クロマチックを使ったアプローチノートはスケールを使ったアプローチノートをより表現豊かにする手法です。ここでは5つのアプローチノートに対してそれぞれクロマチックを加えていきます。

クロマチックパッシングトーン

パッシングトーンにクロマチックを加えるアプローチです。

元になるパッシングトーン
CMa7上のCメジャースケールのパッシングトーン楽譜

クロマチックを加えたパッシングトーン

CMa7上のCメジャースケールのパッシングトーンにクロマチックを加えた楽譜

クロマチックネイバートーン

全音のネイバートーンにクロマチックを加えるアプローチです。クロマチックの連続になることからダブルクロマチックとも呼ばれます。

元になるネイバートーン
CMa7上のCメジャースケールのネイバートーン楽譜

クロマチックを加えたネイバートーン

CMa7上のCメジャースケールのネイバートーンにクロマチックを加えた楽譜

ネイバートーンの前にさらにクロマチックを追加して3音でアプローチする方法もあります。

CMa7上のCメジャースケールのネイバートーンにクロマチックのバリエーション楽譜

スポンサーリンク

クロマチックチェンジングトーン

チェンジングトーンにクロマチックを加えるアプローチです。

元になるチェンジングトーン
CMa7上のCメジャースケールのチェンジングトーン楽譜

クロマチックを加えたチェンジングトーン

CMa7上のCメジャースケールのチェンジングトーンにクロマチックを加えた楽譜

5thに対してはF音ではなくF#音を使うバリエーションもあります。

クロマチックエスケープトーン

全音のエスケープトーンにクロマチックを加えるアプローチです。

元になるエスケープトーン
CMa7上のCメジャースケールのエスケープトーン楽譜

クロマチックを加えたエスケープトーン

CMa7上のCメジャースケールのエスケープトーンにクロマチックを加えた楽譜

クロマチックアポジャトゥーラ

全音のアポジャトゥーラにクロマチックを加えるアプローチです。

元になるアポジャトゥーラ
CMa7上のCメジャースケールのアポジャトゥーラ楽譜

クロマチックを加えたアポジャトゥーラ

CMa7上のCメジャースケールのアポジャトゥーラにクロマチックを加えた楽譜

以上が基本のクロマチックアプローチです。実際どのように使われているかリックを分析してみましょう。

リックを分析してみよう

リック1

クロマチックアプローチを使ったリック1楽譜

リックの土台となるコードトーンを抜き出します。

コードトーン
クロマチックアプローチを使ったリック1のコードトーン楽譜

完成型と比べてどんなアプローチノートが使われているか分析します。

アプローチノート
クロマチックアプローチを使ったリック1の分析楽譜

1、2小節目の2拍目の3rdへはパッシングトーン。2小節目のルートへは1拍目へはクロマチックチェンジングトーンが使われているのが分かります。もうひとつ分析してみましょう。

リック2

クロマチックアプローチを使ったリック2楽譜

リックの土台となるコードトーンを抜き出します。

コードトーン
クロマチックアプローチを使ったリック2のコードトーン楽譜

完成型と比べてどんなアプローチノートが使われているか分析します。

アプローチノート
クロマチックアプローチを使ったリック2の分析楽譜

3拍目の5thへクロマチックネイバートーン。4拍目ウラの5thへはパッシングトーンが使われています。

このようにリックを分析できるようになると、その逆の過程をたどることでリックを作れるようにもなります。

クロマチックアプローチを使ったリックの作り方

まずはコードトーンを使ったメロディを作ります。

コードトーンメロディ1

元になるコードトーンメロディ1楽譜

クロマチックアプローチを活用して8分のリックにしてみましょう。ここではチェンジングトーンを使って作ってみます。

アプローチノートを加えたメロディ
元になるコードトーンメロディ1にアプローチノートを加えた楽譜

3拍目の3rdへクロマチックチェンジングトーン。2小節目のルートへチェンジングトーンを使いました。フィンガリングテクニックを加えて弾いてみましょう。

完成したリック

完成したリック1楽譜

コードトーンを使ったシンプルなメロディでもアプローチノートを加えることでジャズらしいリックにすることができます。もうひとつ作ってみましょう。

コードトーンメロディ2

元になるコードトーンメロディ2楽譜

アプローチノートを加えたメロディ
元になるコードトーンメロディ2にアプローチノートを加えた楽譜

2拍目のルート、2小節目1拍目の3rdへチェンジングトーン。1小節目の3rdへクロマチックパッシングトーン。2小節目7thへパッシングトーン。ルートへアポジャトゥーラを使っています。

完成したリック

完成したリック2楽譜

全てのコードトーンに対してクロマチックアプローチを使う必要はありません。スケールを使ったアプローチと組み合わせることでより表情豊かなリックにすることができます。リックの分析と作成はセットで取り組んでみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

ジャズギタースタイルマスターの更新情報をいち早くお知らせ

更新情報をつぶやいています

おすすめの記事