マイナーキーのII-V-Iはマイナーペンタトニックスケールだけでもカッコよく弾けるので、ギタリストには親しみやすいコード進行です。

ただジャズらしく弾くには、各コードを意識することと、ジャズらしいフレージングを覚えることが必要です。

ここではIIm7(b5)-V7-Im7をそれぞれ明確に意識した練習方法を紹介します。

ここでの練習法を覚えれば、マイナーキーのII-V-Iでジャズらしいアドリブができるようになります。ぜひじっくりと取り組んでみてください。

コード進行の響きとバッキング例

BPM=110

BPM=180

Dm7(b5)-G7-Cm7ループ楽譜

コード進行でアドリブするための最初のステップはコード進行の響きを覚えることです。そのためにもまずはコードフォームを覚えていきましょう。

ジャズでよく使われるコードフォーム

コードフォームはさまざまありますが、コードを特徴づける必要最小限の音を使ったフォームを覚えて、そこから音を加えていくのが効率的です。5弦ルート、6弦ルートそれぞれを見ていきましょう。

必要最小限のコードフォーム

Dm7(b5)の5弦ルートフォーム

Dm7(b5)のルート、3度、7度を使った5弦ルートのコードフォームダイアグラム
Dm7(b5)の6弦ルートフォーム

Dm7(b5)のルート、3度、7度を使った6弦ルートのコードフォームダイアグラム
G7の6弦ルートフォーム

G7のルート、3度、7度を使った6弦ルートのコードフォームダイアグラム
G7の5弦ルートフォーム

G7のルート、3度、7度を使った5弦ルートのコードフォームダイアグラム
Cm7の5弦ルートフォーム

Cm7のルート、3度、7度を使った5弦ルートのコードフォームダイアグラム
Cm7の6弦ルートフォーム

Cm7のルート、3度、7度を使った6弦ルートのコードフォームダイアグラム

メトロノームに合わせて最小限のコードフォームを使うだけでも十分練習用バッキングになります。自分で作ることでリズム感を鍛える練習にもなるのでぜひ作ってみてください。

ルート、3度、7度を使ったコードフォームでのバッキング例楽譜

テンションを加えたコードフォーム

G7、Cm7はそれぞれテンションを加えることができます。Dm7(b5)はすでに4音なのでそのまま使います。

G7(b13)

G7(b13)のルート、3度、7度、13度を使った6弦ルートのコードフォームダイアグラム
Cm9

Cm9のルート、3度、7度、9度を使った5弦ルートのコードフォームダイアグラム

テンションを含んだコードフォームでバッキングした例

Dm7(b5)-G7(b13)-Cm9のコードフォームを使ったバッキング例楽譜

より実践的に練習したいときはジェイミー・エーバーソールドのプレイアロングシリーズ「Vol. 3, The II/V7/I Progression」がおすすめです。

Vol. 3, The II/V7/I Progression: A New Approach To Jazz Improvisation

マイナーキーのII-V-Iやリックに加えマイナーブルースも収録されている生演奏プレイアロングです。

マイナーII-V-Iで使えるスケール

各コードで使える主なスケールは以下の通りです。

コード使えるスケール
Dm7(b5)Dロクリアン、Dロクリアン♮2
G7Gオルタード、Gミクソリディアンb9、b13
Cm7Cマイナー、Cメロディックマイナー

使えるスケールが分かってもジャズらしくなりません。

その原因は2つです。

  1. コード進行を意識していない
  2. ジャズらしい音使いを知らない

この原因を解消するために、まずはコード進行を意識する練習からはじめていきましょう。

コードトーンを弾いて響きを覚える

コード進行を意識するには、各コードの構成音=コードトーンを弾くのが最適です。

4和音のコードトーンはルート(1度)、3度、5度、7度です。Cm7の場合はルートのC、b3度のEb、5度のG、b7度のBbになります。

Cm7のコードトーン
Cm7のコードトーン楽譜

コードトーンを弾く練習はコード進行の響きを覚えるのに役立ち、コードに対してのインサイドの響きも覚えるので、自分の出している音が合っているのか外れているのかを聴き分けることができるようになります。

いきなりネック上全てのコードトーンを覚えようとすると大変なので、ここでは2ndポジション(2フレットに人差し指を置いて弾ける範囲)で弾けるコードトーンに絞って紹介します。

Dm7(b5)

Dm7(b5)のコードトーン2ndポジションダイアグラム
G7

G7のコードトーン2ndポジションダイアグラム
Cm7

Cm7のコードトーン2ndポジションダイアグラム

ネック上でコードトーンの位置がある程度見えてくるまで弾いてみてください。

慣れてきたらバッキングに合わせて弾いていきます。

コードトーンを使った練習法

コードトーンを使った練習には3つの段階があります。

  1. コードトーンを覚える
  2. コードトーンをスムーズにつなげる
  3. リズムを加えてアドリブする

まずはコードトーンを覚える練習から始めましょう。

各コードのルートからコードトーンを弾く

ルートからの上昇

Dm7(b5)-G7-Cm7の各コードのルートからコードトーンを上昇させる練習楽譜
ルートからの下降

Dm7(b5)-G7-Cm7の各コードのルートからコードトーンを下降させる練習楽譜

この練習ははじめてコードトーンを弾くときに最適です。8分音符が難しければ4分音符にしても構いません。

コードトーンの配置とコード進行の響きを覚えることが目的なので、練習中は必ずバッキングに合わせて弾いて、耳に響きを覚えこませてください。

慣れてきたらコードトーン同士をつなげていきます。

コードトーンをスムーズにつなげる練習

次のコードに移るときに一番近いコードトーンを弾いていく練習です。

Dm7(b5)-G7-Cm7の各コードトーンをスムーズにつなげる練習楽譜

この練習で各コードの横の流れを意識できるようになります。スムーズに繋がるコードトーンの響きを覚えるまで何小節でも続けてみてください。

リズムを取り入れたアドリブ

コードトーンの配置を覚えてスムーズにつなげられるようになったら、リズムを加えてアドリブしてみましょう。

ここでは次の3つのリズムを加えてアドリブしていきます。
アドリブに使える3つのリズムパターン楽譜

コードトーンにリズムを加えたアドリブ例


3つのリズムパターンを使ったDm7(b5)-G7-Cm7でのコードトーンアドリブ例楽譜

3つのリズムに慣れてきたら自由にリズムを使ってアドリブしてみてください。

さまざまなリズムを使ったアドリブ例


さまざまなリズムパターンを使ったDm7(b5)-G7-Cm7でのコードトーンアドリブ例ページ1楽譜
さまざまなリズムパターンを使ったDm7(b5)-G7-Cm7でのコードトーンアドリブ例ページ2楽譜
はじめのうちは4分音符、8分音符などの簡単なリズムから始めて、徐々にいろいろなリズムを組み合わせて演奏してみましょう。

リズムに音を当てはめるイメージで練習してみてください。

G7でオルタードスケールを使ってみよう

コードトーンでコード進行の響きを覚えたら表現の幅を広げるため使う音を増やしていきます。そこで出てくるのがスケールです。
ここではG7でGオルタードスケールを使ってみましょう。

Gオルタードスケールの響き

Gオルタードスケールの2ndポジションのダイアグラム

コード進行の中でスケールを使えるようするため、終わりの音から一番近い音を探して弾いてみましょう。Dm7(b5)とCm7はコードトーンを使います。

Dm7(b5)-G7-Cm7でコードトーンとリックを使ったアドリブ例楽譜

スケールの響きになれてきたらアドリブに取り入れていきます。

Gオルタードスケールのリック

スケールはただ弾いているだけではジャズらしくならないので、Gオルタードスケールのリックを覚えていきましょう。

リック1

Gオルタードスケールを使ったリック楽譜1
リック2

Gオルタードスケールを使ったリック楽譜2
リック3

Gオルタードスケールを使ったリック楽譜3
リック4

Gオルタードスケールを使ったリック楽譜4
リック5

Gオルタードスケールを使ったリック楽譜5
リック6

Gオルタードスケールを使ったリック楽譜6

リックを覚えたらDm7(b5)のアドリブ練習ページで紹介しているリックとつなげてII-V-Iリックを作っていきましょう。

Gオルタードスケールを使ったII-V-Iリック

マイナーII-V-Iリック1

Gオルタードスケールを使ったマイナー251リック1楽譜
Dm7(b5)のアドリブ練習ページのリック1と組み合わせた例です。

 

マイナーII-V-Iリック2

Gオルタードスケールを使ったマイナー251リック2楽譜
Dm7(b5)でロクリアンリアン♮2スケールを使った例です。

 

マイナーII-V-Iリック3

Gオルタードスケールを使ったマイナー251リック3楽譜
Dm7(b5)のコードトーンと6th(B音)を使った例です。

 

マイナーII-V-Iリック4

Gオルタードスケールを使ったマイナー251リック4楽譜
Dm7(b5)でロクリアンリアンスケールを使った例です。

 

マイナーII-V-Iリック5

Gオルタードスケールを使ったマイナー251リック5楽譜
Dm7(b5)でクロマチックアプローチ(2弦2フレット)を使った例です。

 

マイナーII-V-Iリック6

Gオルタードスケールを使ったマイナー251リック6楽譜
Dm7(b5)でロクリアンリアン♮2スケールとクロマチックアプローチ(5弦4フレット)を使った例です。

リックを作ったらリック同士をつなげていきます。

Gオルタードスケールを使ったII-V-Iリックの連結

リックの無いCm7ではコードトーンを使ってアドリブします。


Gオルタードスケールを使ったマイナー251リックをつなげる練習楽譜

リックをつなげて弾くことに慣れてきたら、リック自体のリズムに変化をつけてより自然な流れになるようにアドリブしてみましょう。

Gオルタードスケールを使ったマイナー251リックにリズムを加えてアドリブした楽譜

コードトーンとリックを使ったアドリブに慣れてきたら、ここまでやってきた練習を全て組み合わせて演奏してみましょう。

Dm7(b5)-G7-Cm7でのアドリブ例


Dm7(b5)-G7-Cm7でのアドリブ例ページ1楽譜
Dm7(b5)-G7-Cm7でのアドリブ例ページ2楽譜

アドリブするときに大切なことは、歌いながら弾くことです。はじめはなかなか上手くいかないかもしれませんが、あせらずじっくりと取り組んでみてください。

アドリブ練習法のまとめ
  • コード進行の響きを覚えるためバッキングを作る
  • コードトーンを弾いてコード進行を意識する
  • リックを使ってジャズらしい響きを覚える
  • リズムを加えてアドリブする
  • 歌いながらアドリブする
コメントを残す