トランスクライブ中心の練習を行ってきましたがどうしても場当たり的な習得の印象を拭えませんでした。

ブルースロックについては指板上のポジションを把握しているマイナーペンタを使って自分なりの演奏ができます。

ジャズでもそんな感覚で演奏できることを目指しています。

そこで音符に度数を記入してコツコツとスケールやコンセプトを頭と手にインプットしていく練習を始めました。

聴くだけマスター・ジャズ・ギター・スケールを、度数記入とスケール把握の参考にさせていただいてます。

度数を記入するとフレーズの根拠がわかるためスケールやコンセプトの理解も深まる気がします。

それで自在に応用できるようになることを期待してのことです。

ただ、この練習は自己流でエネルギーと時間がかかるため、適切かどうか、迂遠なものでないかどうか不安があります。

この練習につきいかがお考えでしょうか?

度数の記入はイヤートレニングになります

度数を記入することで各コードに対しての度数の響きを覚えることができます。

 

聴くだけマスター・ジャズ・ギター・スケールのCMa7のリック
CMa7リックを度数で表記したタブ譜つき楽譜

 

度数を視覚的に確認することで、1小節目はCM7のコードトーンを使ったリック、3小節目はCM7のコードトーンに9thを加えたリック、と理論的に覚えることもできます。

 

度数を記入することはイヤートレーニングになり、理論的な分析にも役立つので効果的です。

演奏に活かすためにはターゲットノートを意識します

リックの各音を度数で考えることになれてきたら、ターゲットノートとアプローチノートに分けるのがおすすめです。

ターゲットノートは伝えたい音、アプローチノートはそれを装飾する音です。

言葉に例えると、自分の伝えたいことがターゲットノート、それを伝わりやすくするための工夫がアプローチノートになります。

 

ターゲットノートとアプローチノートについては以下のページで詳しく紹介しています。

 

先ほどのリックのターゲットノートをみてみましょう。

 

CMa7リックのターゲットノート
CMa7リックのターゲットノートタブ譜つき楽譜

1小節目は7度のオクターブ。3小節目は5度と7度になっています。

これら2つがこのリックの伝えたい音です。

 

今度はアプローチノートを見てみましょう。

 

CMa7リックのアプローチノート

CMa7リックの分析タブ譜つき楽譜

1小節目はCトライアド、3小節目はスケールの下降(メジャースケール 、またはメジャーペンタトニックスケール)を使っているのがわかります。

3拍目ウラにある5度の音はタグノート(TAG)と呼ばれ、ターゲットノートにちょい足しできる音のことです。主にコードトーンが使われます。

 

リックをターゲットノートとアプローチノートに分けることで、自分なりのアレンジが簡単にできるようになります。

アプローチノートに変化をつけてリックをアレンジしてみましょう。

1小節目のCMa7リックをアレンジした例

CMa7リック1のアレンジタブ譜つき楽譜

1〜2小節目はCトライアドの音順をアレンジ、3〜4小節目はFトライアドにアレンジした例です。

 

3小節目のCMa7リックをアレンジした例

CMa7リック2のアレンジタブ譜つき楽譜

1小節目は11thから下降、2小節目は6thから下降、3小節目は6rhからメジャーペンタトニックスケールで下降、4小節目はメジャースケール の上昇にアレンジした例です。

リックのアレンジができるようになると、自分でもリックが作れるようになります。そしてその先に自分なりの演奏が待っています。

度数の記入に慣れてきたら、ターゲットノートとアプローチノートを使った分析もぜひ試してみてください。

 

アプローチノートに関する詳細は以下のページで紹介しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事