コラム

1小節内で2拍ずつコードが変わっていく場合のスケールチェンジ

質問内容

2拍ずつコードが変わっていく場合、スケールを意識して弾くのが難しいです。

練習では出来るようにしておくべきだと思いますが、実際の演奏では前後のコードを優先させてスケールを変えないこともあるのでしょうか。

ロックの場合、キーがほぼ同じだし、転調してもコード進行の形は同じだったりでペンタトニックだけとか、ブルーススケールでそれっぽく弾けたのでそれで済ませていました。

というのも、私自身がモードの感じを掴めていないためです。

ダイアトニックスケールを覚えたとき、コードの根音からダイアトニックスケールをフレージングしなければならないとこだわっていたからです。

例えばキーがCのCコードの時はフレーズはCメジャースケールを意識してCから組み立ててCで終わらせるのように。でも実際にはそんなことはないですよね。

そこで考えてしまって、根音から始まらないならそもそもダイアトニックスケールとか、コードの機能にこだわらなくていいや、どうせキーは同じで使えるスケールの音は同じだしと。

ジョーイさんがコードトーンの練習が大切と解説していますが、ここを肝要に練習していけば良いでしょうか。

1つのスケールで弾ききることもあります

そうですね、スケールではなくコードトーンを意識すれば解決すると思います。

コードに合わせてスケールを変えるのではなく、コードトーンを装飾する音を変えていくというイメージです。

もちろん1つのスケールだけで弾き切ることもあります。例えば枯葉のGm7-Gb7-Fm7-E7-EbMa7をGマイナーペンタだけで弾いたり。

Gマイナーペンタトニックスケールのみを使ったアドリブ例

Gマイナーペンタトニックスケールのみを使ったアドリブ例楽譜

1つのスケールで弾くときも、頭の中では常にコードトーンが鳴っています。

コードトーンを意識するためのスケールの捉え方と実際の練習方法を紹介するので、ぜひ覚えて使ってみてください。

スケールの捉え方

スケールは基準音から3度積みして、最初の4音がコードトーン、残りの3音がテンションになります。

枯葉のコードを例にすると。

Gm7のコードトーンとテンション
Gm7のコードトーンとテンション楽譜

このテンションをオクターブ下げて並び替えるとスケールになります。

Gm7で使えるGエオリアンスケール
Gm7で使えるGエオリアンスケール楽譜

教則本などで「Gm7ではGエオリアンスケールが使えます」と書いてあるのは、「Gm7ではコードトーンのG-Bb-D-FとテンションのA-C-Ebが使えます」と同じ意味になります。

残りのコードも見ていきましょう。

Gb7のコードトーンとテンション
Gb7のコードトーンとテンション楽譜

Gb7で使えるGbリディアンb7ケール
Gb7で使えるGbリディアンb7ケール楽譜

Fm7のコードトーンとテンション
Fm7のコードトーンとテンション楽譜

Fm7で使えるFドリアンケール
Fm7で使えるFドリアンケール楽譜

E7のコードトーンとテンション
E7のコードトーンとテンション楽譜

E7で使えるEリディアンb7スケール
E7で使えるEリディアンb7スケール楽譜

EbMaj7のコードトーンとテンション
EbMaj7のコードトーンとテンション楽譜

EbMaj7で使えるEbリディアンスケール
EbMaj7で使えるEbリディアンスケール楽譜

スケールがコードトーンとテンションでできていることを覚えたら、練習に取り入れていきます。

スケール練習は指板の配置と響きを覚えるため

各コードに対応したスケールを弾く練習はアドリブするためではなく、指板上の音の配置を覚えるための基礎練習になります。

各スケールのルートから弾いた例

各コードに対応したスケールをルートから弾いた例楽譜

ある程度音の配置が見えてきたら、一番近い次のスケールの音につなげていく練習も効果的です。

各コードに対応したスケールを上昇させた例

各コードに対応したスケールを上昇させた例楽譜

スケール練習だけではアドリブできるようになりませんが、アドリブするための土台になる大切な練習です。

同様にコードトーンを弾く練習もアドリブの土台作りになります。。

各コードのコードトーンを上昇させた例

各コードのコードトーンを上昇させた例楽譜
指板の音の配置が見えてきたら各音の響きを覚えていきます。

各コード7音の響きを覚える

コードトーンとテンションの響きを覚えることで、アドリブするときに自分の鳴らしたい音がわかるようになります。

また1、3拍目に弾くことでターゲットノートの感覚を身につけることもできます。まずはそれぞれの音を確認しながら響きを覚えてみてください。

各コードのルートをターゲットノート

各コードのルートをターゲットノートにした例楽譜

各コードの3rdをターゲットノート

各コードの3rdをターゲットノートにした例楽譜

各コードの5thをターゲットノート

各コードの5thをターゲットノートにした例楽譜

各コードの7thをターゲットノート

各コードの7thをターゲットノートにした例楽譜

各コードの9thをターゲットノート

各コードの9thをターゲットノートにした例楽譜

各コードの11thをターゲットノート

各コードの11thをターゲットノートにした例楽譜

各コードの13thをターゲットノート

各コードの13thをターゲットノートにした例楽譜

各音の響きを覚えたら、それらを使ってアドリブしていきます。

各コード1音のアドリブ

各コードのターゲットノートをアドリブ

各コードのターゲットノートをアドリブした例楽譜

ターゲットノートのアドリブがアドリブの基礎になります。ギターネック全体を使ってアドリブできるように練習してみてください。

ターゲットノートのアドリブができたら、そこへスケール音(アプローチノート)を加えていきます。

ターゲットノートにアプローチノートを追加

ターゲットノートにアプローチノートを加えた例楽譜

1小節内で2拍ずつコードが変わるときのアドリブは、スケールを切り替えるのではなく、各コードに対応した音(コードトーン+テンション)を選んで弾くという感覚が大切です。

コードトーンを覚えるとどんなコード進行でもアドリブできるようになるので、ぜひ極めてみてください。

ターゲットノートとアプローチノートの詳しい仕組みはアドリブの仕組みと練習法で紹介しています。

この記事へのコメント