THE NEW REAL BOOK Vol.1に収録されているCから始まる曲のプレイリストです。

  1. Chain Of Fools
  2. Change Of Mind
  3. Chega De Saudade (No More Blues)
  4. Chelsea Bridge
  5. Come Sunday
  6. Compared To What
  7. Creek
  8. Crystal Love
  9. Cubano Chant

YouTubeプレイリストYouTube公式または著作権処理済みのリンクに限定しています(小曽根 真のCrystal Loveは未配信)。

Spotyfyプレイリスト(Peter ErskineのChange Of Mind、AirtoのCreekは未配信)

入手可能な音源と別テイクを紹介していきます。

Chain Of Fools

Aretha Franklinアレサ フランクリンが1967年に発売したシングル曲。作曲はDon Covayドン コヴェイです。アルバム「Lady Soul」に収録されています。

『LADY SOUL』1968年発売
Aretha Franklin - lead vocals and piano
Jimmy Johnson and Joe South - guitars
Spooner Oldham - Wurlitzer electric piano
Tommy Cogbill - bass
Roger Hawkins - drums

ギタリストではビル・フリゼールが1990年発売のアルバム「Is That You?」で取り上げています。

https://youtu.be/rguCnM6X2VA

『Is That You?』

1990年録音
Bill Frisell: guitars
Wayne Horvitz: keyboards
Joey Baron: drums
Dave Hofstra: tuba on 4,8, bass on 7

Change Of Mind

Peter Erskineピーター アースキンのアルバム「Peter Erskine」収録。作曲はBob Mintzerボブ ミンツァーです。

『Is That You』1982年発売
Drums – Peter Erskine
Bass – Eddie Gomez
Piano –  Don Grolnick
Percussion – Don Alias
Piano – Kenny Kirkland (tracks: 1, 3, 4, 7)
Tenor Saxophone – Bob Mintzer, Michael Brecker
Trumpet – Randy Brecker
Vibraphone – Mike Mainieri

Chega De Saudade (No More Blues)

アントニオ・カルロス・ジョビン作曲。最初にレコーディングされたのは1957年のElizete Cardosoのバージョンです。THE NEW REAL BOOKの楽譜はイントロが省略されいます。

『Canção Do Amor Demais』
1957年録音
Elizete Cardoso - vocal
Antonio Carlos Jobim - arrangements, direction, and piano
João Gilberto - guitar

ジョアン・ジルベルトのバージョン

https://youtu.be/uBoGYa7iDPw

アントニオ・カルロス・ジョビンのバージョン

https://youtu.be/T2VxDmP6X4E

リオーネル・ルエケ

Gretchen Parlatoグレッチェン パーラトのアルバム「Gretchen Parlato」で聴けるLionel Louekeリオーネル ルエケのバッキングは必聴です。

https://youtu.be/qbGLFDBP1-E

『Gretchen Parlato』
2005年発売
Vocals – Gretchen Parlato, Lionel Loueke
Guitar – Lionel Loueke
Bass – Massimo Biolcati
Piano – Aaron Parks
Percussion – Café, Gretchen Parlato

Nelson Veras

Nelson Faria

Julian Lage

Chelsea Bridge

作曲はビリー・ストレイホーン。1941年にデューク・エリントン・オーケストラが録音しています。

『Selected Favorites, Vol. 5』

1941年録音
Duke Ellington and His Orchestra

Jimmy Raney

https://youtu.be/d4K3BdRslaw

『Stolen Moments』
1979年録音
Jimmy Raney, Doug Raney – guitar
Duke Jordan – piano
Michael Moore – bass
Billy Hart – drums

Jim Hall

https://youtu.be/I8zemTo0a2g

『Jazzpar Quartet + 4』

1999年録音
Jim Hall - guitar
Chris Potter - tenor sax
Thomas Ovesen - bass
Terry Clarke - drums

Kenny Burrell

https://youtu.be/kCZNQqSTExk

『Ellington Is Forever, Vol. 1』
1975年録音
Kenny Burrell - guitar (tracks 1-8, 10, 11)
Jimmy Jones - piano
Jimmy Smith - organ
Stanley Gilbert - bass
Jimmie Smith - - drums

Come Sunday

デューク・エリントン作曲。もともとは1943年のカーネギーホールのライブで演奏されたBlack, Brown and Beigeの一部に使われていたものです。

10分10秒あたりからモチーフが出てきます。キーはFメジャー。12分36秒あたりからメロディがはじまります。キーはDメジャーです。

https://youtu.be/KfliYGvLZAE

ボーカルバージョンを録音したのが1958年のアルバム「Black, Brown And Beige」。ボーカルはMahalia Jacksonです。このときのキーはGbメジャーでした。

https://youtu.be/QDr7b4BsD0M

パット・マルティーノ

アルバム「Exit」収録バージョン。キーはTHE NEW REAL BOOKと同じBbメジャーです。

『Exit』

1977年発売
Pat Martino - guitar
Gil Goldstein - piano
Richard Davis - bass
Jabali Billy Hart - drums

ジョー・パス

ジョー・パスは3つのバージョンを録音しています。

オスカー・ピータソンのアルバム「The Trio」でのソロギター

『The Trio』

1973年発売
Oscar Peterson – piano
Joe Pass – guitar
Niels Pedersen – bass

ミルト・ジャクソンとのデュオ

『The Big 3』

1975年発売
Milt Jackson – vibes
Joe Pass - guitar
Ray Brown - bass

Clark Terryとのデュオ

『Memories of Duke』1980年録音
Clark Terry - trumpet
Jack Wilson - piano
Joe Pass - guitar
Ray Brown - bass
Frank Severino - drums

Compared To What

作詞・作曲はEugene McDanielsユージン マクダニエルス。Feel Like Makin' Loveの作詞・作曲者としても有名です。初演は1969年、Roberta Flackロバータ フラックのアルバム「First Take」。

https://youtu.be/wDUk9Lsy_yQ

『First Take』

1969年発売
Roberta Flack - piano, vocals
Bucky Pizzarelli - guitars
Ron Carter - bass
Ray Lucas - drums

THE NEW REAL BOOKのバージョンは1969年のモントルー・ジャズ・フェスティバルでLes McCannが演奏したバージョン。ライブ映像も残っています。


Eddie Harris - tenor saxophone
Les McCann - piano, vocals on "Compared to What"
Benny Bailey - trumpet
Leroy Vinnegar - bass
Donald Dean - drums

Creek

作曲はサックス奏者のVictor Assis Brasil。初演はAirtoのアルバム「Free」です。

『Free』

1972年発売
Airto Moreira – percussion, vocals

スティーブ・カーンのウェブサイトでは手書きのリードシートが公開されています。
http://www.stevekhan.com/creek_leads_pg1.htm

Crystal Love

作曲は小曽根 真。1983年発売のアルバム「Makoto Ozone」に収録されています。

『Makoto Ozone』

1983年発売
Piano - 小曽根 真
Vibraphone – Gary Burton
Bass – Eddie Gomez

Cubano Chant

THE REAL BOOKに載っているのはアルバム「Alone At Montreux」収録のピアノソロバージョン。

『Alone At Montreux』

1972年発売
Ray Bryant – Piano

初演は1956年発売のアルバム「Ray Bryant Trio」です。Spotifyの音源はピッチが下がっていますが、YouTubeの音源はリマスターされています。

https://youtu.be/_naifcJiAkk

『Ray Bryant Trio』

1956年発売
Ray Bryant – piano
Wyatt Ruther – bass
Jo Jones (tracks 1,5–7,11) – drums
Candido – percussion (tracks 1,7)

THE NEW REAL BOOK Vol.1

日本では中央アート出版やATNが販売(値段は約9千円)していましたが、現在は販売中止。海外直輸入販のみAmazonのマーケットプレイスで販売されています。

『The New Real Book, Volume 1』

1988年発売
SHER MUSIC CO

Sher MusicのウェブサイトではPDF版が26$で販売されています。
https://www.shermusic.com/new/0961470143-de.shtml

コメントを残す