクターブを加えた楽譜

コードは今までの入れ方の中から自由に選んで弾いてみます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース+半音アプローチ+5度+オクターブにコードを加えた楽譜

半音アプローチを使うとジャズらしい雰囲気を出すことができます。次は2拍目にもアプローチノートを使ってみます。

2拍目にアプローチノート

2拍目のアプローチノートも、コードトーンを使ったものと半音を使ったものがあります。それぞれどんな響きになるか聴いてみましょう。

2拍目にコードトーンアプローチ

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの2拍目にコードトーンアプローチを加えた楽譜

コードは1拍目裏、3拍目表、スライドを組み合わせて弾いてみます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの2拍目コードトーンアプローチにコードを加えた楽譜

2拍目に半音アプローチ

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの2拍目に半音アプローチを加えた楽譜

コードはスライドを使って入れてみます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの2拍目半音アプローチにコードを加えた楽譜

2拍目のアプローチは3拍目がルート以外の場合でも使えます。3拍目が3度と5度の場合を弾いてみましょう。

3拍目が3度の場合

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの3拍目が3度へのアプローチノート楽譜

3拍目が3度にコードを加えた例

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの3拍目が3度へのアプローチノートにコードを加えた楽譜

3拍目が5度の場合

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの3拍目が5度へのアプローチノート楽譜

3拍目が5度にコードを入れた例

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの3拍目が5度へのアプローチノートにコードを加えた楽譜

5小節目の3拍目からのように、ベースラインに合わせて1拍ごとにコードを弾くこともできます。

1拍目をルート以外にする

今までは基本の役割どおり、1拍目をルートで弾いてきましたが、他のコードトーンにすることもできます。3度と5度を聴いてみましょう。

1拍目を3度と5度

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース1拍目に3度と5度を使った楽譜

ルート以外の音を1拍目に使う場合は、自分の中でルートを感じながら演奏することが大切です。コードを加えた響きを覚えることも大切なので、ここでは分かりやすいように半拍アンティシペーションさせて弾いてみます。

コードをアンティシペーションさせて弾いた例

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース1拍目に3度と5度にコードを加えた楽譜

ベース音をペダルにする手法もあります。

Dペダル

Dm7-G7-CMa7にDペダルのベースを加えた楽譜

Gペダル

Dm7-G7-CMa7にGペダルのベースを加えた楽譜

Aペダル

Dm7-G7-CMa7にAペダルのベースを加えた楽譜

Aペダルはバリエーションとして半音下がるラインもよく使われます。

A-Ab-G

Dm7-G7-CMa7にAペダルから下降するベースを加えた楽譜

ベースのペダルはイントロでよく使われますが、アドリブ中でも雰囲気を変えるために使うことがあります。いろいろなペダル音を試してみて、何度の音がかっこよく聴こえるか研究してみてください。

テンションを使う

テンションを加えることでサウンドに広がりができ、自由度も増します。各コードのテンションを確認しておきましょう。

Dm7のテンション
Dm7のテンション楽譜
G7のテンション
G7のテンション楽譜
CMa7のテンション
CMa7のテンション楽譜

テンションを加えたウォーキングベースライン

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースにテンションを加えた楽譜

コードを組み合わせた例

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベース+テンションにコードを加えた楽譜

テンションを1拍目にもってくることもできます。

テンションを1拍目に持ってきたウォーキングベースライン

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの1拍目をテンションにした楽譜

テンションを1拍目に持ってくるとコードの印象が変わります。ここでは白玉を使って弾いてみます。

Dm7-G7-CMa7のウォーキングベースの1拍目テンションにコードを加えた楽

ルート以外のコードトーンを1拍目にしたときと同様に、コードのルートをしっかり意識しながら演奏することが大切です。

ウォーキングベースラインを使って弾くジャズブルース

II-V-Iでのウォーキングベースに慣れてきたらいろいろな曲で使えるようにしましょう。ここではキーBbのジャズブルースでの練習例を紹介します。まずはベースラインからです。

キーBbのジャズブルースでのウォーキングベース楽譜

慣れてきたらリズム1を使ってコードを加えます。以下の譜面にはゴーストノートを指定していませんが、好きなタイミングで入れてみてください。

リズム1
1拍目ウラにコードを入れるリズム楽譜

BPM=130での演奏例

キーBbのジャズブルースのウォーキングベースにリズム1のコードを加えた楽譜

次は1小節にコードが2個あるところ(4、8、11、12小節目)にリズム2を加えてみましょう。

リズム2
1拍目ウラと3拍目アタマにコードを入れるリズム楽譜

キーBbのジャズブルースのウォーキングベースにリズム2のコードを加えた楽譜

最後にBPM=190での演奏例を紹介します。

キーBbのジャズブルースのウォーキングベースに自由にコードを加えた楽譜

はじめのうちはメトロノームと合わせて弾いて、慣れてきたら自分のギターだけでテンポがキープできるように練習してみてください。自分の演奏を録音して客観的に聴くのも効果的です。

おすすめギタリスト

ウォーキングベースを極めているギタリストではジョー・パスが有名ですが、現役ではマーティン・テイラーとタック・アンドレスがおすすめです。

マーティン・テイラーのI Got Rhythm

マーティン・テイラーのDVDではスタンダードを題材にソロギターのアイデアが学べます。

タック・アンドレスのウォーキングベース

タック・アンドレスのDVDではKey=Gのブルース進行を例に、ウォーキングベース奏法を基礎から学べます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事