なぜjazzguitarstyle.comを作ろうと思ったのですか?

ジョーイさんはなぜjazzguitarstyle.comを作ろうと思ったのですか?初心者の質問まで快く受け付けて言わばボランティアのようなものだと思います。しかも全くの無償で。何かきっかけがあったのでしょうか?またこれからも続けていくのでしょうか?

練習日記から始まりました

もともとはMIの練習日記だったんです。忘れないように記録しようと思ったのがきっかけです。その日習ったことや練習していることを書いているうちに教則コンテンツのようになって、現在の形になりました。

MIはロック・フュージョンよりの学校だったので、ジャズギターを演奏する先生はSid Jacobsシッド ジェイコブスだけでした。Berkleeに行ってからやっと本場のジャズが体験でき、そこで学んだ経験から自分なりの考え方(練習法)をまとめたいと思い、本格的に作り始めました。それが2002年くらいです。

当時はまだSNSがなく、掲示板での情報交換が主流でした。いつのまにかジャズギターが好きな人が集まってくれるようになり、自然とQandAになったんです。

質問に答えるのは自分の考えを整理できる良い機会なので、ボランティアというより、自分のためにやっているという意識の方が大きいです。

ちなみに当時目標にしていたサイトがhttps://www.musictheory.net

このサイトは2000年頃からデザインもこのままの状態で公開されていました。Flashを使ったサイトは当時最先端で講師陣にも一目置かれる存在でした。「音楽理論をだれでも無料で学べるようにする」がコンセプトで、その影響もありこのサイトも無料にしています。とはいっても広告収入があるので、完全な無料ではありませんが。

jazzguitarstyle.comをみて、ジャズギターを弾く人や興味をもつ人が増えれば、ジャズギター人口が増えて、どんどん面白くなっていくんじゃないか、と思っています。

最近はWordpressが発展したお陰で自分の作りたかったデザインも手軽に作れるようになりました。

今後も情報発信の場として続けていくと思います。

この記事へのコメント