WaveはA-A-B-Aフォーム54小節のボサノヴァ曲。II-Vが多く出てくるのでII-V-Iリックの練習におすすめです。

ここではリアルブックに載っているコード進行の分析とアドリブ例、2小節目のディミニッシュコードでビバップスケールを使った練習法を紹介します。

Waveコード進行


Waveコード進行楽譜
コード進行分析の目的は各コードの機能を理解し、使えるスケールを見つけ出すことです。

分析していく順番はいくつかありますが、このサイトでは以下4つの順番で紹介していきます。

  1. 曲のキーを調べる
  2. 各コードの機能を調べる
  3. 使えるスケールを見つけ出す
  4. アドリブで実際に使ってみる
スポンサーリンク

Waveのキー

キーは調号と終わりのコードを見ることで判断することができます。

Waveのキー楽譜
Waveの調号はシャープが2つ付いているので、キーはDメジャーかBマイナーになります。

曲の最後を見るとDMaj7のV7=A7で終わっているので、Dメジャーキーが最適です。
Wave最後の4小節楽譜

コード進行の分析がしやすいように、Dメジャースケールから作られるコードをローマ数字(度数)で覚えておきましょう。

Dメジャースケールから作られるコード
Dメジャーケールから作られるコード楽譜

スポンサーリンク

II-V-Iを調べる

II-V-Iの場所を調べておくと分析に役立ちます。II-Vには下受け皿、V-Iには矢印を使います。
Waveコード進行251箇所楽譜

コード進行分析

Waveコード進行分析楽譜

コード進行をローマ数字表記にすることで使えるスケールをすぐにみつけ出すことができます。

各コード使えるスケール

Wave各コードで使えるスケール楽譜
スケールの選択肢は1つではないですが、まずは基本となるスケールの響きを覚えておくことが大切です。

度数別の使えるスケールは「コード進行から使えるスケールを見つけ出す3つの方法」のページで紹介しています。

Bbdim7で使えるもう一つのスケール

dim7で使えるディミニッシュスケールは、スケール自体の個性が強すぎてアドリブの流れを止めてしまうことがあります。

そこでおすすめなのがメジャービバップスケールを使う方法です。メジャービバップスケールはメジャースケールにb6の音を加えたスケールです。

Dメジャービバップスケール
Dメジャービバップスケール楽譜

Dメジャービバップスケールから作られるコード
Dメジャービバップスケールから作られるコード楽譜

6つ目にBbdim7が出てくるので、2小節目のBvdim7でDメジャービバップスケールを使うことができます。

Bbdim7でDメジャービバップスケールをBbから弾いた例

Bbdim7でDメジャービバップスケールを使った例1ルートから弾く楽譜

Bbdim7でDメジャービバップスケールを滑らかに繋げた例

Bbdim7でDメジャービバップスケールを使った例1ルートから弾く楽譜

Bbdim7でDメジャービバップスケールをモチーフを使って弾いた例

Bbdim7でDメジャービバップスケールを使った例1ルートから弾く楽譜

dim7ではディミニッシュスケールだけでなく、メジャービバップスケールも取り入れることで表現の幅が広がります。

Waveのコード進行を使ったアドリブ例

コード進行分析から選んだスケールを中心に演奏したアドリブ例を音源にしたので参考にしてみてください。

アドリブで大切なことはいかにして歌うかです。常に頭の中で鳴っている音を弾くのを心がけて練習してみてください。


Waveのコード進行を使ったアドリブ例ページ1楽譜
Waveのコード進行を使ったアドリブ例ページ2楽譜
Waveのコード進行を使ったアドリブ例ページ3楽譜
Waveのコード進行を使ったアドリブ例ページ4楽譜
Waveのコード進行を使ったアドリブ例ページ5楽譜
Waveのコード進行を使ったアドリブ例ページ1楽譜

おすすめの音源

WaveをCDで取り上げているギタリストは少ないですが、その中でも入手しやすいものを紹介します。

アントニオ・カルロス・ジョビン

『Wave』
発売日:1967年
Antônio Carlos Jobim – piano, guitar, harpsichord, vocals
Urbie Green – trombone
Jimmy Cleveland – trombone
Raymond Beckenstein – flute, piccolo
Romeo Penque – flute, piccolo
Jerome Richardson – flute, piccolo
Joseph Singer – French horn
Ron Carter – double bass
Dom Um Romão – drums
Bobby Rosengarden – drums
Claudio Slon – drums

ジョー・パス

『The Big 3』

発売日:1975年
Joe Pass - guitar
Milt Jackson – vibes
Ray Brown - bass
『Tudo Bem』
発売日:1978年
Joe Pass - guitar
Paulinho da Costa – percussion
Octavio Bailly, Jr. - bass
Oscar Castro-Neves - guitar
Don Grusin - keyboards
Claudio Slon - drums

ビレリ・ラグレーン、シルヴァン・リュック

『Summertime』

発売日:2009年
Bireli Lagrene - guitar
Sylvain Luc – guitar
スポンサーリンク